ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

SUPER RICH (第6話・2021/11/18) 感想

SUPER RICH

フジテレビ系・木曜劇場『SUPER RICH』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第6話『反撃開始! 一世一代の大バクチ』の感想。



空(町田啓太)、優(赤楚衛二)との関係が複雑化し、困惑する衛(江口のりこ)。碇(古田新太)はそんな衛に自分の気持ちに正直になるよう告げる。一方で、森ノ宮(矢野聖人)が社長を務める携帯電話会社との提携に向け、リリカ(志田未来)らと策を練る優は、アルバイトの城戸(結木滉星)の言葉をヒントにある作戦を実行。衛と今吉(中村ゆり)は森ノ宮の会社の重要人物を抑える手立てを探る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:溝井英一デービス(過去作/『監察医朝顔』脚本協力、将棋めし)
脚本協力:杉原憲明(過去作/アプリで恋する20の条件) 第4,5
演出:三橋利行(過去作/『監察医 朝顔2、トレース~科捜研の男~、コンフィデンスマンJP) 第1,5,6
   平野眞(過去作/監察医 朝顔シリーズ、ショムニシリーズ、HEROシリーズ) 第2
   相沢秀幸(過去作/アンサング・シンデレラ、トレース~科捜研の男) 第3
   阿部雅和(過去作/監察医 朝顔シリーズ、シ婚活刑事) 第4
音楽:fox capture plan(過去作/ヤメゴク、ケンカツ)
主題歌:優里「ベテルギウス」

"エピソード過多"がドラマ全体の足を引っ張り、散漫&迷走しているように見えてしまっているのが残念…

今回も、いつも通りに “エピソード過多”の第6話。ドラマとしては、それなりにドラマチックに描いており、悪くない部分もあるのは認める。しかし、ほぼ全てのエピソードが唐突で連続性に欠けるため、説得不足な展開や、意味不明な展開が多いように見えてしまう。

もちろん、 「江口のりこさんが初主演ドラマだから見ている私」にとっては、“無意味なエピソード群” とは言わないが。でも、やはり、“エピソード過多”がドラマ全体の足を引っ張って、バラバラに見えてしまい、それが原因で、迷走しているようにまで感じさせてしまうのが残念だ。

【気になったこと1】"仕事"と"恋バナ"の両方に興味関心を抱かせるようなエピソードや演出が無かった

さて、私の勝手な意見だが。今回を見て、とても気になったことを書いておく。本作って、最初から “仕事” と “恋バナ” を同時並行で描くことで、本作らしい面白味を生む作品だと思っていたのに。今回に至っては、残念ながら、“仕事” と “恋バナ” の両方に興味関心を抱かせるようなエピソードや演出が無かったこと。

【気になったこと2】「物語を進めるための脚本家が書かざるを得ない台詞」が連続しっ放しで「ドラマ」らしくない

もう一つは、これまで以上に、「登場人物から自然に発せられた言葉」が皆無で、逆に「物語を進めるための脚本家が書かざるを得ない台詞」が、連続しっ放しだったこと。これは、ドラマとしては、最も面白さを感じない、やるべきでない脚本の悪例だ。

こうなると、「登場人物が動いて物語を動かす=ドラマ」と考えている私にとっては、今回を虚構の中に真実が見える「ドラマ」であると言うのには、かなり無理があるのだが…>

あとがき

そもそも論として。氷河衛(江口のりこ)たちの会社は、ほぼ倒産状態だったはず(完全倒産では無いように見えたから)。そうなると、今の彼女たちの収入源は何なのでしょうか? 収入源のために仕事をしているようにも見えませんし。

逆に、テレビに映っていない脚本家の脳内だけに、「収入源が見える」のなら、事務所の移転など無しに、最初から “恋バナ一筋” にしてしまった方が良かったような気がします。益々、迷走していますね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16250/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜劇場『SUPER RICH』第6話

内容衛(江口のりこ)が宮村(町田啓太)に抱きしめられている場面に、遭遇してしまった優(赤楚衛二)と碇(古田新太)優は。。。。その後、衛たちは、“三日月モバイル”への提携企画について、再検討を開始。だが専務の大河(田山涼成)が会社を牛耳っているため。。。。敬称略脚本、溝井英一デービスさん演出、三橋利行さん相変わらず、描いていることが異様に多い今作。無理矢理、ドラマティックに描いている部分もある...

SUPER RICH 第6話

衛(江口のりこ)が宮村(町田啓太)に抱き締められているところを目撃してしまった優(赤楚衛二)は、宮村に関係を問い質します。 言い争う2人を仲裁した衛に、優は宮村からお金を借りたことを伝えて、返済のために夜間のアルバイトを始めると言います。 一緒に来ていた碇(古田新太)も話の展開に興味があったので、同席していました。 そんな中、森ノ宮(矢野聖人)が社長を務める携帯電話会社との提携企画を進...

SUPER RICH 第6話「衛の過去が明らかに…優の奮闘!大博打は何賭ける」

前クールあたりから、ぐいぐい頭角とあらわし、独自なる存在感な、江口のりこが、ついに、主人公に抜擢。ネットでの拡散で、世界的に注目を集めたドラマ、まほチェリ・の、イケメン・コンビに慕われたり、普通なら、これで「年の差ラブ」展開カ?と思いきや、お笑いみたく、平然としてハズしたり、かなり異色展開して、これまた話題になりそうです。志田未来が配されてる時点で、既に局側でも、力が入ってます。好みは分かれ...

SUPER RICH #06

『衛の過去が明らかに…優の奮闘!大博打は何賭ける』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: