ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

日本沈没―希望のひと― (第4話・2021/11/7) 感想

日本沈没―希望のひと―

TBSテレビ系・日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第4話『関東沈没のはじまり』の感想。
なお、原作となった小説・小松左京『日本沈没』は既読。また、過去のドラマや映画も鑑賞済み。※本作は、今春に全編撮影終了しているため、要望などは書きません。



「半年以内に関東圏沈没。政府が危機対策を検討」との記事が政府発表より先に新聞に掲載された。さらに東山(仲村トオル)が国民に向けた会見を検討しているとの報道まで出て、各所に動揺が広がる。この機に乗じ、日本未来推進会議の場で危機対策を訴える天海(小栗旬)に、常盤(松山ケンイチ)は疑いの目を向ける。一方、新聞に情報をリークした椎名(杏)は官邸の呼び出しを受け…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・小松左京『日本沈没』
脚本:橋本裕志(過去作/LEADERS リーダーズ、死神くん、リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~)
演出:平野俊一(過去作/S最後の警官、インハンド、TOKYO MER) 第1,2
   土井裕泰(過去作/重版出来!、カルテット、凪のお暇、逃げ恥) 第3,4
   宮崎陽平(過去作/下町ロケット、陸王、ブラックペアン、集団左遷!!、半沢直樹2020)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、シャーロックUS,テセウスの船、危険なビーナス、青のSP、恋はDeepに)



回が進む度に"話の縮小化"が見て取れ過ぎて困惑が拡大中…

なんか、放送前は多いに期待しただけに、回が進む度に “話の縮小化” が見て取れ過ぎて困惑している。

確かに「情報源は秘密」なのは “お約束” としても、本来なら前回で大手新聞社が一面報道した時点で、本当の意味での日本国民や首都圏民の恐怖心や危機感を、ありったけの演出力と撮影費用を投入して表現しないと、本作を作った意味が無いのでは?

それをやらなかったのなら、今回の総理の会見を受けた時点で、きちんと、総理の言葉を受け止めた国民たちの映像を挿入するべきだったと思う。それをしないから、冒頭から、官邸内での茶番劇のように見えてしまったのが、本気で残念だ。そして、今回のアバンタイトルでも、まず “そこ” から描くのが、真の人間ドラマだと思うのだが…

日本国民や首都圏民の恐怖心や危機感を、ありったけの演出力と撮影費用を投入して表現しなればいけなかった

なぜ、本当の意味での日本国民や首都圏民の恐怖心や危機感を、ありったけの演出力と撮影費用を投入して表現しなればいけなかったのか?

それは、多くの日本人が、現実の社会の中で、日本政府の新型コロナウイルス感染への後手後手の対応、野戦病院の一つも作れなかった “日本政府の底力の無力さ” に気付いてしまったから。もちろん、ワクチン接種の速さなど評価すべき点はあるが、全体的には不満の方が多かったのでは?

そして、今作がこの春に既に撮影終了している時点で、もっと、今の国民の意識をドラマに反映すべきだったのではないのかと思う。いや、撮影時期と、コロナの感染拡大が広がっている時期が近かったから、おまけをつけて「期待度★4つ」にしたのに…

「政治対決」や「パワー対決」で、視聴者たちを十分楽しませていると言う自負が間違っているのでは!?

本気で表現すべき部分を表現しないのには、次の作り手の根拠が見える。それは、本作は、若くて優秀な管理官たちや、ジャーナリストたちと、ベテランで超強力な政治家軍団たちとの、「政治対決」や「パワー対決」で、視聴者たちを十分楽しませていると言う自負があるのだろう。

しかし、ドラマを良く見れば誰でもわかることだが、「日本沈没」「関東沈没」や「国民」「人命」、そして「経済」などの、如何にも “政府が国民に危機感を煽るような台詞” を並べたところで、見ているテレビの外に、その危機感が伝わっていないのが、今作の現実なのだ。

国民の危機感を蔑ろにして、政治の"パワー・ゲーム"ばかりでは飽きて来てしまった

ドラマとして、連ドラとして、若い官僚とベテラン政治家たちの “パワー・ゲーム” を描くのは間違っていない。更に、『日曜劇場』としては、やって当然とも言える。しかし、もう撮影終了しているドラマの感想でムキになっても意味はないが。

今作が、悉く “雑” に描いている “国民たちの危機感” は、あんな映像では表現できていない。むしろ、そこが「出来る!」と判断してから、制作に進むべきだったのでは? 流石に、「我が身=国民の危機感」をきちんと丁寧に描かずに、“パワー・ゲーム” ばかりでは飽きて来てしまった。

会議や表現が、エキストラの選び方、スタジオセット選択を含めて軽過ぎる

更に言えば、あの閣僚らの出席している会議や会合の表現だが、エキストラの選び方、スタジオセットやロケ現場の選択を含めて、少々 “軽過ぎる” と思う。制作費の予算の関係もあろうが、「日本の一大事」を議論する会議と言うより、大手スーパーチェーンの幹部や店長会議程度にしか見えなかった。

やはり、もっと日本SFの金字塔『日本沈没』をドラマの冠に掲げるなら、もっと「国民は怯えています」がリアルに映るように作って欲しかった。せめて、そこだけでも描かれていれば、サブタイトル「―希望のひと―」の部分にも期待できたのだが。この現状で撮影済みとなれば、自ずと私の答えも出て来そうである。

大騒ぎしている主人公の出ずっぱりで、肝心の物語が描かれていない!

そして、第4話にして、回が進む度に “話の縮小化” が見て取れ過ぎている大きな理由が、主人公を登場させ過ぎている上に、彼に大騒ぎばかりさせている描写の連続で、肝心の “ストーリー” を描いていないこと。

ただ、報道がどう報じているとか、公務員たちは何ををしてるとか、そんなカットを幾ら山済みしても、天海(小栗旬)や常盤(松山ケンイチ)の必死の形相を編集で繋いでも、話自体は、正直 “官僚たちの内輪話” に見えてしまっている。ここが、本当に残念でならない。

早く、私の予想を裏切って、2023年の東京を舞台にした“首都圏沈没”と言う未曾有の危機が迫る中で、諦めずに未来を信じ続けた者たちの究極の人間ドラマに進んで欲しい。

あとがき

これだけ「国民」「経済」「人命」と連呼しているのに、関東圏の住民の描写の安っぽさと少なさに唖然とするばかりでした。

それと、最後に『ディレクターの目線blog』らしい指摘をします。

ラストシーンで、天海(小栗旬)と椎名(杏)が、破壊していく道路を手を取り走って逃げるシーンがありましたが、カメラは道路にフィックス(固定)でした。今どきのドラマなら、せめて手持ちカメラで二人と向き合って撮影した方が良かったと思いますよ。日本沈没だって時に、三脚使って固定カメラで撮影って…(失笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16192/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

日本沈没-希望のひと- 第4話

新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出ました。 里城(石橋蓮司)や長沼(杉本哲太)がネタ元の特定に躍起になっている中、東山(仲村トオル)は椎名(杏)を呼び出して問い詰めますが、彼女は東山が会見をするべきだと伝えます。 その後、天海(小栗旬)とも話した東山は、会見を開くことを決意します。 そこで、時期や確率は明確にしなかったですが、関東沈没の可能性が東山の口から語られたことで、人々は大...

日本沈没ー希望のひとー 第4話「関東沈没のはじまり盟友との決別」

ついに、マディアに流出した、「関東沈没」情報で、人々は、まるで沈没船からネズミたちが逃げ出すように、パニックになって、逃避行の集団と化します。なにげに、この情報を熱弁して流す博士を、香川照之が演じ、ちょっと変人・奇人感。胡散臭げオーラを出しつつ… なのも、ヨイです。豪華キャスティング。美形達の活躍も楽しみで、オリジナルを、どうアレンジしたかも、興味のひとつ、です。   (ストーリー)新聞に「...

日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』第4話

内容大手新聞社が“関東沈没”を報じた。その直後、東山総理(仲村トオル)の呼び出しを受けた椎名(杏)は、情報源について問い詰められるも。。。。。一方で、天海(小栗旬)は。。。敬称略脚本、橋本裕志さん演出、土井裕泰さん相変わらず、危機感、緊張感無しの今作。主人公が。。。登場人物が。。。。たとえ、情報源が秘匿であったとしても、大手新聞社が、一面で報じた時点で、ホントの意味で、国民、市民が感じる危機...

日本沈没―希望のひと― #04

『関東沈没のはじまり 盟友との決別』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: