ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

相棒 season20 (第13話・2022/1/26) 感想

相棒 season20

テレビ朝日系・『相棒 season20』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第13話『死者の結婚』の感想。



右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、死者を結婚させる風習‘冥婚’の絵を描く元似顔絵捜査官・黒瀬(勝部演之)から、13年前の失踪事件に絡む妙な話を聞く。失踪した娘を思う愛子(宮田早苗)と直樹(筒井巧)の依頼で描いた冥婚絵に似た女性が、愛子の家にいたという。それが娘のいとこの遥香(山本舞香)だと主張する愛子を右京らが怪しむ一方で、同じ絵が殺人事件現場で見つかる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●脚本:川﨑龍太/演出:権野元(敬称略)



メインの登場人物、それぞれに見せ場が用意された珍しいエピソード

今回のエピソードで、最も興味深かったのは、メインで動いた “レギュラーの登場人物たちと、ゲストの登場人物たち” が、ほぼ全員に見せ場が用意され、それぞれの個性を生かしたエピソードを上手く並べたような構成になっていたこと。

普通なら、当然、右京(水谷豊)、もしくは冠城(反町隆史)なのに、特命係もその一員に含まれて、全員でドラマを構成したように見えたことだ。こう言うのは『相棒』では珍しい部類に入るのでは? その意味で、いろいろ楽しむことが出来たし、その分だけ、「ああしたら、もっと良かったのに…」もある。

シンプルなのに複雑に見せる"仕立て"や、青木を使った"オチ"も良かった

まず、基本的に、大袈裟な話で無い割に、意外と広がりがあって、それでいて、大きなひねりが割るわけでもないのに、複雑な印象を受けるような “仕立て” が良かった。オチに、青木(浅利陽介)の意外な一面を持って来るのも、如何にも “オチ” と言う感じで面白かった。

黒瀬と彩奈を、どこまで描くべきか微妙な感じだったが…

ただ、「全員野球」的なエピソードに仕立てたのなら、 死者を結婚させる風習‘冥婚’の絵を描く元似顔絵捜査官・黒瀬(勝部演之)と梶本彩奈(山本舞香)の扱いは、もう少し考えても良かったかな… と。

確かに、“冥婚絵” と “似顔絵捜査” が今回のエピソードには不可欠だが、結果的に事件そのものに大きく関与していなかったのだから、登場させなくても “ドラマ” としては成立したはず。まあ、特命係が動き出すきっかけなどに “便利に” 利用していたが、それ以外の効果が薄かったのは否めまいと思う。

逆に、もっと、事件と言うか、今回のエピソードの中に組み込んだ方が良いと思ったのは、彩奈の過去。当然、今回の描写でも、ある程度は伝わって来たが、折角のゲストだし、興味深いキャラクターだから、「騙す」と「役に立つ」の両面を兼ね備えた面白いキャラクターだから、過去を描かなくても成立するが、黒瀬を引っ込めて、彩奈を押したら、もっとヒューマンドラマ的な分が、深まったような気がする。

但し、『相棒シリーズ』として見ると、伊丹(川原和久)が、きちんとエピソードに組み込まれるのは、珍しいことだから、そこを本作らしく強調するのであれば、黒瀬を登場させるのは正しい選択と言える。とにかく、いろいろと新鮮で面白いエピソードだった。

あとがき

ピアノの女性の先生と、男子生徒が… と言うのが、少々安直な感じは否めませんでしたね。ただ、他に何かあるか? と考えると、まあ、「ドラマに良くあるネタ」として、全体の要素に対して許容範囲かなと。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16500/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話・元旦SP 第12話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

相棒20 第13話

右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、伊丹(川原和久)を訪ねて来た元似顔絵捜査官・黒瀬(勝部演之)の話を聞きます。 定年退職後、未婚で亡くなった人に遺族が仮想の結婚式を挙げる風習「冥婚」の絵を描くボランティアをしている黒瀬は、13年前に失踪した当時10歳の未来(加川心菜)の両親である多岐川直樹(筒井巧)と愛子(宮田早苗)の依頼で、大人になった未来の姿を想像して冥婚絵を描きました。 しかし...

相棒season20 第13話

「死者の結婚」内容捜査一課の伊丹(川原和久)を、黒瀬和成(勝部演之)が訪ねてくる。ふたりの様子に興味を抱く右京(水谷豊)亘(反町隆史)1枚の絵を手に。。。「この子が生きていたんじゃないかと」奇妙なことを口にする。絵を見た右京は、13年前に失踪した10歳の少女・多岐川未来だと推測する。すると黒瀬は、“冥婚絵”だと説明する。遺族が弔いのために、亡くなった人の結婚式を描く風習だという。元似顔絵捜査...

相棒 Season20 第13話「死者の結婚」

ゲスト出演の、女優の山本舞香は、13年前に行方不明になった少女と、そっくりな、菅原遥香役しかし、似顔絵・捜査官だった黒瀬は、現在、ボランティアで、未婚のまま、若くして亡くなった故人の、死後の世界での幸せを願う「冥婚絵」を描いている ってあたりからして、凄い想像力!ですよね。それとも、そういう活動をなさってるモデルが、実際、いらっしゃるのでしょうか?そういう経緯、13年前、娘が行方不明になった...

相棒20 テレ朝(1/26)#13

第13話 死者の結婚 あらすじある日、伊丹(川原和久)のもとに、所轄時代に世話になった黒瀬という先輩刑事が訪ねてくる。現役時代、似顔絵捜査官だった黒瀬は、現在ボランティアで『冥婚絵』を描いているという。冥婚とは、未婚のまま亡くなった人の遺族が、弔いのため仮想の結婚式をあげる風習のこと。黒瀬は数か月前、多岐川という夫婦からの依頼で、13年前に行方不明になったままの、未来という名の娘の冥婚絵を描...

「相棒 season 20」第13話『死者の結婚』

少女失踪事件と似顔絵と冥婚絵。 第13話『死者の結婚』ネタバレです。
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: