ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第79回・2022/2/22) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第79回〔全112回〕第17週『1983-1984』の感想。

 
 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


条映映画村で働き始めたひなた(川栄李奈)は、美咲すみれ(安達祐実)の世話をしたり、撮影の見学をしようと群がるお客さんの対応をしたりと大忙し。大部屋俳優の五十嵐(本郷奏多)は扮装バイトをしながら虚無蔵(松重豊)に稽古をつけてもらいながら腕を磨いています。そんな時、テレビ時代劇で活躍する桃山剣之介(尾上菊之助)が条映映画村のCMに出演する話が持ち上がり…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作・原案・脚本:藤本有紀(過去作/ちりとてちん)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく、おちょやん) 第1,2,4,7.8,9,13,17
   橋爪紳一朗(過去作/てっぱん、花子とアン、半分、青い。、エール) 第3,5,7,15,16
   泉並敬眞(過去作/まんぷく、スカーレット、六畳間のピアノマン) 第11
   深川貴志(過去作/花燃ゆ、とと姉ちゃん、半分、青い。、麒麟がくる)
   松岡一史(過去作/まんぷく、心の傷を癒すということ) 第10,12
   二見大輔(過去作/半分、青い。、なつぞら、伝説のお母さん) 第6,14
音楽:金子隆博(過去作/Q10、三毛猫ホームズの推理 、あいの結婚相談所)
演奏:BIG HORNS BEE(過去作/米米CLUBのホーンセッション)
主題歌:『アルデバラン』(作詞・作曲:森山直太朗、編曲:斎藤ネコ、歌:AI)
語り:城田優
制作統括:堀之内礼二郎(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく)
     櫻井賢(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
※敬称略



真夏のプール帰りに熱々の回転焼き? カキ氷は売らないの?

1983年の頃の真夏の暑さが、ここ最近の異常な酷暑とは違うことは、肌で感じて知っているが。流石に、夏休みの終盤でプール帰りの小学生が回転焼き屋で、焼き立てアッツ熱の回転焼きを食べるだろうか?

いや、食べるのを否定すると言うよりも、架空とは言えドラマなら、子育てをして来た “老舗和菓子屋の孫” の血を継いで回転焼き屋をやっている母るい(深津絵里)なら、カキ氷くらいは売っていても不思議でないし、カキ氷係を錠一郎(オダギリジョー)にさせれば、かなり違和感が払拭されると思うのだが…

主題歌明け、唐突に1984年の4月へタイムスリップ!

さて、主題歌明け。劇中で唐突に、朝ドラ『ロマンス』の第1回が始まった。史実通りなら放送開始が1984年(昭和59年)4月2日だから… なんて思っていたら、その通りに主題歌中に年が明けて、1984年の4月、ひなた(川栄李奈)が条映映画村で働き始めることになっていた。まあ、別に文句は無いのだが。

映画村の入り口に立つ"ひなたの足元のカット編集"に注目!

アバンタイトルの「大月屋」がある商店街のスタジオセットの照明は、見るからに “真夏の日差し” に演出されていた。しかし、主題歌明けの屋外ロケの日差しは、如何にも真冬って感じ。まあ、大人の事情と言うか、映画村の入り口のシーンは全部まとめて撮影しているようで、アルバイトを始める前も真冬の長い影が印象的だった。

ただ、ここに演出担当の安達もじり氏の編集の工夫がある。それは、ひなたに当たっている “日差し” は自然光で誤魔化せないから、足元が映るようなカットを使わなかった。従って “絶妙に影が見えない” から、私のようなヘソ曲がり以外の人は気にならないはず。その後の撮影所内のシーンもこの編集は巧いと思う。

濱田岳さんは今後も「謎の振付師」のままでお願いしたい…

あとは、これと言った感想は無い。まあ、敢えて言うなら、濱田岳さんが久し振りに登場したが、クレジットにあった通り、今後も「謎の振付師」のまま存在し、退場して欲しいと願っただけ。

大人の事情は分からなくもないが。劇中は「1984年」だから、安子58~59歳、るい39~40歳、ひなた18~19歳。で、安子の兄・算太は安子より “年上” なわけで。その兄・算太と、ほぼ同い年である岡山の朝丘町商店街の荒物屋「あかにし」の清子を松原智恵子さんが演じているわけ。

やはり、77歳が60歳代を演じるのと、33歳が60歳代を演じるのでは違うわけで。まあ、それを言い出すと、深津絵里さんが演じた10歳代もだが。まあ、岡山時代にも大阪時代にも触れないし、世話になった “ご縁” も描いていないから、スルーしておくが。もう少し、配役に配慮が欲しかったなぁと。

あとがき

結局、映画村でのアルバイトは、伴虚無蔵(松重豊)の個人的な気遣いでのバイトってことなんですかね。それに、ひなたは散々、将来や進路に悩んでいると描かれて来たのに、あっさりと経緯も分からずに映画村に就職しちゃいました。ホント、ツギハギだらけで、困ったものです。

ただ、間違いないのは、ひなたの時代劇映画への道が、漸く進み始めたってこと。なぜ、ラジオ英語講座やジャズが話題になっていた朝ドラで、時代劇映画の方向に進むのか理解に苦しみますが、話が動き出しただけ、マシってことで、今回は無かったこととしてスルーして、明日に臨みます!

明るくなぁれ、楽しくなぁれ…(Be cheerful, be joyful...)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★まだ、Amazonのなか見!検索で立ち読みできません!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

こちらが、NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』オリジナル・サウンドトラックの劇伴コレクション Vol.1となります。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

この「ジャズ・アルバム」は劇中を彩る多彩なオリジナル・ジャズ・ナンバーを中心にトラッド・ジャズ編とモダン・ジャズ編の2枚に分けてたっぷり収録。
作曲・プロデュースは、NHK「うたコン」の指揮者にして米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博。演奏はジャズ界のレジェンド北村英治と渡辺貞夫をスペシャル・ゲストに迎え、米米のホーンセクションBIG HORNS BEE、関西のジャズメンら豪華メンバーが集結。クールでホットなプレイを繰り広げます。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16582/


【これまでの感想】

第1週『1925-1939』
1 2 3 4 5 
第2週『1939~1941』
6 7 8 9 10 
第3週『1942-1943』
11 12 13 14 15 
第4週『1943~1945』
16 17 18 19 20 
第5週『1946~1948』
21 22 23 24 25 
第6週『1948』
26 27 28 29 30 
第7週『1948-1651』
31 32 33 34 35 
第8週『1951-1962』
36 37 38 39 40 
第9週『1962』
41 42
妄想第1回『るいのための貯金』
妄想第2回『算太が町にやって来た』
第10週『1962』
43 44 45 46 47 
第11週『1962-1963』
48  49 50 51 52 
第12週『1963-1964』
53 54 55 56 57 
第13週『1964-1965』
58 59 60 61 62 
第14週『1965-1976』
63 64 65 66 67 
第15週『1976-1983』
68 69 70 71 72 
第16週『1983』
73 74 75 76 77 
第17週『1983-1984』
78

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第79回

「1983-1984」内容判虚無蔵(松重豊)のすすめで始めた映画村のアルバイトで、ひなた(川栄李奈)は、時代劇の面白さを再確認し、進む道を見つけた。翌年、高校を卒業したひなたは、条映映画村で働き始める。撮影を見学するお客さんを整理したり、美咲すみれ(安達祐実)の世話をしたり。いろいろな仕事をしていた。同じ頃、五十嵐(本郷奏多)は、扮装バイトなど大部屋の仕事をしながら、虚無蔵に稽古をつけてもら...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: