ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ (第1話/初回25分拡大スペシャル・2022/1/16) 感想

DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~

TBSテレビ系・日曜劇場『DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第1話/初回25分拡大スペシャル『(不明)』、ラテ欄『ダークヒーロー刑事 手錠を持ったダイバー ダムに沈んだ街の涙』の感想。



2022年、海上保安庁に潜水特殊捜査隊、通称・DCUが発足。設立の目的は、海や河川で発生する事件の解決や、水際からやって来るテロなどからの防衛。いわば水際捜査に特化したエキスパート集団だ。隊長となったのは、50歳を迎えた新名正義(阿部寛)。メンバーには海保のエリート・西野斗真(高橋光臣)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)らがいた。そして、過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜流星)の姿も。
DCUが発足と同時に捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。数日前に上陸した大型台風によりダム湖内の水流が変わり、ある人物の頭骸骨の破片が発見されたのだ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:青柳祐美子(過去作/連続テレビ小説『こころ』) 1
   小谷暢亮(過去作/闇の法執行人) 1
   谷口純一郎(過去作/半沢直樹2020) 1
脚本協力:宮本勇人(過去作/高嶺のハナさん) 1
演出:田中健太(過去作/半沢直樹、小さな巨人、陸王、下町ロケット) 1
   青山貴洋(過去作/下町ロケット2、インハンド、グランメゾン東京、天国と地獄)
   宮崎陽平(過去作/下町ロケット、陸王、ブラックペアン、半沢直樹2020、日本沈没2021)
音楽:木村秀彬(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、グランメゾン東京、オー!マイ・ボス!、ドラゴン桜2)
主題歌:Lizabet「Another Day Goes By」
共同制作:シェット・インターナショナル(本拠地:イスラエル)
   ファセット4メディア(カナダのテレビ番組制作・配給・出資会社)



放送前の"期待度"は「星★5つの満点」のドラマが始まった!

水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit/潜水特殊捜査隊)」を舞台に、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫っていく、TBSが海外プロダクションと共同制作するオリジナルウオーターミステリー。

放送前の “期待度” では「星★×5つの満点」をつけて、同局と同放送枠の『TOKYO MER』を超えるドラマを期待したのだが…

「潜って捜査する刑事ドラマ」でなく、「潜れる捜査官の刑事ドラマ」に、かなりの期待ハズレ感…

実際に見てみると、これ、捜査している人たちが水中を潜ると言うだけ。そこを除けば、ただの刑事ドラマのようだった。なにせ、“期待度” では「星★×5つの満点」だから、出来るだけ事前情報は見ずに、第1話を見た。それ位、期待は高かった。

しかし、実際は、「潜って捜査する刑事ドラマ」ではなく、「潜れる捜査官の刑事ドラマ」だった。今回で言うなら、湖底捜索以外は、「DCU」でなくても捜査できるし、成立するエピソードばかりで、かなりの期待ハズレ。

水中の捜索だけ、海上保安庁に依頼した方が、潔い刑事ドラマになったのでは?

その上、「DCU」の中に、「サイバー班」も「科学捜査班」もいて、他の部署とは独自に捜査をして、そこで湖底捜査をしているから、あと、もう少し捜査員がいれば、「普通のチーム捜査を描いた刑事モノ」だった。実際のドラマも、序盤の湖底捜査は、隊長ですら “ただの刑事” と言う始末。

ここまで、水中のシーンが少なくて、陸上のシーンが多いなら、水中の捜索だけ、海上保安庁に依頼した方が、潔い刑事ドラマになったのでは? むしろ、“水中の捜査に特化した架空の組織「DCU」を舞台に…” と言う設定が、足を引っ張ったと思う。

「何でも出来る、やれる」ことより、「何かに特化した、特化している」方が、ドラマの初期設定としては、遥かに魅力的では?

ただ、自分が “期待度” では「星★×5つの満点」をつけたから、自己弁護するつもりはないが。全体的に、期待ハズレは無いとは言わないが、刑事モノとして割り切れば、特段に悪い印象はない。特に、ラストの映像や魅せ方は、海外ドラマのようでカッコ良かったし。

ただ、やはり、陸上での捜査までやるなら、本当に「DCU」と言う初期設定が必要だったかどうかは、甚だ疑問だ。だって、「何でも出来る、やれる」ことより、「何かに特化した、特化している」方が、ドラマの初期設定としては、遥かに魅力的だと思うからだ。是非とも「DCU設定」を活かした展開に期待したい。

あとがき

やはり、事前情報ほぼゼロで見たのが、いけなかったのかな? 「水中の捜査に特化した」を謳い文句にしておきながら、実際は「陸上の捜査官が潜れる」と言うのは、看板と内容が違っていると思います。それこそ、「DCU」と捜査一課が合同捜査するような設定にした方が、面白味が出た可能性があると思うのは私だけ?

それと、今回の事件そのものについても、何となくしっくり来ませんでした。結局は、死体が見つかっただけで、横領から始まって、あれこれありましたが。最初から、殺人事件が発生し、「DCU」が潜って死体を見つけ、「陸の捜査専門の刑事たち」と一緒に事件を解決した方が、スッキリ納得できたドラマになったと思います。

「脚本家3人+脚本協力1人」の4人で脚本を書くから、盛り込み過ぎで、焦点ボケしたかも?

しかし、これで 「水中の捜査に特化した」が、ただの客寄せ文句だと分かったので、「潜れる捜査官が活躍する刑事モノ」と割り切ります。その上で、次回に期待します。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16464/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

DCU~手錠を持ったダイバー~ 第1話

2022年、海上保安庁に潜水特殊捜査隊が発足しました。 50歳を迎えた新名正義(阿部寛)が隊長に就任し、メンバーには海保のエリートで副隊長・西野斗真(高橋光臣)や、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)、過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜流星)たちがいました。 潜水特殊捜査隊は、海上や水中だけではなく、陸上の捜査権限も与えられることになりましたが、そこのことが警察関係者...

日曜劇場「DCU」 Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~ 第1話「ダークヒーロ…

日曜劇場、熱い男・路線が続きますね。TBS×ハリウッド共同制作のオリジナルドラマ。水中の捜査に特化した架空のスペシャリスト集団「DCU(Deep Crime Unit)」が、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。よって、シチュエーション的に、どこか、往年の「海猿」シリーズを連想したのは、私だけでしょうか?少し前の「走る救命医」は、ある意味、単純明快。時間との勝負...

日曜劇場『DCU~手錠を持ったダイバー~』第1話

内容海上保安庁に潜水特殊捜査隊“DCU”が設置され、新名正義(阿部寛)隊長を含め6名の隊員が配属された。そんななか、群馬県の橋部ダムで死体が発見され、DCUが派遣されることに。死後1ヶ月。DNA鑑定の結果、京国建設社長・毛利新(ヨシダ朝)と判明。5年前、会社の金300億を横領。国外に逃亡した容疑者だった。現場に着いた新名は、サイバー班の神田瑠璃(趣里)から情報を得て、水深50mの湖底を調査を...

DCU #01

『ダークヒーロー刑事 手錠を持ったダイバー ダムに沈んだ街の涙』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: