ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドラマ「岸辺露伴は動かない」(第4~6話) (第5話「背中の正面」・2021/12/28) 感想

岸辺露伴は動かない

NHK総合・ドラマ「岸辺露伴は動かない」(第4~6話)
公式リンク:Website、Twitter、Instagram
第5話『背中の正面』の感想。
なお、原作となる、荒木飛呂彦原作の漫画『岸辺露伴は動かない1,2』は既読。『岸辺露伴は叫ばない 短編小説集』は、未読。また、2020年3月に発売された『「岸辺露伴は動かない」OVA コレクターズエディション (2枚組) [Blu-ray]』は、鑑賞済み。



露伴の家にリゾート開発を請け負う会社の営業部に勤める男、乙(きのと)雅(まさ)三(ぞう)が尋ねてきた。家の中に招き入れると、男は背中を壁につけたまま這いずるようにして入ってくる。靴を脱ぐときも、椅子に座るときも、紅茶を飲むときも、愛想笑いは返しても、男は決して露伴に背中を見せようとしなかった。その奇妙な行動に猛烈に好奇心をかきたてられた露伴は策を弄して無理やり男の背中を見てしまう。すると背中を見られた乙を異変が襲い、その異変はやがて露伴にも…。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---


原作:「岸辺露伴は動かない 2」第4話「ザ・ラン」収録
   「ジャンプSQ.M vol.002 (集英社マンガ総集編シリーズ)」第5話「背中の正面」
   「岸辺露伴は動かない 1」第6話「六壁坂」収録
脚本:小林靖子(過去作/:岸辺露伴は動かない2020)
演出:渡辺一貴(過去作/70才、初めて産みます~セブンティウイザン。~)
音楽:菊地成孔/新音楽制作工房
人物デザイン監修:柘植伊佐夫

今回の感想では、少しだけテクニカルについて書いてみる

第4話の感想で、「本作は、漫画の本を読むように、映像に自分の身を委ね切って “味わうドラマ” だと思っている。従って、当ブログの感想も、いつもと違って、テクニカルな部分について書くのは、敢えて止めておく」と書いた。

しかし、そうなると、感想として書くことが無くなってしまうから、この第5話については、少しだけテクニカルについて書いてみる。それは、今回のカメラアングルとそのカット編集の “独特な妙” が生み出す世界観だ。

今回は、似たようなカットの連続になる可能性が高い

普通のドラマの場合、メインで登場する「二人(とするならば)」は、互いに言っての距離をとって、向き合うなり電話するなりして、一定の距離感を創り出すことで、その “距離感” で、二人の関係性を描くケースが多い。

しかし、この第5話「背中の正面」では、その「二人」の間にあるべき “距離感” が、背中へ乗っかって隙間が無い状態になっている。その上、「二人」の向いている方向が同じ方向を向いている場面が圧倒的に多い。こうなると、普通に撮影しては、似たようなアングルや印象のカットの連続になってしまう。

今回の演出の見所は、カメラアングルの多様性による表現

そこで、今回の演出では、カメラの位置を、地上擦れ擦れの低い位置や、3m近い高さからの引きの画を多用した。これによって、単純なワンパターン化は排除できる上に、「坂」がもつ “角度” の不思議さや、「振り返る(振り向く)」と言う動作自体の “怖さと滑稽さ” を生み出した。

これ、見ている側にとっては楽しいが、撮影側、特に演者にとっては、かなりの難易度があるはずだ。なぜなら、普段使わないようなカメラアングルから、自分がどう移されているのか想像して演技する必要があるからだ。そう、自身の演技チェックが難しいってこと。

難しい複数&多角カメラによる困難な撮影を乗り越えた演技

しかし、今回に登場した主軸の四人は見事にやって魅せた。それも、面白い部分をきちんと残しつつ、しっかりと恐怖心は視聴者に植え付けて。とにかく、歩道橋を歩いていた男を含めて、徹底的にキャラを作り込んでいるのがスゴイ。ここがブレると、作品全体がグニャグニャしてしまう。

でも、今回は、坂道、境目、境界線と言った、いわゆる「区切り」の恐怖を描くために、ワンカットに全員を入れて「区切らない」演出法を選択したと思う。そう、常に「一体化」だ。その、逆説的発想こそが、岸田露伴が主人公のドラマの骨格に繋がっていると、私は思う。

あとがき(その1)

幾度か録画を見ましたが、この手の作品って、1つの演技に対して、同時に複数のカメラを回して、多角的に一度に撮影することが多いのですが、今回に限れば、敢えて、そうやって撮影できるのに、わざわざ手間暇をかけて、何度も同じ演技を俳優陣にさせて、カメラの位置を動かして撮影していました。

これが良くない点は「動作が違ってしまうこと」です。しかし、本作ではそれを逆に使って、「カメラが被写体を捉える角度(=視聴者が物事を捉える視点)」が違うと、動作そのものも違って見える作用へ巧みに利用しています。

あとがき

これって、「背中の正面」が描くテーマに、とても隣接していますよね。要するに、見たり、言ったりしたらヤバイところほど魅力があって、そのことを知っている知的な感覚の持ち主が、その沼に嵌り続け、連鎖するってところへ。

そして、第5話の最大の見所は、市川猿之助さんの面白さと恐怖感の演技の “境界線” にも、ドラマと内容がリンクしています。

あとがき

次回は、原作既読の「六壁坂」。自他共に「岸田露伴ファン」の内田理央さんが、六壁坂村で300年続く味噌づくりで成功した大郷家の一人娘を演じます。楽しみでしょうがありません。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16408/


【これまでの感想】
第4話『ザ・ラン』


【2017年からのスペシャルドラマの感想一覧】
2021年のスペシャルドラマの感想一覧
2020年のスペシャルドラマの感想一覧
2019年のスペシャルドラマの感想一覧
2018年のスペシャルドラマの感想一覧
2017年のスペシャルドラマの感想一覧

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

岸辺露伴は動かない 第五話「背中の正面」

今回のエピソードも、ゲストに、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが乙雅三(きのと・まさぞう)役で出演してるだけに、かなり不気味で難解。きわめてシュール。役者さん達、理不尽な展開。お疲れ様・シーンが多いのですが、みなさんオーラ満載だけに、似合ってます。エンタメとして楽しく見ることができました。しかし、露伴の「ヘブンズ・ドア」で弱点を知り、機転で「してやったり!」と想いきや、肉体は退場しても、もろ「おん...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: