ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ミステリと言う勿れ (第2話・2022/1/17) 感想

ミステリと言う勿れ

フジテレビ系・月9『ミステリと言う勿れ』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第2話『奇妙なバスジャック! 事件の謎も心も解きほぐす!』の感想。

なお、原作となった漫画、田村由美『ミステリと言う勿れ』は、未読。また、本作は2021年11月下旬に全話をクランクアップ(撮影終了)しているため、感想には要望などは基本的に書かずに、単純な感想のみとします。



事件に遭遇した整(菅田将暉)が、共に巻き込まれた翔や坂本(久保田悠来)、リラ(ヒコロヒー)、めぐみ(佐津川愛美)、淡路(森永悠希)、奈良崎(金田明夫)と犯人のオトヤ(阿部亮平)に従う一方、警察は連続殺人事件を捜査。風呂光(伊藤沙莉)は現場に同行できず歯がゆい。整が警察への連絡を考える中、オトヤがバス運転手の煙草森(森下能幸)に激高。現場は不穏な雰囲気に…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:田村由美『ミステリと言う勿れ』
脚本:相沢友子(過去作/鍵のかかった部屋、ビブリア古書堂の事件手帖)
演出:松山博昭(過去作/鍵のかかった部屋、トレース~科捜研の男) 第1,2
   品田俊介(過去作/ルパンの娘1-2、探偵の探偵、ナオミとカナコ)
   相沢秀幸(過去作/アンサング・シンデレラ、トレース~科捜研の男、SUPER RICH)
   阿部博行(過去作/ココア、シャーロック アントールドストーリーズ)
音楽:Ken Arai(過去作/鍵のかかった部屋、トレース~科捜研の男~)
主題歌:King Gnu「カメレオン」



【お願い】原作を既読の読者さんへ
原作の漫画と、この「実写ドラマ版」を切り離した、客観的な感想を書きたいので、<ネタバレ>のコメントはお控え下さい。全話終了後に原作を読む予定もあるので、どうぞ、ご協力お願いします。

上手く"シンプルな探偵モノ"に仕上げて来たのは良かった

第1話のエピソードも、原作を大幅に削って、何とか「初回90分スペシャル」にまとめた感じを受けた(原作は未読)。そして、今回のエピソードも(結果的に、前後編に分かれていたが)、通常放送枠の2回では内容が収まらない内容であることは、ほぼ間違いないだろう。要は、原作から、相当量を端折っているってこと。

とは言え、原作は未読だし、原作と実写ドラマ版は比較しない立場だから、敢えて評価するなら、上手く “シンプルな探偵モノ” に仕上げて来たと言う印象。もちろん、前回も良かったが、今回も良かった。

【良かった理由1】主人公の台詞が一部以外、会話のやり取りの中に盛り込まれたため、とても分かり易くなった

良かった理由は、幾つもある。

まず、前回では、主人公の特徴である “屁理屈” とも言える台詞の処理の仕方。前回では、シチュエーションの影響もあったが、ほぼ台詞のオンパレードの “演説会” のようだった。

そのために、主人公のキャラクターが良く見えて来たのだから、決して悪いことでは無い。むしろ、90分間にまとめた上で “独特な世界観” を視聴者へ提示して、更に興味と関心を持たせたのだから。

しかし、今回では、一部以外は、主人公の台詞が会話のやり取りの中に盛り込まれたため、とても分かり易くなった。そして、強調の程度も、やり過ぎずに違和感もなく仕立てて来たのは良かった。

【良かった理由2】主人公の台詞を"会話"の中に埋もれさせず、強調するために、背後で劇伴を流したこと

また、演出家は同じなのに、主人公の台詞を “会話” の中に埋もれさせず、強調するために、背後で劇伴を流したこと。主人公の台詞以外の部分も、演出が前回よりも分かり易く作られていた。

原作愛好家は、どう思うか知らないが、ドラマとして、『月9』として、分かり易く、且つ、見やすくなったことは良いこと。もちろん、世界観は独特だし、クセも強いが。

視聴率と言う大人の事情を考えれば、原作愛好家は黙っていても見るか、離れるかしないが、原作未読者は、分かり易くて面白ければ見続けるし、新たに増える可能性さえ秘めている。従って、今回で、更に見易くなったのは、正しい判断だと思う。

もちろん、原作を冒涜するような改変でないと信じた上で書いているし、「原作愛好家を無視しても良い」とは思っていないことだけは、書いておくが…

あとがき

個人的には「1話完結」が好きですが、この案件を54分枠に収めるのは、難しいでしょうね。だって(予想ですが)、本来は前編ですら、相当に端折っているわけですから。

とにかく、「ドラマ版としての世界観」を残しつつも、見易くなったのは良かったと思います。あとは、解決編となる次回も、世界観を壊さず、納得のいく結末を期待します。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16466/


【これまでの感想】
第1話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ミステリと言う勿れ 第2話

美術館へ行くために整(菅田将暉)が乗った路線バスがジャックされてしまいます。 乗客に名前を聞く犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞きます。 すると、犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗りますが、目的は教えてくれませんでした。 その頃、大隣警察署では連続殺人事件の捜査本部が立っていました。 朝には新たな遺体が発見されますが、被害者に共通点はありませんでした。 青呧(筒井道隆)や...

ミステリと言う勿れ 第2話

内容美術館へ急ぐ整(菅田将暉)は、バスに飛び乗った。だが、その直後、乗ったバスが、バスジャックされてしまう。犯人の男(阿部亮平)は、運転手・煙草森誠(森下能幸)以外の乗客に、名前などを尋ね始める。淡路一平(森永悠希)露木リラ(ヒコロヒー)坂本正雄(久保田悠来)柏めぐみ(佐津川愛美)奈良崎幸仁(金田明夫)熊田翔(永山瑛太)と自己紹介。そして整も自己紹介するが、すぐに、犯人に対して名前を尋ねる。...

ミステリと言う勿れ #02

『奇妙なバスジャック!事件の謎も心も解きほぐす!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: