ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ファイトソング (第7話・2022/2/22) 感想

ファイトソング

TBS系・火曜ドラマ『ファイトソング』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第7話『全て明かす涙の夜と嫉妬の嵐!? キスしていいですか? します』の感想。



花枝(清原果耶)の話を聞いた直美(稲森いずみ)や慎吾(菊池風磨)、凛(藤原さくら)、迫(戸次重幸)は、改めて花枝の‘思い出づくり’を応援することに。一方で、花枝にある罰ゲームを課す。翌日、電話口で元気がなさそうだった花枝を心配した芦田(間宮祥太朗)が、田舎から送られてきたという食材を手に「あさひ学園」を訪ねてきた。慎吾の提案で、その食材で鍋料理を作ることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、最後から二番目の恋、少年寅次郎、姉ちゃんの恋人、虹色カルテ)
演出:岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、インハンド、病室で念仏を、恋あた…) 第1,2,5
   石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、テレウスの船、逃げ恥、ドラゴン桜2) 第3,6
   村尾嘉昭(過去作/アンナチュラル、Nのために、死にたい夜にかぎって、最愛) 第4,7
音楽:大間々昂(過去作/地味にスゴイ!校閲ガール、ブラックリゲンジ、お金の切れ目が゙恋の始まり)
主題歌:Perfume「Flow」

視聴離脱しない理由が、施設長の涙を見て分かった!

そうか! なぜ、私が今作を “ほぼ愚痴” の感想を書きながらも、視聴離脱しないで見ているのか、自分で理由が分からなかったのだが。

今回の序盤、11分までの “春子ちゃん” ではなかった、稲森いずみさん演じる、夢破れた花枝(清原果耶)を見かねて、彼女を「サンシャイン・クリーニング」のアルバイトとして働かせる、「あさひ学園」の施設長・磯辺直美の涙を見て、分かったのだ。

それは、今作のドラマの構造が、私の中では日本のドラマの5本の指に入る名作『ビーチボーイズ』に似ているからなのだ… と。

稲森いずみさんの涙の演技が、今作と『ビーチボーイズ』を重ねて見せた

若い読者さんは知らないかもしれないが、ドラマ『ビーチボーイズ』とは、今作と同じ岡田惠和氏の脚本で、1997年夏にフジテレビの『月9』枠で放送され、それまでラブストーリーが多かった『月9』枠の作品としては、珍しい男同士(反町隆史さんと竹野内豊さん)の友情を軸に描いたドラマ。

そして、稲森さんは、メインの舞台となる民宿「ダイヤモンドヘッド」の近くにあるスナック「渚」のマドンナで、過去に離婚経験があり、その際に相手の両親に一方的に「息子」を取られ、毎日来るはずのないその「息子」からの手紙を待っていると言う「前田春子」を演じていた。

前田春子@ビーチボーイズ
©フジテレビ

そして、今回の施設長・磯辺直美の涙と、『ビーチボーイズ』での息子に再会できたものの、また別れざるを得ない前田春子の涙が、私の中で重なった。そして、今作に於ける主人公の「耳が聞こえなくなるまでの過程を描く」のと、『ビーチボーイズ』では主人公が「自分の “海=生きる道” を見つけようと決心が着くまでの過程を描く」のも、重なったのだ。

"古き良き時代のドラマの中の世界観"の復刻こそが、今作の大きな魅力

そう考えると、いろんな部分が腑に落ちる。

非現実的な世界観を敢えて前面に出すことで、設定に潜んでいる “悲壮感” を出来るだけ感じさせないように作り込んでいること。

また、主人公の病気を隠していたいと言う健気さ、カラ元気で笑顔をつくる我慢強さ、主人公を取り巻く人たちの心配ながら明るく振舞ういじらしさ、主人公との強い絆など、今の世の中で、ちょっとメインストリームとは違った、古き良き時代のドラマの中の世界観を、必死に作り込もうとしているのだ。

その “古き良き時代のドラマの中の世界観” の復刻こそが、今作の私にとっての大きな魅力だったのだ…

作り込みをし過ぎたせいで、あざとさが目立ってしまったのが残念…

そのことが分かったからこそ、改めて気づいたことがある。正しくは、『ビーチボーイズ』の脚本では出来ていたのに、『ファイトソング』の脚本では出来ていないことだ。

それは、作り込みをし過ぎたせいで、あざとさが目立ってしまっていること。

ドラマとして作り込むことは、決して悪くない。しかし、何事も “過ぎたるは猶及ばざるが如し” と言うように、やり過ぎは禁物なのだ。簡単に言えば、非現実的な世界観を作り込み過ぎて、自然な感じが薄まって、不自然さが勝ってしまっているのだ。そう、見る人によっては、白けてしまうくらいに… だ。

台詞の言い回しや、個々のシークエンスが回りくどい印象に

例えば、今回で言うなら。序盤はシリアス、中盤はコミカルにして、全体のメリハリを狙って、作り込んでいるのはよ~く分かる。しかし、劇中の花枝の台詞「ありのまま… は無理。ちょっとは飾る」を借りれば、装飾が “ちょっと” の度を越えてしまっているのだ。

台詞の言い回しや、個々のシークエンス(物語を構成する最小単位)が、回りくどいのだ。だから、シリアスな部分がシリアスとして、ビシッと締まらない。それによって、コミカルな部分もぼやけてしまう。これが、今作の現状ってこと。

やはり、きちんと魅せる部分は、端的に言いたいことだけを絞り込んで “タイト” に魅せるべき。そうでないから、折角の作り込みが、逆効果になってしまっているのだ。

序盤の11分間のあとに、44分過ぎのコミカルな部分以降の"シリアスな病院のくだり"を直結させれば良かったのでは?

では、どうすれば、きちんと魅せる部分は、端的に言いたいことだけを絞り込んで “タイト” に魅せられたのか? 今作としては、花枝と芦田(間宮祥太朗)の関係をまだまだ描きたいのは分かるが。序盤でみんなに真実を告白してしまったのだから、花枝と芦田は前回で十分だと判断して、中盤をバッサリと削除して。

序盤の11分間のあとに、44分過ぎのコミカルな部分以降の “シリアスな病院のくだり” を直結させれば良かったのだ。それが出来ないなら、中盤の芦田とのやり取りを大幅に短縮するべきだったと思う。そうすれば、シリアスな部分が更に強調されて、物語が大きく前進した印象も与えられたのではないだろうか…

あとがき

大人の事情で、芦田を描かざるを得ないとしても、もう少し “自然な感じ” に挟み込んで欲しかったです。やはり、主人公をメインに描くのがドラマと言うもの。いくら、ドラマが虚構の世界だとしても、不自然な描写や展開よりも “自然な感じ” に描く方が断然良いのは、ほぼ間違いないことです。

作り込み過ぎが “邪魔” に見えては、元も子もありません。悪くないんですけどね。岡田惠和さんなら、「あざとさを自然に感じさせる脚本」を分かっているし、出来ると思うので、どうか、そのように書いて欲しいです。期待を込めて…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16583/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

火曜ドラマ『ファイトソング』第7話

内容隠していたことを打ち明けることを決意した花枝(清原果耶)直美(稲森いずみ)慎吾(菊池風磨)たちも、苦しんでいる花枝に、優しく促したところ。。。。ようやく花枝は、病気のことを話し始める。直美たちも、その思いを受け止め。。。。そんななか、芦田(間宮祥太朗)が。。。。敬称略脚本、岡田惠和さん演出、村尾嘉昭さん描こうとしているコト自体は、理解しているし。それなりに、納得しているのだけど。もの凄く...

ファイトソング #07

『全て明かす涙の夜と嫉妬の嵐!?キスしていいですか?します』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: