ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドクターX~外科医・大門未知子~[7] (第3話・2021/10/28) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[7]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~[7]』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第3話『たこつぼ心筋症・・・スキャンダル隠蔽オペ1000万!!』の感想。



広報室長の三国(杉田かおる)に、‘科研費’を巡る厚生労働事務次官・神部(宮川一朗太)への接待疑惑報道が。記者に囲まれ胸痛を訴えた三国は、仮病と思いきやストレスが原因の心筋症と判明する。海老名(遠藤憲一)と加地(勝村政信)も外科への科研費を狙って策を練る中、蜂須賀(野村萬斎)に解雇をほのめかされた三国は、未知子(米倉涼子)の制止も聞かず仕事に復帰しようとする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,6) 第1,2
   林誠人(過去作/ドクター-X 2,3,4,5,6) 3
   香坂隆史(過去作/火の粉、限界団地、、緊急取調室3,6、サイン)
演出:田村直己(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6) 第1,2
   片山修片山修(過去作/相棒シリーズ、家政夫のミタゾノ4、七人の秘書) 3
)    松田秀知(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
   山田勇人(過去作/ドクター-X 3,6)
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
主題歌:Ado「阿修羅ちゃん」



未知子の出番が減って、全体の雰囲気が変わったのは我慢するが…

まだ、知らない読者さんがいるようなので書いておくが。制作費を少しでも削減するために主演の出番を削って作っているのが、第7弾。

従って、極端に言えば、神原名医紹介所のシーン、病人が担ぎ込まれるシーン、「致しません」を言うシーン、豪華な食事をするシーン、「私失敗しないので」を言うシーン、オペシーン、ラストシーン以外は殆ど出番は無く、出番のあるシーンも台詞を少なくして、極力、米倉涼子さんの負担を減らすことで、経費削減している。

従って、その “大人の事情” によって、特に今シーズンは、前シーズンより未知子(米倉涼子)の出番が少なく、そこを大量の脇役で埋めている。だから、全体の雰囲気が変わってしまっているのは、ファンなら我慢するしかないのだ。

今回から、コロナ感染を感じさせる映像が薄まったのは良かった

さて、第3話が、これまで最も違っていて、更に良かったのは、コロナ感染のことを映像的にも、ネタとしても、ほぼ使わなかったこと。やはり、これ位に抑えて、フェイスシールドやマスクが殆ど無くなったことで、普通の『ドクターX』になったのは良かった。

未知子が巻き込まれるような、ゴタゴタやドロドロが殆ど無くなったのが残念…

ただ、『ドクターX』なのに、この第7弾になって、脇役が増えている割に、未知子が巻き込まれるような、ゴタゴタやドロドロが殆ど無くなった。まあ、この方が医療ドラマらしいと思う人もいるとは思うが。

やはり、すんなり進んでしまうと、私は『ドクターX』らしくはないと思う。まあ、ギリギリ、「凄腕の外科医が、患者を助ける」カタチは確保しているが、世間の話題の少なさ等を考えると、物足りないと思っている人も多いのでは?

あとがき

普通の「医療ドラマ」としては “普通” 過ぎる割に、余計な部分が多い。『ドクターX』としては未知子の出番も少ないし、ドロドロも少ないし、面白味に欠けるって感じ。まあ、しょうがないかな…

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16147/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ドクターX 外科医・大門未知子 第7シリーズ 第3話「たこつぼ心筋症・・・スキャンダル隠蔽オペ10…

今回のゲストは、なんと杉田かおるっ!もともと、このドラマではクセモノ役の蜂須賀(野村萬斎)と御一緒してたシーンは、強烈オーラ、濃厚さのあまり、ほとんど、怪獣対決を思わせてしまうほど、パワフルで強烈っ!また、芸歴も長い分、「金八」連想する声、小籔千豊“鍬形”の「すべらない話」にも多くの反応したり… 「なるほど!」でした。何かとマンネリ化の声も聞かれますが、今回は、珍しく、未知子(米倉涼子)が手...

ドクターX~外科医・大門未知子~7 第3話

東帝大学病院の広報室長・三国蝶子(杉田かおる)と厚生労働事務次官・神部八尋(宮川一朗太)が揃って高級レストランから出て来たところを写真週刊誌に撮られてしまいます。 科研費を巡る接待疑惑を報じられてしまいます。 実はこの会食は、内科部長・蜂須賀(野村萬斎)が、科研費の増額を便宜してもらうためにセッティングしたものでした。 現時点でその事実は漏れていないとはいえ、黒い噂が世間に流れただけで...

木曜ドラマ『Doctor-X~外科医・大門未知子~(7)』第3話

内容広報室長の三国蝶子(杉田かおる)と、厚生労働事務次官・神部(宮川一朗太)の違法接待疑惑が報じられた。マスコミに囲まれる中、突然、蝶子が倒れる。通りかかった未知子(米倉涼子)は、心臓の病気の可能性を指摘。すぐに処置が行われ。。。。その後の、精密検査で、ストレスが原因の心筋症と判明。鍬形内科副部長(小籔千豊)、外科医の興梠(要潤)は、蜂須賀院長代理(野村萬斎)により、内科主導で治療を行うこと...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: