ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第57回・2022/1/21) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第57回〔全112回〕第12週『1963-1964』の感想。

 
 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


錠一郎(オダギリジョー)のレコーディングやライブが延期になったという知らせが届き、不安に襲われるるい(深津絵里)。様子を聞こうと手紙を出すものの、返事は返ってきません。トミー(早乙女太一)の元には、錠一郎と東京での面倒を見ている奈々(佐々木希)が二人でしょっちゅう出かけているらしいという噂(うわさ)も届きます。そんな中、突然錠一郎が大阪に帰ってきて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作・原案・脚本:藤本有紀(過去作/ちりとてちん)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく、おちょやん) 第1,2,4,7.8,9
   橋爪紳一朗(過去作/てっぱん、花子とアン、半分、青い。、エール) 第3,5,7
   泉並敬眞(過去作/まんぷく、スカーレット、六畳間のピアノマン) 第11
   深川貴志(過去作/花燃ゆ、とと姉ちゃん、半分、青い。、麒麟がくる)
   松岡一史(過去作/まんぷく、心の傷を癒すということ) 第10,12
   二見大輔(過去作/半分、青い。、なつぞら、伝説のお母さん) 第6
音楽:金子隆博(過去作/Q10、三毛猫ホームズの推理 、あいの結婚相談所)
演奏:BIG HORNS BEE(過去作/米米CLUBのホーンセッション)
主題歌:『アルデバラン』(作詞・作曲:森山直太朗、編曲:斎藤ネコ、歌:AI)
語り:城田優
制作統括:堀之内礼二郎(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく)
     櫻井賢(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
※敬称略



流石に「吹けなくなったジョー」で引っ張り過ぎでは?

錠一郎(オダギリジョー)がトランペットを吹けなくなった理由を、「社長の商業音楽主義への違和感による心因性」だとか考える以前に、今回の15分間を見ている途中から、ず~と感じていたのは、「今日は金曜日なのに、水曜日から一向に話が進んでいない」と言うことばかりだった。

ベリー(市川実日子)が卒業間近なことと、トミー(早乙女太一)のポスターの内容から察すると、劇中は1964年の2月上旬から中旬ってことになるが。流石に、放送回数が半分を切っている現状で、流石に「吹けなくなったジョー」で引っ張り過ぎでは?

恋バナとしては成立しているが、錠一郎の言葉に説得力が無い

まあ、 “恋バナ” としては、3か月の予定が先送りになっているから、るい(深津絵里)が不安に襲われているのを描くには十分ではあるが。でも、それも、好意的に解釈するのが大前提。やはり、3日間もストーリーが足止めを食らっているのを見逃すわけにはいかない。

いや、これまでも何度も書いているが、そもそも、るいと錠一郎が、ここまで惹かれ合い、思い合うのかが、モヤモヤしたままなのだ。その状態で、錠一郎が「僕と るいをつないでいたのは… トランペットやのに」と言っても、言っちゃ悪いが、「えっ?」と言う印象しか抱けなかった。

もしも、この錠一郎の台詞に「その通り!」と思った人がいるなら、それは、好意的な解釈や脳内補完を超越した、視聴者自身の創作に近い。だって、そのようには描かれていないのだから。

3日間もかけて、"東京での成功を諦めて、大阪に帰って来ただけ"では困る

もしも、この錠一郎の台詞に説得力を持たせるなら、やはり、もっと二人の “運命的な出会い” や “サニーサイドの曲への共感” を、もっと感じ取れるように、ストーリーの中に盛り込むべきだったのだ。こう書くと「それなりに、描いて来たと思う」と言う意見も出て来るだろう。

しかし、「るい編」の根幹部分が「それなりに」では困るのだ。「しっかり、丁寧」でないと困るのだ。だって、何度も書くが〔全112回〕で、既に半分を過ぎた金曜日の区切りの日なのに、結局、描かれたのは、3日間もかけて、東京での成功を諦めて、大阪に帰って来ただけ。一体、どうしたいのだろう?

あとがき(その1)

「安子編」の時は、きちんと “運命的な出会い” や “サニーサイドの曲への共感” を描けていたのに、なぜ「るい編」では描けないのでしょう?

それに、「安子編」では、きちんと安子が主人公として描かれていたのに、「るい編」では、既に錠一郎が主人公みたい。当然、脚本が「安子編」と「るい編」では、重心の置く位置が明らかに違いますが、もっと違うのは、演出ですね。演技指導とカット割りと編集が、主人公をすり替えています。早急に修正すべきだと思います。

あとがき(その2)

また、もう、〔全112回〕と分かりましたし、まだ「ひなた編」で40回近く使うわけですから、「るい編」もボチボチ、中盤の変化がやって来るはず。もちろん、その中に「ひなた誕生」もあるわけで。そうなると、次週が大きな山場でしょうか?

それにしても、ここでトランペットと音楽と縁が切れてしまうと、「安子編」と「るい編」を “繋ぐもの” って、何になるのでしょう? もう「るい編」になって、ラジオも、ラジオ講座も、英会話も無関係になっていますが。そちらの方が気になります。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★まだ、Amazonのなか見!検索で立ち読みできません!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

こちらが、NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』オリジナル・サウンドトラックの劇伴コレクション Vol.1となります。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

この「ジャズ・アルバム」は劇中を彩る多彩なオリジナル・ジャズ・ナンバーを中心にトラッド・ジャズ編とモダン・ジャズ編の2枚に分けてたっぷり収録。
作曲・プロデュースは、NHK「うたコン」の指揮者にして米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博。演奏はジャズ界のレジェンド北村英治と渡辺貞夫をスペシャル・ゲストに迎え、米米のホーンセクションBIG HORNS BEE、関西のジャズメンら豪華メンバーが集結。クールでホットなプレイを繰り広げます。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16480/


【これまでの感想】

第1週『1925-1939』
1 2 3 4 5 
第2週『1939~1941』
6 7 8 9 10 
第3週『1942-1943』
11 12 13 14 15 
第4週『1943~1945』
16 17 18 19 20 
第5週『1946~1948』
21 22 23 24 25 
第6週『1948』
26 27 28 29 30 
第7週『1948-1651』
31 32 33 34 35 
第8週『1951-1962』
36 37 38 39 40 
第9週『1962』
41 42
妄想第1回『るいのための貯金』
妄想第2回『算太が町にやって来た』
第10週『1962』
43 44 45 46 47 
第11週『1962-1963』
48  49 50 51 52 
第12週『1963-1964』
53 54 55 56

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第57回

「1963-1964」内容錠一郎(オダギリジョー)との再会を心待ちにするるい(深津絵里)そんなある日、トミー(早乙女太一)から錠一郎のレコードの発売や、デビューコンサートが、延期になったと知らされる。心配になったるいは、手紙を出すのだが、返事は戻ってこなかった。そのころ、スランプに苦しむ錠一郎に、笹川社長(佐川満男)が、レコーディングなどの中止も覚悟していた。娘・奈々(佐々木希)が父をなだめ...

トランペット>『カムカムエブリバディ』第50~57話

​​​​​​第11週『1962-1963』 第12週『1963-1964』 ベタというか王道というか まんまone directionに話が進んで行くけど でも、本当の本当に一方向の話だったら 単純に佐々木希を恋のライバルにしてドロドロ三角関係を描くかも? そうではなく、イップスの隠れ蓑として佐々木希を据えるのは ちょこっと​“捻ってる”​ってことなのでせうか? …今のところ何とも言...

トランペット>『カムカムエブリバディ』第5...

​​​​​​第11週『1962-1963』第12週『1963-1964』ベタというか王道というかまんまonedirectionに話が進んで行くけどでも、本当の本当に一方向の話だったら単純に佐々木希を恋のライバル...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: