ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

最愛 (第7話・2021/11/26) 感想

最愛

TBS系・金曜ドラマ『最愛』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第7話『新たな事件の幕開け! 離ればなれになった二人の想い…』の感想。



梨央(吉高由里子)はしおり(田中みな実)から、真田グループの不正を追及される。一方、加瀬(井浦新)の尽力で昭(酒向芳)の死に関わっていないと証明された優(高橋文哉)は、梨央と一緒に暮らし始め、新薬の治験を受けることを決意。そんな折、大輝(松下洸平)と桑田(佐久間由衣)は15年前の事件関係者と判明したしおりと接触し、昭の事件への関与の可能性をつかむが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:奥寺佐渡子(過去作/夜行観覧車、Nのために、わたし、定時で帰ります) 第1,2,3,5,6
   清水友佳子(過去作/夜行観覧車、わたし、定時で帰ります、朝ドラ「エール」) 第4,7
演出:塚原あゆ子(過去作/アンナチュラル、グッドワイフ、グランメゾン東京、MIU404) 第1,2,5
   山本剛義(過去作/凪のお暇、コウノドリ2、わたナキ、オー!マイ・ボス!恋は別冊で) 第3,4,7
   村尾嘉昭(過去作/アンナチュラル、Nのために、キワドい2人、死にたい夜にかぎって) 第4,6
音楽:横山克(過去作/わろてんか、映画「ちはやふる」シリーズ、ドリームチーム、メネシス)
主題歌:宇多田ヒカル「君に夢中」



流石に前半の殆どが、ほぼ内容がないのは、如何なものか?

前半、殆ど事件のことが描かれず、ただ、梨央(吉高由里子)が優(高橋文哉)と同居を始め、治験を受けることになったってことだけ。これで良いのだろうか。その上、吉高さんが優と楽しそうに話す時だけ、梨央ではなく “タタレバ娘” になってしまって(笑)

まあ、前回で事件が落ち着いて、最終回への助走段階だろうから、少し違った展開を… と言う感じなのだろう。でも、流石に前半の殆どが、ほぼ内容がないのは、如何なものかと思う。

"恋バナ"の印象が強くなり、別のドラマを見ているような感覚に陥ってしまった

更に、ドラマの構成として気になるのは、恐らく本作の “縦軸” であろう、主人公らが直接かかわっていないと予想される「真田グループの不正に」を強調し始めたこと。

そのために、主人公が、初回から描いている事件のことと、この “縦軸” によって、言動が別々になり、 結果として見せ場が “恋バナ” になってしまったこと。サスペンスだったのに… だ。確かに、幼馴染同士だから、アリと言えば、アリなのだが。私にとっては、別のドラマを見ているような感覚に陥ってしまったのが残念…

第7話で「新たな事件」が幕開けしてしまって、最終回までに収拾がつくのか?

そして、後半の後半、終盤で、やっと物語が動き出した(ホッ!) しかし、この「新たな事件」が幕開けしてしまうと、15年前の “全ての始まりの事件” は、どうなったと解釈すべきなのか、分からなくなった。決着は着いていないとは思うが、残りの数話、そして、最終回で、このモヤモヤしたものを、取り去ってくれるのか? そこに注目したい。

あとがき

本作、第5話くらいまでは、とても興味深かったし、面白く見ていました。

しかし、第6話あたりから、雰囲気が「謎解き」と言うより、「後出し」になっているように見えています。微妙な違いなのですが、最終回に向けて、記者の件を強調するのを加えたために、いろんなことが「理由の付け足し」の印象が強くなって、不明瞭さが増しているような気がしてなりません。

第5話までの勢いに対して、かなり勢いが失速気味…。何とか、持ち直して有終の美を飾って欲しいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16287/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

最愛 第7話

梨央(吉高由里子)の前に現れたしおり(田中みな実)は、真田ウェルネスの不正について追及します。 話が見えない梨央はその場を去りますが、しおりの自分や優(高橋文哉)のことを昔から知っていたかのような口ぶりに違和感を抱きます。 加瀬(井浦新)の尽力によって、昭(酒向芳)の死に関与していないことが証明された優は、梨央と一緒に暮らすことになります。 さらに、加瀬の言葉で前向きになった優は、新薬...

最愛 第7話「新たな事件の幕開け!離ればなれになった二人の想い…」

さすが、数々の名作を生み出した、毎回、話題になる、TBSの金曜ドラマ。思えば、あの神曲「レモン」が、「ここぞ!」な場面に流れて、抜群の効果。紅白の目玉にまでなり、その後、2年間もヒットし続けた、名作「アンナチュラル」も、この枠でした。やはり、独特の雰囲気を持つ、サスペンスは強いですね。本作は、「Nのために」と、「匂いが似てる」と指摘されつつ、過去と現在が交錯しつつ、物語が展開。殺人事件の重要...

金曜ドラマ『最愛』第7話

内容梨央(吉高由里子)のまえに現れたしおり(田中みな実)は、真田グループの不正について言及する。そのうえ、しおりは、まるで昔から知っているような口ぶりで。。。一方、加瀬(井浦新)の働きかけと、目撃証言により、渡辺昭事件が振り出しに。大輝(松下洸平)らは、渡辺康介と繋がりのあるしおりから、話を聞くが、アリバイが。。。そのころ梨央は、優(高橋文哉)に、新薬の治験について説明する。敬称略脚本、清水...

最愛 #07

『新たな事件の幕開け!離ればなれになった二人の想い…』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: