ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

二月の勝者 -絶対合格の教室- (第8話・2021/12/4) 感想

二月の勝者 -絶対合格の教室-

日本テレビ系・土10ドラマ『二月の勝者 -絶対合格の教室-』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第8話『先生! 僕、受験をやめます』の感想。
なお、原作となった漫画・高瀬志帆『二月の勝者-絶対合格の教室』は、未読。 既刊13巻(2021年10月17日現在)を既読。



順(羽村仁成)の両親が面談に現れず、電話で異変に気付いた黒木(柳楽優弥)と佐倉(井上真央)は自宅へ急行。離婚を考える母親の優子(遠藤久美子)は、順を連れて実家に帰るという。保護者面談は続き、親がどんなことを言い出しても即座かつ柔軟に、一人一人に合った学校一覧を示す黒木に、佐倉は圧倒される。そんなある夜、黒木が倒れた。佐倉は灰谷(加藤シゲアキ)に連絡し…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まえがき

原作は既読ですがが、基本的に原作となった漫画と、実写ドラマ版は比較しない立ち場。また、ネタバレしないように感想も書くつもりです。

前回の第7話まで、2種類のドラマに変化してきたのが本作

原作既読だから、書くわけではないが。そそそろ最終章と言うか、最終回に向けて、いろいろ固めて行くと期待した第8話。

これまでも、第1話から第3話までは、私の予想していた、「最強・最悪のスーパー塾講師が、中学受験から現代社会の問題に切り込む斬新なお受験ドラマ」とは正直 “無縁” に近い「ただの、誰もが思いつきそうな中学お受験ドラマ」だった。

それが、第4話から、いよいよ “曲者” の黒木(柳楽優弥)が活躍し始め、第6話から佐倉(井上真央)が “お目付け役” 的な存在で黒木の暴走を止める係になって、面白味が更に増したのが、前回の第7話まで。

第8話で、三度目の方向転換が行われたような錯覚に陥った

しかし、この第8話を見て、三度目の方向転換が行われたような錯覚に陥った。そもそも「塾」が舞台なのに、生徒の自宅であれこれやるのも、個人的にはどうかと思うが。

それ以前に、本作の面白さは、塾講師である黒木の独特な論理展開による、中学受験から現代社会の問題に切り込む斬新な “解決までの過程と結果” のはず。なのに、序盤での順(羽村仁成)の両親が面談に現れないエピソードにしても結末が曖昧だし。保護者面談のシーンも見飽きた感じ。

更に、黒木が倒れるようなエピソードが、本作の第8話に必要なのかってこと。別に無くても、第7話までで、「最強・最悪のスーパー塾講師が、中学受験から現代社会の問題に切り込む斬新なお受験ドラマ」になっていたのだから、それを裏切るようなエピソードは要らなかったのでは?

黒木を通して何を描きたいのか、見えなくなってしまった!

残り数話。今後の展開次第と、結末で印象は、四度目に変わる可能性はあるが。今回を見て感じたのは、ハッキリ言って、本作は、黒木を通して何を描きたいのか、見えなくなってしまったと言うこと。ヒューマンドラマ風のお受験ドラマなのか? それとも、塾が舞台の学園ドラマなのか?

確かに、前述通り、第4話から本作らしいドラマとして、放送の度に昇格して来たのは大いに認める。しかし、正直、第4話から、黒木の印象的な出番が減った印象があるし、ラストで決着をつけているだけと言う印象も、一方では感じている。

なぜ、こんな時期にこんなエピソードを描いたのか…疑問

これ、結果的に、題材は良いのに(特に今回は異様な程に) “盛り込み過ぎ” が原因では? 黒木がラストで決着をつけているから、それなりのドラマに仕上がっているが、この段階で、何を視聴者に伝えたいのか分からなくなってしまったのは残念。更に、初めて書くが、ちょこちょこと登場する灰谷(加藤シゲアキ)も正直言って邪魔。

なぜ、黒木一人に絞り込まなかったのだろう。過去に何かあるから。今のドラマには “縦軸” が必要だから? 結局、今回を見た限りでは、「現代社会の問題に切り込む」までには至っておらず、「問題児や問題のある家庭の解決」止まり。もう一度書くが、なぜ、こんな時期にこんなエピソードを描いたのか… と、思う。

あとがき

黒木そのものの存在が、完全に “フィクションでしか存在できないキャラクター” なのですから、中途半端なリアリティーよりも、フィクションだから描ける “黒木らしさ” を最大限に全面に出して、エピソードは絵空事で良いと思いますが。それなのに…

要は、黒木の論理展開が楽しめるだけで十分だと思います。なぜ、ここへきて迷走しているように見せてしまったのか? 残念です。残り数話の展開と最終回に期待しようと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※楽天市場は、全13巻セットあり。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※【初回特典】は各ショップの購入ページで、ご確認下さい。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16321/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

二月の勝者-絶対合格の教室- 第8話「先生!僕、受験をやめます」

電話越しに聞こえる、ただならぬ家庭のアクシデントから始まった、オープニング。今回は、幾多の家庭の保護者対談が描かれるのですが、親の期待と思惑。子供のキモチ…千差万別で「…なるほどなぁ」なものがありました。…羽村仁成&遠藤久美子らの、“島津家”、など、受験がきっかけで、崩壊の危機。個人的には、双子で学力差がある兄弟で、「せめて、受験だけでもしてみたかった」って子供の意欲が印象的でした。そして、...

土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』第8話

内容島津順(羽村仁成)の母・優子(遠藤久美子)からの電話に、何かを感じた黒木(柳楽優弥)と佐倉(井上真央)は、島津家へ向かった。到着すると、家の外でも騒ぎになっていた。中は、荒れていて、父・弘(金子貴俊)が。。。。いた。優子、順は、出て行ったという。そんななか、保護者面談が行われ。。。。敬称略脚本、成瀬活雄さん演出、山田信義さん今作って、何を描きたいんだろう??別にね。生徒の家で、何があろう...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: