ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドクターX~外科医・大門未知子~[7] (第10話/最終回拡大スペシャル・2021/12/16) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[7]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~[7]』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第10話/最終回拡大スペシャル『さらば大門未知子! 生と死の緊急事態でも失敗しないので!!』の感想。



院内に大きな問題が浮上する中、目の前の患者を救おうと困難な手術に挑むことを決めた未知子(米倉涼子)は、‘100パーセント’の成功を目指して試行錯誤。だが、患者の病状とは別のハードルが立ちはだかる。一方で、蜂須賀(野村萬斎)と蛭間(西田敏行)の権力闘争は裏切り者の出現で新たな局面を迎えていた。その中で海老名(遠藤憲一)らは手術を目指す未知子を目の当たりにし…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,6) 第1,2,5,9,最終
   林誠人(過去作/ドクター-X 2,3,4,5,6) 第3,8
   香坂隆史(過去作/ドクター-X 6、緊急取調室3,6) 第4,6
   小峯裕之(過去作/家政夫のミタゾノ1~3、SUITS/シーツ2、アオニマス) 第7
演出:田村直己(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6) 第1,2,5,8,最終
   片山修片山修(過去作/相棒シリーズ、家政夫のミタゾノ4、七人の秘書) 第3,6
   松田秀知(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
   山田勇人(過去作/ドクター-X 3,6) 第4,9
   高橋貴司(過去作/家族の旅路、限界団地、青のSPスクールポリス) 第7
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
主題歌:Ado「阿修羅ちゃん」



僭越ながら、ちっぽけなフリーランスの端くれとして…

僭越ながら、私と大門未知子の共通点は “フリーランス” ってだけ。フリーなのに常勤する場所もなければ、恐らく、私の仕事は、日本では私しかやっていない仕事だからスキルの比較も出来ないし、敏腕なマネージャーもいなければ、高額な収入もない。

しかし、組織の中で、自分の医師を貫き通しながら、スキルを最大限に発揮し、更に周囲から仕事が常に依頼がある点で、非常にこのドラマも、主人公も大好きだ。もちろん、医療知識を学べると言う点でも、医療ドラマとして申し分はない。

この流れと結末が企画段階で分かっていたなら…

そのような、第7弾も続いているリスペクトしているドラマだからこそ、この『7』に言いたいことがある。

それは、物語が、このような “流れ” と “結末” になることが、第1話の脚本を書く以前から計画されていたのなら、なぜ、第1話から、未知子(米倉涼子)と蜂須賀(野村萬斎)の関係と、蜂須賀(野村萬斎)の人間性を、もっと関係性を以って描かなかったのか?

単なる “新キャラ” 以上の、丁寧な描写を、脚本も演出もしてこなかったのか? その一点に疑問は集中する。

『7』の最重要人物は「蜂須賀」でしかないのだから…

確かに、「感染研究センター」設立などの “縦軸” が必要だったとしてもだ。やはり、『7』の最重要人物は「蜂須賀」でしかない。

いや、他の脇役レギュラー陣は説明要らずくらいに、多くの人に周知知られているのだから、やはり、「蜂須賀」に全視聴者の興味と関心を引き付けるような “ドラマ” を創るべきだったと思うし、そうしてこそ、最終回の終盤の “医師の矜持” の対立と協同を描くことに、大きな価値が生まれたと思う。

結局は"蜂須賀"と"白い巨塔"だけ集中して描くべきだった…

それと、「蜂須賀」を描く中で、同時並行に丁寧に描くべきだったのが、いわゆる “白い巨塔” だった。外科と内科、トップ闘争などなど。

結局、“蜂須賀” と “白い巨塔” の両方だけ、もっと丁寧に描けば、もっと面白くなったと思う。まあ、ある意味で、この最終回だけが、その両立を上手くやれたのが、救いであり、つくり手たちの様々な “大人の事情” の中での踏ん張りだったと思いたい。

あとがき

ネット情報では、この『7』がシリーズ最後だと噂されていますが、私は基本的に “続き” を見たいです。ただ、連ドラでやると、今回のように大人の事情やらが前面に出て来て、同じようなことになり兼ねないので、復活の際は、まずは「スペシャル」で雰囲気を確かめてからにして欲しいです。

そして、是非、レギュラーの脇役が出たり入ったりしない本作を、また見たいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

購入特典は、Amazonも楽天市場も同じです。但し、投稿時点で予約可能なのは、楽天市場のみ。追って、Amazonでも予約可能になります。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16362/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜ドラマ『Doctor-X~外科医・大門未知子~(7)』第10話(最終回)

内容感染研究センターの開館記念セレモニーが迫る中、未知子(米倉涼子)は、蜂須賀(野村萬斎)が重度のがんを患っていると知る。執刀を依頼され、100%の成功のため、未知子が対策を練る中、東帝大病医院で、新型のウイルスが確認され、蜂須賀は、自らとともに研究センターを閉鎖。感染者を隔離してしまう。敬称略脚本、中園ミホさん演出、田村直己さんこういう“流れ”になり。蜂須賀のことを、こういう描写にするなら...

ドクターX 外科医・大門未知子 第7シリーズ 最終回「さらば大門未知子! 生と死の緊急事態でも失敗…

ついに、人気番組が最終回。だから、競争相手の水曜日ヂラマ、みなして、ガチンコ勝負になるのを避けたの… かな?そして、案の定。今回のゲスト・であり、大ボス・蜂須賀(野村萬斎)との最終対決というか、オペ。ゲストは、萬田久子。2020年に放送されたドラマ「七人の秘書」で演じた、東京都知事・南勝子役でゲスト出演しかし、蜂須賀、新たな伝染病に感染してることが分かり… みんな意を決し、防護服姿で、このデ...

ドクターX~外科医・大門未知子~7 最終話

ついに念願の感染研究センターを東帝大学病院内に設立することになった蜂須賀(野村萬斎)ですが、これからという時に彼は重度のがんを患っていました。 その症状は、未知子(米倉涼子)でも厳しい手術になると予感するほどでした。 しかし、すぐにオペをしないと彼の命が危ない。 蜂須賀から執刀を頼まれた未知子は「私、失敗しないので」と100%の成功を誓いますが、そんな時にオープンを目前に控えた感染研究...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: