ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

二月の勝者 -絶対合格の教室- (第5話・2021/11/13) 感想

二月の勝者 -絶対合格の教室-

日本テレビ系・土10ドラマ『二月の勝者 -絶対合格の教室-』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第5話『塾では道徳は教えません!』の感想。
なお、原作となった漫画・高瀬志帆『二月の勝者-絶対合格の教室』は、未読。 既刊13巻(2021年10月17日現在)を既読。



テストの結果によるクラス分けが発表され、子ども達ばかりか佐倉(井上真央)ら講師も一喜一憂。黒木(柳楽優弥)は夏期講習の終わりに再度Ωクラスに昇格できる選抜テストを実施すると話す。そんな中、Ωでトップの順(羽村仁成)の母・優子(遠藤久美子)が、夏期講習の方針を聞きに来た。そして、過酷な夏期講習が始まる中、順とAクラスの海斗(伊藤駿太)が取っ組み合いのけんかになり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・高瀬志帆『二月の勝者-絶対合格の教室』
脚本:成瀬活雄(過去作/パラレル東京 DAY1~DAY4)
演出:鈴木勇馬(過去作/東京タラレバ娘、今日から俺は!、俺の話は長い、恋はDeepに) 第1,2,5
   国本雅広(過去作/デカワンコ、保育探偵25時、カンナさーん!、青のSP) 第3
   久保田充(過去作/家売るオンナの逆襲、ボイス110緊急指令室、君と世界が終わる日に) 第4
音楽:小西康陽(過去作/正義の味方、デカワンコ、東京全力少女、戦力外捜査官)
主題歌:DISH//「沈丁花」
テーマソング:NEWS「未来へ」



まえがき

原作は既読ですがが、基本的に原作となった漫画と、実写ドラマ版は比較しない立ち場。また、ネタバレしないように感想も書くつもりです。

より私が求めていた "ドラマ" らしく仕上がった第5話!

第5話で全話の折り返し地点なのか知る由もないが。個人的には、これまでの本作のエピソードとは異なった次元、いやレベルでストーリーの構成や展開、運びが “微妙” に異なっていた。「異なった次元」と「微妙」が共存するのか? と言う質問が届きそうだが。

「ちょちょいと手直しで出来るような変化ではなく、微妙なちがいってこと。演出担当も第1,2話を担当した鈴木勇馬氏だから、本作のメイン監督。従って、後半戦への軌道修正なのか、はたまた更なる視聴率アップ向上作戦なのか。

いずれにしても、微妙に異なっていたことで、まず、分かり易く描いて視聴者の共感を得るべき部分を、より丁寧に点々と盛り込んだ上に、前述の通り、第1,2話の頃のような “本作らしさ” である「最強・最悪のスーパー塾講師に! 中学受験から現代社会の問題に切り込む」部分を強調して、より私が求めていた “ドラマ” らしく仕上がった。

第3,4話は、黒木が持つ独特な指導方法で魅せるより、ドラマの完成度を上げるべきだった…

やはり、第3,4話は、ドラマに “加速感” を進んで行きたいから、どうしても“本作らしさ” である「最強・最悪のスーパー塾講師に! 中学受験から現代社会の問題に切り込む」部分が、優先されて来た。従って、黒木(柳楽優弥)の “手口” を見るのは面白かったが、ストーリーらしきものが薄かったのだ。

確かに、黒木が持つ独特な指導方法を見るのも、本作の大きな楽しみの一つではある。問題は、一つではあるが、全体であってはいけないってこと。なぜなら、これは “ドラマ” だから “ストーリー” が必要で。特に本作では、私が良く言う、主人公が物語を強力にけん引していくような「強い物語」が必要なのだ。

「強い物語」の中で、程良いさじ加減で"本作らしさ"がアクセントになった

そして、この第5話で、遂に、“本作らしさ” の面白さと「強い物語」が、見事に合体した。正確に言うなら、「強い物語」の中で、程良いさじ加減で “本作らしさ” がアクセントになったと言うことだ。

ただ、前回までと今回の “差異” って、本当に良く見ていないと分からず、見逃すくらいに微妙。だから、前回まで、特に第1,2話よりも、第3,4話の方が面白かった視聴者には、物足りなかったかも?

でも、私は明らかな “正常進化” だと思うし、第1話から、ずっとこの “さじ加減” で作り込んだ方が、良かったと思う。まあ、演出陣を見ると、さじ加減の模索をやっていた可能性もある。だとしたら、今回のバランスこそ、最適ではないだろうか?

終わり方がスッキリしないと言うか、モヤモヤしたと言うか…

さて、ストーリーとしては、単純に面白かったかどうか。確かに、家や家庭や親子の数だけ「我が家の教育方針」と言うのがあるとは思う。ただ、個人的には、終わり方がスッキリしないと言うか、モヤモヤしたと言うか。流石に、あの父親では、息子が可哀想過ぎるような。

とは言え、ストーリーとは離れるが、Ωでトップの順 役の羽村仁成くんも、Aクラスの海斗 役の伊藤駿太くんの演技が凄かった。何せ、俳優・柳楽優弥と女優・井上真央と張り合うのだから、大したものだ。

あとがき

もう少し、スッキリと終わって欲しかったです。でも、“ドラマ” としての完成度は、これまでで一番良かったのは間違いないです。次回にも大いに期待します。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※楽天市場は、全13巻セットあり。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※【初回特典】は各ショップの購入ページで、ご確認下さい。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16223/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』第5話

内容成績が張り出され、一喜一憂する生徒たち。それにより、クラス替えが行われていく。黒木(柳楽優弥)は、佐倉(井上真央)らに夏期講習中にテストを行うと告げる。成績次第でΩクラスへの編入するという。そのころ島津順(羽村仁成)の母・優子(遠藤久美子)と父・弘(金子貴俊)が、勉強方法で対立。塾の言うとおりにという優子だが、弘は、それを否定。独自の勉強方法を息子に命じていた。そんななか、Ωクラスの島津...

二月の勝者―絶対合格の教室― #05

『塾では道徳は教えません!』

二月の勝者-絶対合格の教室- 第5話「塾では道徳は教えません!」

本作は、累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気漫画が原作。主人公の最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を柳楽優弥、冷徹な黒木に反発する新任講師・佐倉麻衣を井上真央、黒木に執着し続ける超名門中学受験塾のトップ講師・灰谷純を加藤シゲアキが好演。異彩を放つオーラと風貌の、校長・黒木(柳楽優弥)が、なぜ、桜花ゼミナール以外の場所で教えているのか、紗良の祖父・桜花ゼミナールの社長・白柳...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: