ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

逃亡医F (第6話・2022/2/19) 感想

逃亡医F

日本テレビ系・土10ドラマ『逃亡医F』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagramTik TokLINE

第6話『追跡者と最終対決!! 同じ女性を愛した男達の涙と隠されたデータ』の感想。
なお、原作となった漫画・作・伊月慶悟/作画・佐藤マコト『逃亡医F』は、未読〔全3巻〕を既読。



藤木(成田凌)が団地に戻る一方で、拓郎(松岡昌宏)は妙子(桜庭ななみ)の研究データを藤木やバイオベンチャー研究者の佐々木(安田顕)、同企業役員で妙子の親友の烏丸(前田敦子)が狙っていると推測する。団地では集団同士の争いが起きる中、藤木は烏丸にもらったカセットテープが気になり、モー(中村蒼)と調べる。そこへ烏丸と、彼女を尾行していた拓郎らが現れ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・作・伊月慶悟/作画・佐藤マコト『逃亡医F』
脚本:福原充則(過去作/視覚探偵 日暮旅人、あな番)
演出:佐藤東弥(過去作/校閲ガール、ハケンの品格、わたどう) 第1,2,3,6
   大谷太郎(過去作/ごくせん、ヤスコとケンジ、35歳の少女) 第4,5
音楽:今堀恒雄(過去作/映画「脳男」)
主題歌:奥田民生「太陽が見ている」



本来の脚本の書き方やドラマづくりとは真逆の方向なのに、悪くない

まあ、今週の感想も、「ツッコミどころ満載を楽しむドラマ」だとか、「あちこち無理矢理が見え過ぎるが、憎めないドラマ」だなぁと言ってしまえば、それまでなのだが(笑)

とにかく、今回は、今まで以上に、無理矢理にストーリーを動かしているって感じ。本来は、主人公の言動が “ドラマを牽引するエネルギー” になるべきなのに、今作は “ストーリー展開” そのものを主人公が動くエネルギーにしていると言う、本来の脚本の書き方やドラマづくりとは真逆の方向。でも、やはり、継続視聴から離脱するほど悪くないのだ。

「ストーリー展開への主人公の反応(動き)が速い」のが特徴であり、大きな魅力

その理由を、真面目に考えると次のようになる。今作って、前述の通りで、“ストーリー展開” そのものを主人公が動くエネルギーにしているから、単純に言ってしまえば、「ストーリー展開への主人公の反応(動き)が速い」のが特徴になっているのだ。

そりゃ、そうだ。普通は主人公が動いてからストーリーが動くのに、今作は先にストーリーが動くのだから。でも、これが、今作の一つの大きな魅力だ。

『妻、小学生になる。』のような、答えの先延ばしが無い!

引き合いに出すのは少々躊躇うが、愛情の裏返しと言うことで許して欲しい。その上、恐らく、今作を楽しんで見ている視聴者とは、あまり被らないと思うから、敢えて書くのだが…

その点で、『妻、小学生になる。』とは全く違う。『妻…』の方は感想にも書いた通り、「問題と答えの間が遠い」から、どうしても全体的に無駄な先送りをしている印象になってしまっている。

しかし、今作は「問題(トラブル)と答え(逃亡)の距離が近い」から、無駄に引き延ばしている感じがしないのだ。だって、「追われたら逃げる」の繰り返ししかやっていないからだ。

無駄な演出が減り、物語が整理整頓されて、分かり易くなった

更に、今作に限って言えば、明らかに放送回を重ねる毎に、特に今回は無駄な演出が少なくなって来た。そのため、それでなくてもシンプルな構造のストーリー展開が、更に整理整頓されたように見え、全体像が、見えやすくなり、それが分かり易さにも繋がって来たと思う。

もちろん、今作の魅力の一つである “在り得ないこと” などの “無駄” は、それなりに残してあるし。まあ、無駄と言っては元子も無いが、「主人公の医療行為」が一番の “無駄” かも(笑) ただ、物語が着実に前進しているから、それなりに面白いとは思う。

あとがき

ハッキリ言うと、初期の頃より、このドラマに “ハマっている” と思います。強引な展開だし、在り得ないことばかりだし、イラっとするような描写もありますが。やはり、ストーリーが明らかに進んでいると言うのが、連ドラとして、そこそこの満足度をくれているからだと思います。まあ、好みの問題はあると思いますが…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※【Amazon.co.jp限定】の「メガジャケ付」と「通常版があります。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16574/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

土曜ドラマ『逃亡医F』第6話

内容潜伏先の廃団地を離れた藤木(成田凌)は、美香子(森七菜)に連絡を入れる。「助けて欲しいんです」藤木からの説明で、状況を理解した美香子は、拓郎(松岡昌宏)都波(酒向芳)筋川(和田聰宏)から情報を、藤木に伝える。藤木は、妙子(桜庭ななみ)が自分に何かを託したと確信。モー(中村蒼)にも協力してもらい、“F”を検討するも、よく分からず。妙子の親友・烏丸京子(前田敦子)に協力を求めたが、結局、よく...

逃亡医F #06

『追跡者と最終対決!!同じ女性を愛した男達の涙と隠されたデータ』

逃亡医F 第6話「追跡者と最終対決!!同じ女性を愛した男達の涙と隠されたデータ」

原作は、伊月慶悟(原作)・佐藤マコト(作画)による漫画作品。人気俳優。成田凌、演じる天才外科医・藤木圭介が、逃亡犯となって、逃亡先で出会う、病に苦しむ人々を助けながら、恋人(オリジナルでは、たしか「妻殺しの罪を着せられ…」でしたよね)が殺された真実を、突き止める サバイバルドクターエンターテインメント。でも、これって、限りなく、大ヒット名ドラマで、ハリソン・フォードが主演した、映画「逃亡者(...

逃亡医F 第6話

藤木(成田凌)は、美香子(森七菜)と事件の鍵を握る都波(酒向芳)が、拓郎(松岡昌宏)と共に行動していることを知ります。 美香子の協力を得て潜伏先の廃団地におびき寄せた都波と拓郎を拘束した藤木は、事件の真相を突き止めるために拓郎の協力を求めます。 しかし、妙子がこんなことになったのは藤木にも責任があったようですw 美香子のおかげで、藤木と拓郎は、何となく意思疎通?? そんな中、モー(中...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: