ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

アバランチ (第7話・2021/11/29) 感想

アバランチ

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『アバランチ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第7話『戦争』、ラテ欄『戦争・逆転に次ぐ逆転!! 攻防戦の行方は』の感想。



羽生(綾野剛)は、公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と素顔で対面。ドローンカメラを通じて山守(木村佳乃)らがその模様を見守る中、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕である大山(渡部篤郎)の真の狙いについて証言するよう迫る。しかし、戸倉はその答えの代わりに、「3年前の事件を終わりにしよう」と羽生に銃口を向ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:丸茂周(過去作/科捜研の女11,12 特捜9 season2) 第1,4
   酒井雅秋(過去作/絶対零度2010,2011、レッドアイズ監視捜査班) 第2,5
   武井彩(過去作/純烈ものがたり) 第1,4
   掛須夏美(過去作/ゼロ エピソードZERO) 第3
   藤井道人(過去作/新宿セブン、向かいのバズる家族) 第5
   青島武(過去作/dele) 第6
   小寺和久(過去作/Not Famous(箱庭のレミング) 7
総合演出:藤井道人(過去作/新宿セブン、向かいのバズる家族) 第6,7
演出:藤井道人(過去作/新宿セブン、向かいのバズる家族) 第3,5
   三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、10の秘密、姉ちゃんの恋人) 第2,4,7
   山口健人(過去作/) 第3,6
音楽:堤裕介(過去作/映画「デイアンドナイト」)
主題歌:UVERworld「AVALANCHE」



前回から始まった「第二部」として、本格的に面白くなった

謎の集団の過激で痛快な活躍を描くドラマとして、アクションの魅せ方も良いし、今回のサブタイトル『戦争』に相応しい戦いとしての面白みもある。更に、今回では結末を意識した展開がさり気なくチラリと見えたりして、前回から始まった「第二部」として、本格的に面白くなっているのは間違いない。

また、予断を許さないようなスリリングな展開とアクション。巧みに作り込まれた台詞でのやり取りも、見応えが増した。

黒幕である大山の真の狙いが、若干だが中途半端に見えてしまっているのが残念…

ただ、気になるのは、今後の展開ではなくて、黒幕である大山(渡部篤郎)の真の狙いが、若干だが中途半端に見えてしまっていること。だって、明瞭ではないが、「日本版CIA』的な組織が存在することを、大山自身が表現しているから、今後、「日本版CIA』的な組織以上の “何か” が他にもあるのか、モヤモヤするのだ。

まあ、まだ「大山 VS アバランチ」の構造が面白いから、楽しめているが。もう少し、先を感じさせていいような…

あとがき

第7話を見て感じたのは、やはり、第5話を「エピソード・ゼロ」として、ストーリーを切り替えたことが成功したようですね。第1話の雰囲気のまま進んでいたら、今回のようなスリルある映像や、綾野剛さんを更に活かしたエピソードを創るのは、難しかったでしょうから。

あと、望むことは、ただ一つ。出演者がお目当ての視聴者以外の人にも「先が見たくなる連ドラ」になって欲しいと言うこと。実は、それが一番難しいですが、「万人受け=ドラマの成功」ではないですしね。次回も見守ります。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます! また、レビューを読むと、配送がAmazonより楽天市場の方が良いようです。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16302/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

アバランチ 第7話

公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と素顔で対面した羽生(綾野剛)。 ドローンを通じて、山守(木村佳乃)たちが見守っていました。 羽生は、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕・大山(渡部篤郎)の真の狙いについて証言するように迫ります。 戸倉はその答えの代わりに銃口を羽生に向けますが、撃たれたのは戸倉の方でした。 極東リサーチには、明石(高橋メアリージュン)と顔見...

アバランチ 第7話

内容ついに、公安時代の上司で警視庁の刑事部長ある戸倉(手塚とおる)に接触した羽生(綾野剛)は、3年前の真相について告白するよう要求する。だが戸倉は、羽生に銃口を向ける。直後、銃声が鳴り響く。。。。倒れたのは戸倉だった。それからすぐ、戸倉殺害のニュースが流れる中、“アバランチ”が犯行声明を出す。大山(渡部篤郎)により、テロリストとされた“アバランチ”羽生たちは、大山が起こそうとしているテロにつ...

アバランチ AVALANCHE #07

『戦争・逆転に次ぐ逆転!!攻防戦の行方は』

アバランチ 第7話「戦争・逆転に次ぐ逆転!!攻防戦の行方は」

カンテレ制作だけに「らしさ」が前面に。かなり、好みが分かれそうだけど、人気者、美形達、クセモノ系と勢揃いで、かなりスパイシーな・劇場型ピカレスク・エンターテインメント。個人的にが、「相棒」でさえ、巨悪系は、やや苦手ゆえ、政治家、官僚、大企業に痛快パンチ、アクションも満載で… お好きな方、少なくなさそう。ついに、物語も終盤。日本版CIA創立のため、犠牲や手段をいとわない大山によって張りめぐらさ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: