ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ (第2話/15分拡大スペシャル・2022/1/23) 感想

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~

TBSテレビ系・日曜劇場『DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第2話/15分拡大スペシャル『ダイバー刑事!涙! アワビ密漁者が殺人!? 俺は犯人じゃない!』の感想。



DCU隊員・瀬能(横浜流星)は15年前の事件について新名(阿部寛)に尋ねる。直後、新名らは部長・佐久間(佃典彦)の指示で、石川・能登半島の港に上がった変死体の調査へと向かう。被害者は密漁と戦う地元のリーダー的存在で、市議会議員や地元漁師らは外国の密漁者が犯人だと主張。新名は海中捜査を西野(高橋光臣)らに任せ、瀬能と陸の上で聞き込み調査に回る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:青柳祐美子(過去作/連続テレビ小説『こころ』) 第1,2
   小谷暢亮(過去作/闇の法執行人) 第1,2
   谷口純一郎(過去作/半沢直樹2020) 第1
   小澤俊介(過去職/ヤメ検の女シリーズ) 
脚本協力:宮本勇人(過去作/高嶺のハナさん) 第1,2
演出:田中健太(過去作/半沢直樹、小さな巨人、陸王、下町ロケット) 第1,2
   青山貴洋(過去作/下町ロケット2、インハンド、グランメゾン東京、天国と地獄)
   宮崎陽平(過去作/下町ロケット、陸王、ブラックペアン、半沢直樹2020、日本沈没2021)
音楽:木村秀彬(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、グランメゾン東京、オー!マイ・ボス!、ドラゴン桜2)
主題歌:Lizabet「Another Day Goes By」
共同制作:シェット・インターナショナル(本拠地:イスラエル)
   ファセット4メディア(カナダのテレビ番組制作・配給・出資会社)



不可思議なことばかりで、全く高評価できるようなドラマでない

放送前の “期待度” では「星★×5つの満点」をつけていた本作だが、感想の冒頭できちんと書いておくが。正直、第1話以上に、時間延長の意味も無かったし、全体の構成、捜査のやり方など、不可思議なことばかりで、全く高評価できるようなドラマではなかった。

これが、私自身が「星★×5つの満点」を点けず、『日曜劇場』で無かったら、次回で継続視聴をやめるか判断せざるを得ないレベル。だって、脚本家が「4人」も集まって、この程度では、お先がどうなるかは、ほぼ明らかだからだ。

今回で一番良く分からなかったのが、DCUの捜査のやり方

まず、今回で一番良く分からなかったのが、DCUの捜査。遺体が発見現場まで流れ着いて来たと言うのに、そこを「遺棄現場」と勝手に決めつけて、証拠を探したこと。

都合良く、遺棄現場を特定していたが、正直、遺体は流れ着いたのだから、「決めつけ捜査」をせずに、DCU以外の組織の手を借りて捜査しないと、無理過ぎる広域捜査なのでは? その割に、主人公は、地元の “陸” で聞き込みしているだけだし。

遺棄現場が「観光地」で「自殺の名所」なら監視カメラ映像から手を付けるべきでは?

更に、分からないのは、遺体の遺棄現場を「観光地」で「自殺の名所」だと言うなら、今のご時世なら、ほぼ間違いなく “防犯カメラ” の類が多数設置しているはず。それらの映像を調べるのが、最初にやるべき捜査では?

そして、最大に不可思議だったのは、主人公の捜査への態度、向き合い方が、第1話と全く違うこと。ほぼ “昭和の刑事ドラマの刑事” みたいに変わってしまった。これでは、架空の組織を作った意味も、最新の組織である意味も、殆ど無いと言って良いと思う。

脚本家4人で書くから、「捜査モノ」としても「連ドラ」としても雑になる

更に「4人」の脚本家で、役割分担して書いて、撮影直前に合体させているような、ストーリー展開の全体に感じる “雑さ” が気になって、気になって。「捜査モノ」としても「連ドラ」としても雑。

その上、15年前の “縦軸” を描くのは許容範囲とするが、流石に、“縦軸” 以外の、中盤の子供の事故や、試験のくだりなど、“本筋” に無関係なエピソードを盛り込み過ぎの上に、それらで “本筋” を切り刻んでしまっているから、一体何を描きたいのか全く見えて来ない。

そればかりか、今作の見せ場と謳っていた「水中での捜索」の必要性が無くなっている。

ロケに出発する前に、スタッフ全員で脚本の精査をしているのかさえも、不安になって来た

また、いよいよ山場、見せ所と言う時になって「1時間後にサンチェスは検察に送検させる」と言っているのに、気が付いたら “テント” を立てて、機材を集めて。テントなんて画面に映すから、余計に違和感を助長するのだ。

普通に、“陸” に停めた車から走って持って来れば、少しは “急いでいる感” が出るのに、その程度も撮影現場で気づかないとは。海辺での屋外ロケが大変なのは理解するが、ロケに出発する前に、スタッフ全員で脚本の精査をしているのかさえも、不安になって来た。脚本家も演出部も雑では、お先真っ暗と言わざるを得ないのだが。

第1話よりも、「潜る必要のない設定」を作って、ご都合主義の捜査過程を構築しているような…

“期待度” で「星★×5つの満点」を点けてしまった責任を多少感じているから、何か “褒めるところ” を、それこそ全編に亘って “捜索” したのだが、全く見つけられない。いや、言いたくはないが、第1話よりも、「潜る必要のない設定」を作って、ご都合主義の捜査過程を構築しているような。

せめて、せめて、テンポが良いとか、日本のドラマでは見たことのない水中撮影のシーンがあるとか、何か “本作でしか描けないモノ” を盛り込むべきでは?

あとがき

結局、今回って、前回のラストからの “縦軸” を描くための “ただの時間繋ぎの事件” にしか見えませんでした。

これ、やはり、複数人での合同脚本の弊害が出てますね。早急に、脚本家を絞り込んで書き直すべきですよ。俳優が、水遊びをしているのを見せたいドラマで、そこを楽しみにしている視聴者は良いですが、私は、水遊びを見たいわけでないので。

まずは、「捜査モノ」と「連ドラ」として、まともに見えるように再構築して、水遊びはその次だと思います。「次回に期待します」とは、流石に言えません…

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16489/


【これまでの感想】
第1話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

DCU~手錠を持ったダイバー~ 第2話

新名(阿部寛)と瀬能(横浜流星)のわだかまりが解けるよりも早く、新たな事件が発生します。 潜水特殊捜査隊メンバーは、遺体が発見された石川県・北能登の港へ向かいます。 殺害されたのは密猟者と戦う地元漁師のリーダーでした。 漁師たちが「犯人は密漁グループの連中に違いない」と騒ぎ立てる中、新名は地元の刑事・坂東(梶原善)の協力を得て、捜査に乗り出します。 遺体が発見された場所には水産物の研...

DCU 第2話「ダイバー刑事!涙!アワビ密漁者が殺人!?俺は犯人じゃない!」

「DCU」は、TBSが海外の大手制作会社ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作。水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描くのが、見どころのひとつ。阿部寛、演じるDCU隊長の新名正義が、横浜流星、演じる瀬能陽生等、個性豊かなメンバーと、水中のさまざまな難事件を解き、裏に潜む悪に立ち向かっていくストーリー。...

日曜劇場『DCU~手錠を持ったダイバー~』第2話

内容能登半島の港で、地元漁師の島田龍平の遺体が発見された。被害者が密漁の見回りなどを行っていたことから、なんらかのトラブルがあったと考えられた。新名(阿部寛)たち“DCU”は、地元刑事・阪東(梶原善)の協力を得て、捜査を始める。敬称略脚本、青柳祐美子さん、小谷暢亮さん、小澤俊介さん脚本協力、宮本勇人さん演出、田中健太さん先ず初めに。前回のラストからの繋がり。。“15年前”のこと。そして、訓練...

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ #02

『ダイバー刑事!涙!アワビ密漁者が殺人!?俺は犯人じゃない!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: