ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

恋です!ヤンキー君と白杖ガール (第8話・2021/12/1) 感想

恋です!ヤンキー君と白杖ガール

日本テレビ系・新水曜ドラマ『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』

公式サイトWebsiteTwitterInstagram

第8話『恋敵はデキる奴』・ラテ欄『初恋の人の思わぬ言葉に涙あふれて… ヤンキー君が聖夜の大ピンチ!? 白杖ガールの未来予想図は?』の感想。
なお、原作の漫画・漫画・うおやま『ヤンキー君と白杖ガール』は、未読。



ユキコ(杉咲花)が初恋の相手・緋山(小関裕太)と再会。森生(杉野遥亮)はユキコから昔の話だと説明されるが、獅子王(鈴木伸之)に「実らない恋ほど強く残る」と言われて動揺する。そんな中、茜(ファーストサマーウイカ)が出店するクリスマスイベントの手伝いを頼まれたユキコと空(田辺桃子)は、緋山の後押しで承諾。森生は自分も手伝うと言い、緋山に対抗心を燃やす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・うおやま『ヤンキー君と白杖ガール』
脚本:松田裕子(過去作/花咲舞が黙ってない、東京タラレバ娘、正義のセ、レンアイ漫画家)
脚本協力:室岡ヨシミコ 第6,7,8
演出:内田秀実(過去作/あな番、ウチの娘は、彼氏が出来ない!!) 第1,2,5,8
   狩山俊輔(過去作/フランケンシュタインの恋、高嶺の花、俺のスカートどこ行った?) 第3,4,7
   今和紀(過去作/サムライカアサン) 第6
音楽:得田真裕(過去作/監察医 朝顔シリース、家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、ナイト・ドクター)
主題歌:JUJU『こたえあわせ』



定番のネタをうまく全体の中に取り入れ、楽しかった第8話

視覚障害者が主人公であるドラマではあるが、基本的にはそれ以外は、あくまでも “ラブコメ”。だから、全話のどこかには、主人公のライバルが登場して、話をかき回すのは、一種の定番エピソード。そんな定番のネタをうまく全体の中に取り入れながら、本作らしさの象徴である “白杖” を活かした全体の雰囲気もきちんと漂っており、全体的には楽しかった。

第6話から「脚本協力」が加わってから、明らかに"恋バナ"要素が増えたのが気になっていた

ただ、気になることが。まずは、第6話から、「脚本協力」として富岡ヨシミコ氏が加わってから、明らかに “白杖” より “恋バナ” の要素が増えたこと。

今回も、全体の中で最も印象的だったのが、ユキコ(杉咲花)を取り合う、初恋の相手・緋山(小関裕太)と森生(杉野遥亮)、そしてちょっぴり加わった同級生の青野(細田佳央太)の部分になってしまった。これは、敢えて詳細は省くが、前回も前々回も、視覚障害の部分が薄まっていた。

なぜ、“白杖” の方が “恋バナ” より勝たないと、強調されないと、私が気になる理由は簡単で。要は、誤解を恐れずに書けば、ドラマの中のユキコから “白杖” を取ってしまったら、「普通の人と変わらない」から。いや、それが当然で、世の中自体がそうなるべきなのは、十分承知しているのだが、これは、リアルでなくフィクションのドラマだから。

今回は、二人を応援する脇役の親友たちの使い方が良かった

従って、(本当に申し訳ないが)ドラマの中のユキコから “白杖” を取ってしまったら、ユキコと森生の “恋バナ” よりも、二人を応援する脇役の親友たちの方が、“白杖” を常に意識した描写になっており、我が身を振り返る意味でも、勉強にもなるし、好感を持ってみることが出来ているし、何より、普通に面白い。

それが、残念ながら、「脚本協力」が加わった第6話からの本作への、率直な感想だ。本来なら、ユキコこそ、自分以外の “白杖” を常に意識した描写になっているのを見たいくらい。それ位、“恋バナ” 重視は、本作に似合わないと思う。どうか、さじ加減で調整して欲しい。

空と青野、二人の言動が、本作の軌道修正を正しくやった!

とは言え、今回は、ユキコの親友の空(田辺桃子)と、同級生の青野の存在と、二人の言動が、作品全体の雰囲気を、若干だが、第5話までに戻したし、「やや恋バナ中心」から距離を置いた内容にして、本作の軌道修正を正しくやったのは間違いないし、良かったのは、書かざるを得ない。

もっともっと、ユキコと森生が一緒にいるところを描いて欲しい、見たい…

こんな愚痴っぽいことばかりを書いてはいるが、それは私が本作が好きだし、最終回まで期待しているから。だから、面白くないなんて、これっぽっちも思っていない。ただ、もっともっと、ユキコと森生が一緒にいるところを描いて欲しい、見たい… と言うのが、<私>の本音なのだ。

あとがき

やはり、今回の中盤で描かれた、ユキコが森生の手を温めて歩くところに、偶然に緋山が通り掛かる切なさとか、後半でのクリスマス・ツリー前での二人のやり取りとか、終盤のユキコの自宅での森生との本音の吐露とか。全体の中での、ユキコと森生が “相思相愛” と言う放送尺や印象が、今回くらいの程良い塩梅で描いて欲しいのです。

ですから、ユキコと森生を別々に描くシーンや、そうなってしまうようなエピソードは、極力少なめにして欲しいと言うことです。それが、視覚障害者の主人公の “白杖ガール” と、見た目で嫌な思いをしてばかりの “ヤンキー君” のラブコメだと思うから。そして、最終回まで、この調子で、ユキコと森生が一緒にいるシーンを増やして、盛り上がって欲しいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※遂に、待望のサントラ盤の発売が決定!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16311/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~ 第8話「初恋の人の思わぬ言葉に涙あふれて…ヤンキー君が聖夜の大…

原作は、WEB連載で、閲覧数累計2,000万PVを突破した、うおやまの同名作品。今回は、ユキコ(杉咲花)の初恋の相手。緋山(小関裕太)が、あらわれ、そのイケメンぶりと、「出来すぎ」クンぶりに、圧倒され、その完敗ぶりに凹む、森生(杉野遥亮)が、可愛かったです。遊び心イベント。料理勝負には笑えました。(原作には、あったのかな?)ユキコ(杉咲花)と、同級生の空(田辺桃子)が、地域イベントの、クリス...

水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第8話

内容就職支援の講師としてユキコ(杉咲花)の盲学校にやって来たのは、幼なじみで初恋相手の緋山(小関裕太)だった。ふたりの親しげな様子に、森生(杉野遥亮)は動揺する。そんななか、地域のクリスマスマーケットに出店する茜(ファーストサマーウイカ)に、手伝いを頼まれるユキコ、空(田辺桃子)迷っているふたりに、緋山が背中を押し、参加することに、その話を聞いていた森生も、手伝いを志願する。敬称略脚本、松田...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: