ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ファイトソング (第5話・2022/2/8) 感想

ファイトソング

TBS系・火曜ドラマ『ファイトソング』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第5話『運命のキャンプで愛を叫ぶ 衝撃決断ラスト… だったら俺が!』の感想。



芦田(間宮祥太朗)から連絡を受けた花枝(清原果耶)は、新曲の選考結果と自分達の今後について慎吾(菊池風磨)らに伝える。その芦田は、久しぶりに好きな曲を作ることができたとうれしさをかみしめていた。そんな折、花枝は芦田宅での仕事の予約が残っていると気付き、ある約束を思い出す。一方、同じ児童養護施設に住む穂香(莉子)は花枝の体調を心配して探りを入れるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、最後から二番目の恋、少年寅次郎、姉ちゃんの恋人、虹色カルテ)
演出:岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、インハンド、病室で念仏を、恋あた…) 第1,2,5
   石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、テレウスの船、逃げ恥、ドラゴン桜2) 第3
   村尾嘉昭(過去作/アンナチュラル、Nのために、死にたい夜にかぎって、最愛) 第4
音楽:大間々昂(過去作/地味にスゴイ!校閲ガール、ブラックリゲンジ、お金の切れ目が゙恋の始まり)
主題歌:Perfume「Flow」

前回は、村尾氏の演出で、良い方向に進むと思ったのに…

前回の感想で、明らかに、第4話の花枝(清原果耶)の雰囲気が、第3話でと異なって見えたのは、第4話の演出担当・村尾嘉昭氏の清原さんへの “花枝” を演じる際の演技指導が、今作に対して適切だったから… と、書いた。

そして、そのことによって、“花枝” が、恋愛相手としては “面倒くさい” が、ギリギリの線で “こちらがイライラで切れない” ような女性像であり、八方美人ではなく、憎めない愛想があって、でも、どこかイラっとさせたり、面倒くさいと思わせる人間味を持った人と言うキャラが、確立し始めた… とも、書いた。

今回の岡本氏の演出が、全体に悪影響を及ぼしたような…

しかし、残念ながら、演出家が第1、2話を担当した岡本伸吾氏に、この第5話で戻ったために、また、「恋をしているようには見えない女子」であり、「相手の気持ちを考えないイライラ・キャラ」に戻ってしまった。

岡本氏の演出が今作に与えた悪影響は他にもある。それは、随所に見られる “間” の悪さ。台詞を話すスピードそのものや、カット割りとシーン転換などのスイッチング(切り替え)が速過ぎるのだ。当然、演出意図として「テンポを出す」ためと推測できるが。それでも、違和感が払拭出来ない。特に、台詞の有無や分量によって切り替えが違い過ぎるのだ。

演出に、台詞の速度や場面転換に適切な"間"が無いから…

それが、どうして “悪影響” になるのか? それは、要するに、じっくり聞きたい台詞や見たいシーンに “間” が無いから、脚本家が伝えたい雰囲気が伝わって来ないのだ。それが、顕著なのが、前述の主人公 “花枝” だ。簡単に言ってしまえば、まるで、「早口の花枝」と「ゆっくり喋る花枝」の二人が一つのドラマの中に存在しているよう感じだ。

その他の登場人物も似たような部分はあるが、主人公だけ特別扱いって雰囲気。これでは、前回で折角、確立しつつあった主人公像が、第5話で再び崩壊の危機だってこと。どうして、演出部全体で、主人公のキャラを統一しないのか、不思議でしょうがない…

演出家が、岡田惠和脚本らしさを阻害してしまったような…

だから、特に、今回の前半部分は、「岡田惠和氏の脚本らしさ」が、だいぶ削がれていた。ウキウキの花枝と、どんよりした花枝のギャップが大き過ぎるのだ。

しかし、最近の岡田惠和氏の脚本に登場するキャラクター、特に主人公は、そう言う二面性を前面に押し出さずに、さり気なく描くのが特徴になっている。その肝心な “らしさ” が薄まってしまっていた。それと、主人公に起こっている病気を含めた “事態の深刻さ” も正直きちんと伝わって来なくなった。台詞には書いてあるのに… だ。

まあ、演出家が、“岡田惠和脚本らしさ” よりも “通うドラマらしさ” を選んだ… とも言える。いずれにしても、折角、構築し始めた様々な “らしさ” が折り返しの第5話でリセットされるのは勿体ないと思う…

盛り込み過ぎで、一体どこを、一体だれを、描きたいのか分からない…

演出に関する感想が多くなったので、この辺で本編の感想を。

ストーリーは「失恋後のお話」のはず…。しかし、これまでも、いろいろ盛り込み過ぎている上に、更に、様々な要素が新たに盛り込まれた。そのために、散漫さが感じられた。流石に、主人公が背負っている「病気」と「音楽」への思いだけでも、結構重大なのに。その上、 芦田(間宮祥太朗)側の「音楽」を掘り下げて来た。

まあ、いろいろ重ねているのは理解するが、いくらタイトルが『ファイトソング』だからと言っても、ここまで、芦田サイドの「音楽」への思いまで、長い尺を割いて、描く必要があるのかってこと。また、上記以外にも、いろいろと盛り込んでいるために、一体どこを、一体だれを、描きたいのか分からないのだ。

あとがき

花枝が終盤で「空元気」と言っていましたが、それって何に対してなのかなぁ? と。今回を見た限りでは、“恋” についてだと描いているようですが、 そこがハッキリしないんですよね。描いている感じでは “病気” である方が、自然に感じるのですが…

今更ですが、これ、病気のことが無くて、自分を元気にしてくれる音楽と、その楽曲を作った人との恋バナとして、コンパクトにした方が良かったかもしれませんね。それなら、少なくとも、清原さん、間宮さん、菊池風磨さんの三角関係を集中して描けば良いのですから。第5話にして、急に失速した感じが残念。演出部で、もっと精査すべきだと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16538/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

火曜ドラマ『ファイトソング』第5話

内容ようやく完成させた曲だったが、採用されず。そのことを芦田(間宮祥太朗)は、花枝(清原果耶)に伝えた。「今まで、ありがとう」全てが終わったことを、花枝は、信吾(菊池風磨)や凛(藤原さくら)直美(稲森いずみ)たちに伝えた。その花枝の姿に、信吾たちは。。。。そんななか、信吾は、花枝たちにキャンプに行こうと提案する。敬称略脚本、岡田惠和さん演出、岡本伸吾さん内容として。。。。失恋をした。。。あと...

ファイトソング #05

『運命のキャンプで愛を叫ぶ 衝撃決断ラスト…だったら俺が!』

ファイトソング 第5話「運命のキャンプで愛を叫ぶ衝撃決断ラスト…だったら俺が!」

ヒロイン・花枝(清原果耶)と、芦田(間宮祥太朗)が、なんだかイイ雰囲気になってきたので、うっかり難病設定で「人生、最後の恋」であるのを、忘れるところでした。コンペには落ちたけれど、花枝のおかげで、音楽に対する情熱が、蘇ってきたのが嬉しかったよう。とりまく、周囲の面々も、諸々の思惑がありつつも、岡田ワールドらしい、温かさが…繊細で不器用な面々だけに、ひたすら、見守りモードです。    (ストー...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: