ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ミステリと言う勿れ (第6話・2022/2/14) 感想

ミステリと言う勿れ

フジテレビ系・月9『ミステリと言う勿れ』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第6話『放火殺人に潜む闇、子供を救う炎の天使! 謎の女性の目的は?』の感想。

なお、原作となった漫画、田村由美『ミステリと言う勿れ』は、未読。また、本作は2021年11月下旬に全話をクランクアップ(撮影終了)しているため、感想には要望などは基本的に書かずに、単純な感想のみとします。



整(菅田将暉)は数字の暗号で話し掛けてくる入院患者のライカ(門脇麦)に導かれ、病院の温室に隠されていた高級バッグを発見。温室の管理人の真波(阿南敦子)が抱える秘密を知ることになる。その後、ライカに託された写真の住所で放火事件が発生した。整は現場で、病院で絡んできた陸太(岡山天音)を見掛ける。整に気付いた陸太は友人の香音人(早乙女太一)と立ち去り…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:田村由美『ミステリと言う勿れ』
脚本:相沢友子(過去作/鍵のかかった部屋、ビブリア古書堂の事件手帖)
演出:松山博昭(過去作/鍵のかかった部屋、トレース~科捜研の男) 第1,2,3,5,6
   品田俊介(過去作/ルパンの娘1-2、探偵の探偵、ナオミとカナコ) 第4
   相沢秀幸(過去作/アンサング・シンデレラ、トレース~科捜研の男、SUPER RICH)
共同演出:阿部博行(過去作/ココア、シャーロック アントールドストーリーズ) 6
音楽:Ken Arai(過去作/鍵のかかった部屋、トレース~科捜研の男~)
主題歌:King Gnu「カメレオン」



【お願い】原作を既読の読者さんへ
原作の漫画と、この「実写ドラマ版」を切り離した、客観的な感想を書きたいので、<ネタバレ>のコメントはお控え下さい。全話終了後に原作を読む予定もあるので、どうぞ、ご協力お願いします。

今回、演出担当が「二人体制」で情報量の多さを上手く軽減

今回は、メインの演出担当が阿部博行氏で、共同演出に松山博昭氏の名が連なっている。松山氏のフォローにベテランの阿部氏がついている可能性もあるし、今回の序盤のシーンに夕景が多かったため、複数名の演出家でないと撮影しきれなかった可能性もある。

しかし、やはり、考えられるのは、今回の「天使による連続放火事件」のエピソードが、かなり濃い内容だから… 安心安全第一で複数名で演出を担当と言うことなのだろう。

前編は、恐ろしい程の大量な情報量で攻めて来た!

とにかく、前後編と言え、前編の第6話だけでも、相当な情報量が詰め込まれていた。何せ、前回からの華麗で自然な流れに続いて、この度の事件の関係者の紹介に始まって、主人公が事件に巻き込まれるまで、恐ろしい程の大量な情報量で攻めて来た。

恐らく、これまでの放送を見た限りでは、原作はもっと情報が多いのだろう。テレビの1時間枠の前編としても、飽和状態に近い。しかし、とにかく丁寧に映像と音楽を使って、巧みに描写しているため飽きることは無いし、むしろ、上手く後編である解決編に興味関心を惹き付けたと思う。

「見えている事件」と「隠れている事件」の"二重底"が魅力

それにしても、これまで放送された事件のいずれもそうだったが。本作の面白いのは、謎解きが二重になっている点だ。「見えている事件」と「隠れている事件」が、真犯人に辿り着く過程で、ジワジワと染み出すように明らかになってくる “二重底” の仕掛けのミステリーだってこと。

今回も、 ライカ(門脇麦)の数字による暗号から、ジワジワと放火事件へ繋がり、“天使” こと井原香音人(早乙女太一)の言い分と、“カエル” こと下戸陸太(岡山天音)の虐待された体験から、染み出すように “二重底” が見えて来た。この辺の作り込みは、連ドラらしく毎回似ているので、「一話完結」では味わえない楽しみを創出していると思う。

今回の事件で興味深いのは、放火殺人事件を、虐待されている"子どもの許可"が無いと犯行をやらない点

今回の事件で興味深いのは、放火殺人事件を、虐待されている子どもの許可が無いと犯行をやらない点だ。つまり、親殺しを子ども自身に決めさせる。それを、犯人たちは “子どもの権利” であり、それによって “子どもの自由” が保証されると考えての犯行なのだろうか?

あんな小さな女の子ですら、魅了されれば"炎の天使"に放火を依頼してしまう恐ろしさ

また、今回で整(菅田将暉)がライカにプレゼントした印象派展で買い求めたルソーの「蛇使いの女」の絵葉書も意味深だった。笛を吹く黒人女性の黒いシルエットは、目だけが白く光り、その笛の音に魅せられた蛇が、飼い慣らされたペットのように従順に女性に絡みつくと言う絵柄だ。

何か、魅了されるものに吸い寄せられると言う点で、あんな小さな女の子・里沙(福島青蘭)ですら、魅了されれば “炎の天使” に放火を依頼してしまう恐ろしさ。そして、「この桜が咲くころには 私はこの世にいないけどな」と言ったライカも意味深だ。

とにかく、前編で様々な方向に張り巡らされた “糸” が、どこに結びついているのか、気になってしょうがない… 

あとがき

これ、犬堂我路(永山瑛太)が登場したバスジャック事件からの遺産相続争い事件に次ぐ “長編” の予感がします。それだけに、前編で提供された情報量は相当なものですが、ネタ振りの前編に対して、後編が1時間で収まるのでしょうかね。

まあ、その辺の原作からの端折り方は、実写ドラマ用に毎度上手くやっているようなので安心していますが。次回も楽しみです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16558/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ミステリと言う勿れ 第6話

検査入院をしている整(菅田将暉)は、退院を翌日に控えた夜、病院の掲示板に秘められた暗号に導かれて温室へ行きます。 そこで整は「自省録」のページや行を組み合わせた数字で言葉を伝えるライカ(門脇麦)と出会います。 ライカが会おうと指定して来るのは、深夜の3時か、午後の3時なのねw 翌日、退院手続きを済ませた整はライカとの約束の時間までお昼を食べようと、病院のレストランへ向かいます。 その...

ミステリと言う勿れ 第6話

内容謎の女性ライカ(門脇麦)からのメッセージ通り、退院した後、約束の時間まで、病院のレストランで過ごそうとした整(菅田将暉)途中、患者の下戸陸太(岡山天音)とぶつかってしまい、謝罪する。だが陸太は、食い下がり、アレコレと言い始める。そんな言葉に、整が、いろいろと言い返したことで、陸太は去って行く。約束の午後3時。温室を訪れると、床に数字が記されていた。暗号を解くと。。。。なぜか鉢の中?中から...

ミステリと言う勿れ #06

『放火殺人に潜む闇 子供を救う炎の天使!謎の女性の目的は!?』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: