ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

よるドラ「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」〔全7回〕 (第1話・2021/11/8) 感想

よるドラ「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」

NHK総合・よるドラ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし。』
公式リンクWebsiteTwitterInstagram
第1話『やっぱりワインレッドかしら?』の感想。
なお、原作となったエッセイ&短編小説、阿佐ヶ谷姉妹 著『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』は、未読。



アルバイトをしながら阿佐ヶ谷姉妹という‘疑似姉妹’のお笑いコンビで活動するエリコ(木村多江)とミホ(安藤玉恵)は、共に東京・阿佐ヶ谷在住。エリコの狭い部屋にミホは入り浸り、エリコはいっそのこと2人で暮らそうと提案するが断られる。実はエリコがミホとの同居を望むのは一緒にいると楽しいからだった。そんな折、エリコの部屋にミホが突然引っ越してくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:阿佐ヶ谷姉妹 著『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』
脚本:ふじきみつ彦(過去作/バイプレーヤーズ1,2、きょうの猫村さん)
演出:津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん)) 1
   堀内裕介(過去作/ひよっこ、西郷(せご)どん)
   新田真三 (過去作/あさが来た、べっぴんさん、トクサツガガガ)
   佐藤譲(過去作/てるてる家族、マチ工場のオンナ、スカーレット)
音楽:高城晶平(cero)、王舟
語り:きたろう
挿入歌:「Heighborhood Story」阿佐ヶ谷姉妹

遂に、期待の「よるドラ」第2弾の第1話が始まりまった

昨夜、緊急で初の【速達】を使って、読者の皆さんに放送と感想を書くことをアナウンスした本作。原作は未読。でも、お笑い芸人の阿佐ヶ谷姉妹は超大好きな私。だから、実写ドラマ化には大きな期待を寄せていたが、その分、事前情報は可能な限りシャットアウトして見始めた、よるドラ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』〔全7回〕の第1話。

モノマネでないドラマの世界にしか存在しない阿佐ヶ谷姉妹が、超魅力的

とにかく、30分を見終えても、感想がまとまらなくて、やっと3回見直して、心を落ち着かせた感想を書いてみる。とは言え、感想を書くべきドラマであるか? それこそが最大の「3回見直し」の原因なのだが。

やはり、何と言っても、モノマネでないドラマの世界にしか存在しない阿佐ヶ谷姉妹が、超魅力的。今後は様々なご近所さんたちが登場するそうだが、特に、第1話の見所は、エリコ(木村多江)とミホ(安藤玉恵)の何気ない会話。

四捨五入すると50歳になる女性の声が、50歳代のオジサンに響く

四捨五入すると50歳になる女性であれば、誰もが「そうそう!」って感じのやりとりが、四捨五入しなくても50歳代のオジサンの心に、ドキュ~ン&バキュ~ンと “クスクス笑い” と一緒に飛び込んでくる感覚。

本物と劇中の阿佐ヶ谷姉妹の共通点は、自分たちの客観性

原作と実写ドラマ版は基本的に比較しない立場の私だが、今回だけは、本物と劇中の阿佐ヶ谷姉妹について、少しだけ語りたい。

まず、両方に共通するのは、女性芸人にありがちな出しゃばる感じとか不快感が殆ど感じられないこと。兎角、売れると天狗になって、お笑いを捨て、違うジャンルに進みがちだ。でも、阿佐ヶ谷姉妹にそれは感じない。と言うか、実はこちらが予想しているよりも、自分も自分たちのことも客観視しており、それが独特のやり取りの原点のような気がする。

超豪華キャスト&スタッフで描く、ほっこり&のほほんとした、優しい人たちの物語

そして、その自分も自分たちのことも客観視している独特のやり取りが、このドラマでは、完全コピーできる実力の二人の女優さんが、“女優の演技のベール” を一枚だけまとって、魅せてくれたことに “女優魂” を見た。

よるドラ枠としては、前作よりも刺激は少なめだが、とにかく、私が週の始めの月曜日の夜に求める、ほっこり&のほほんとした、優しい人たちの物語。脚本は、あの名作ドラマ『きょうの猫村さん』のふじきみつ彦氏。4人の演出陣は全員大河ドラマor朝ドラ経験者と言う豪華スタッフで描く、このドラマ。お子様には、少し難しいかも…

あとがき

こう言う仕上がりになるんですね。期待以上の出来で、第1話としては満足です。阿佐ヶ谷姉妹をご存知の方も、知らない人にも、是非とも、月曜日の夜に見て、のんびり過ごして欲しいドラマの誕生です!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16200/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし 第1回「やはり、ワインレッドよね」

まさか、阿佐ヶ谷姉妹が、ドラマになる日がやってくるとは!原作は、おふたりが書いた同名エッセー。姉の江里子を、木村多江。妹の美穂を安藤玉恵が演じていて、雰囲気です。 いつしか、歌い始め、絶妙デュエットになるシーンがあり、その「歌うま」に驚いてたら、その部分のみ、阿佐ヶ谷姉妹が歌ってたみたい、ですね。木村多江、扮(ふん)する江里子は、涙もろく、寂しがり屋で、妹・美穂のことが大好き。ふたり暮らしで...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: