ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

恋です!ヤンキー君と白杖ガール (第5話・2021/11/3) 感想

恋です!ヤンキー君と白杖ガール

日本テレビ系・新水曜ドラマ『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』

公式サイトWebsiteTwitterInstagram

第5話『もっと知りたい』・ラテ欄『白杖ガールついにヤンキー君に告白!? 消せない過去… すれ違う二人の心に切ない涙が止まらない!』の感想。
なお、原作の漫画・漫画・うおやま『ヤンキー君と白杖ガール』は、未読。



白杖を巡り、ユキコ(杉咲花)とハチ子(生見愛瑠)が不穏な雰囲気に。間に入ろうとする森生(杉野遥亮)だが、ユキコに止められてしまう。その帰り道、森生はユキコの言葉を聞き、うれしさで大興奮。一方、ユキコのアルバイト先では、店員の紺野(大友花恋)がユキコの‘特別扱い’にいら立ちを募らせていた。そんな中、ユキコと水族館に出掛けた森生は、ある過去を思い出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・うおやま『ヤンキー君と白杖ガール』
脚本:松田裕子(過去作/花咲舞が黙ってない、東京タラレバ娘、正義のセ、レンアイ漫画家)
脚本協力:室岡ヨシミコ
演出:内田秀実(過去作/あな番、ウチの娘は、彼氏が出来ない!!)) 第1,2,5
   狩山俊輔(過去作/フランケンシュタインの恋、高嶺の花、俺のスカートどこ行った?) 第3,4
音楽:得田真裕(過去作/監察医 朝顔シリース、家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、ナイト・ドクター)
主題歌:JUJU『こたえあわせ』



視覚障害について解説を行う案内人の言葉が、心に刺さった

冒頭の、白杖を巡ったユキコ(杉咲花)とハチ子(生見愛瑠)の不穏な雰囲気のシーン。凄く、衝撃的だった。特に、本作にて視覚障害について解説を行う案内人(濱田祐太郎)が言っていた言葉が、心に刺さった。次のような言葉だったと思う。

視覚障害に限らず、あらゆる障害者が障害から “普通” に身を護るための便利な道具であり、“生きるための道具” を使うと「障害者の記号」とみなされてしまうことが多いと。これ、とても重要なことだと思う。

ユキコとハチ子のように、直接本音で話し合うことが重要

本作の感想を書き始めてから、「外見では判断できない、されない病気や苦痛」があって、それを「時には、他人に分かって手を差し伸べて欲しい」と思うことがあると言うのを、何度も書いて来た。それが、ある種の「マタニティー・マーク」だったりするわけで。ただ、妊娠と障害は違うし、命に関わることと、そうでないことでも違う。

でも、案内人が言った「記号=アイコン」を言う表現は、様々なところで利用されており、要は「そのモノで、その人の価値を決めてしまう」と言う危うさをはらんでいる。「障害者の記号」の意味を、今一度考え直して、良きものとして理解し、よりバリアフリーな世界を創っていきたいと思った。

そのためには、今回のユキコとハチ子のように、直接本音で話し合うことが重要だと感じた。

ナイーブな描写をドラマだから避けない本作の本気度に感銘

そして、半分を過ぎた頃のエピソード、ユキコのアルバイト先で、店員の紺野(大友花恋)がユキコの “特別扱い” に苛立ちを募らせて、 “障害者であること、障害を利用している” とまで言われ、ユキコ自身も知らず知らずのうちに “障害者であること、障害を利用している” をしてしまっていることを知って改心する。

ここも、とてもナイーブな描写だ。でも、紺野のように障害者だから特別扱いされて当然と言う風潮に違和感を覚える人がいるのは現実だろうし、そのことに悩む障害者もたくさんいると思う。そんなナイーブなことを、ドラマだからと言って避けずに、真正面から店長の意見を含めて表現した、本作の “本気度” に感銘を受けた。

奇跡を、本当のことのように見せる本作の表現力に脱帽

中年のオジサンが、ユキコと生(杉野遥亮)の初デートを見て、若い頃を思い出して “胸キュン” したなんて、誰も読みたくないだろうから、ここから、第5話の感想の本質に入ろうと思う。

主人公のふとした思い付きやアイデアが、登場人物たちに何らかの “影響” を与える… と言うのは、テレビドラマでは良くあること。

また、私が推し中の「強い物語」に於いては、最重要課題である。そう言う「ドラマのお約束」みたいなものが、実は、現実でも起きる、起きている可能性があると言うことを、この第5話では、視聴者に訴えた。それも、前回よりも、かなり厳しい言葉を使って訴えた。

そう、互いの思っていることを相手に伝えるだけでなく、お互いに思っていることをメッチャ本気で相手にぶつけることでしか生まれて来ない “何か” があると言うことを、しみじみと感じた。

「言いたいこと」を言い合って、ぶつかり合うことで “小さな奇跡” が起こるのだ。そんな奇跡を、本当のことのように見せる本作の表現力には、今回も脱帽だ。

あとがき

結局、障害者とそうでない人の違いから生まれる “相手への勘違い” みたいなものって、実は、普段、私たちが洋服のボタンの掛け違い見たいなものなのかなぁって。一つずつ掛け違いを直して行けば、なんてことはないってこと。

そして、今回は、森生の生い立ちに泣いてしまいました。辛い経験をした森生の心の傷を、ユキコが癒すのでしょうかね。来週は、今週以上にいろんなことが起こりそうですが、楽しみです。コロナ禍で、人とも、仕事仲間とも疎遠になる今だからこそ、見るだけで感じて癒されるこのドラマ、大好きです。

本作のサウンドトラック盤(CD)の発売が決定しました。耳で本作を楽しめるってわけです。よろしかったら、下記のリンクから【ご予約】お願いします!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

※遂に、待望のサントラ盤の発売が決定!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16173/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第5話

内容森生(杉野遥亮)と待ち合わせをしていたユキコ(杉咲花)誰かが近づく気配を感じた、次の瞬間、白杖を奪われそうになる。「ずるい」。そこに森生が現れ、奪ったのがハチ子(生見愛瑠)だと分かる。ユキコは、ハチ子を喫茶店へと連れて行き、“白杖”の説明をする。するとハチ子も。。。。わずかだが、ふたりはわかり合えるのだった。ふたりの様子を見ていた森生や花男(戸塚純貴)たちも笑顔に。。。その後、ユキコは、...

恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~ 第5話「白杖ガールついにヤンキー君に告白!?消せない過去…すれ…

ますます、ユキコ(杉崎花)の、健気な頑張りがキュートで可愛く、森生もりお(杉野遥亮)への告白も、イイ方向にいって欲しいなぁと応援するも、出ました。お約束の、意地悪ちゃん。ハチ子(生見愛瑠)、突然、白杖を取りあげようとするなんて、殺生な…メラメラとジェラシーは、周囲が次第に応援モードになってきたのが、気に入らなかったのかな?ラスト。獅子王(鈴木信之)のタメ息に… どうなる?!   (ストーリー...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: