ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~ (第4話・2021/10/25) 感想

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~

フジテレビ系・月9『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』
公式リンクWebsitetwitterInstagram
第4話『第4話『結婚の条件を巡る母娘バトル! 私の幸せの形!』の感想。
の感想。
なお、原作となった漫画、横幕智裕 / 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社)は、未読。シーズン1は、鑑賞済み。



独身の放射線技師・たまき(山口紗弥加)を結婚相談所に登録させようと、母・るり子(中田喜子)が病院に現れた。同じ頃、弁護士の夫・誠司(忍成修吾)を持つ成美(臼田あさ美)が腹痛を訴え搬送される。便秘と診断した杏(本田翼)は、唯織(窪田正孝)の提案で大腸の内視鏡検査を勧めるが、育児と抵抗感を理由に断られてしまう。一方で、たまきと口論になったるり子が転倒し…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:横幕智裕 / 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社)
脚本:大北はるか(過去作/グッドドクター、ラジエーションハウス1) 第1,2,3,4
   村上優(過去作/ラジエーションハウス1)
   金沢達也(過去作/ラジエーションハウス1、不倫食堂)
   横幕智裕(過去作/原作となった漫画の原作者)
演出:鈴木雅之(過去作/ラジエーションハウス1、ショムニ、HERO、婚カツ!) 第1
   相沢秀幸(過去作/アンサング・シンデレラ、トレース~科捜研の男) 第2,3
   金井紘(過去作/ラジエーションハウス1、信長協奏曲)
   野田悠介(過去作/ラジエーションハウス1、コード・ブル^・シリーズ)
   関野宗紀(過去作/ラジエーションハウス1、医師たちの恋愛事情、オトナ女子、ハラスメントゲーム)
   水戸祐介(過去作/リフレイン) 4
音楽:服部隆之(過去作/ラジエーションハウス1、王様のレストラン、翔太の寿司、のだめカンタービレ、HERO)
主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」



「1話に複数案件」であるが、第2弾として正常進化

たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)の案件があったから、やはり本作基本の「1話に複数案件」のパターンであるが。

でも、今回で良かったのは、新院長・灰島(髙嶋政宏)が唯織(窪田正孝)へ病院経営について注意喚起する場面もあって、『2』らしさが強調された。やはり、大したようなことのように思えないことでも、こうして少しずつ『2』らしさを盛り込みつつ、“縦軸” を感じさせるのは、第2弾として正常進化だと思う。

2つの案件に"繋ぎ目"があり、1つのドラマとして見られた

また、前述のように「1話に複数案件」のパターンではあったが、1つは、たまきと母を中心とした群像劇だから、“病の写真家” たちの群像劇を描くドラマとしては悪くない。

また、もう1つの案件である弁護士の夫・誠司(忍成修吾)を持つ成美(臼田あさ美)が腹痛で搬送されて来た案件とは、“母親” と言うキーワードで僅かだが結び付いており、完全に乖離した案件でないのも悪くない。そして、本作の肝心な縦軸である “主人公の恋バナ” も、「結婚」「健康」「安心」を絡めて描かれたのも良かったと思う。

あとがき

第2話も複数案件ながら悪くなかったが、この第3話は第2話よりも、2つの案件に “繋がり” があり、『2』らしさも増えて、進化したように思います。

こうして、ラジエーションハウス内のメンバーの案件と、無関係の案件に上手く “繋ぎ目” を作って、『2』らしさを醸し出せるなら、ワンパターン続きになってしまいますが、ただ、群像劇と検査を描くだけより、ず~っと本作らしいと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16134/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ 第4話

唯織(窪田正孝)たちが働く甘春総合病院のラジエーションハウスに、たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)が訪ねて来ます。 るり子は未だ独身の娘を心配して、親子同伴のお見合いをセッティングしてくれる結婚相談所のパンフレットを無理やりたまきに渡します。 結婚する気がないたまきと、このままだと孤独な生活まっしぐらだと心配するるり子・・・ 実は前夜、自宅でぎっくり腰を起こしてしまったたまき...

ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ 第4話

内容ラジエーションハウスにやって来た女性の応対をする唯織(窪田正孝)そこに現れた、たまき(山口紗弥加)が声をかける。女性は、たまきの母・るり子(中田喜子)だった。るり子は、結婚相談所のパンフレットをたまきに手渡し、帰って行く。そんななか、堀田成美(臼田あさ美)が、夫・誠司(忍成修吾)に付き添われ、救急搬送されてくる。腹痛を訴える成美。杏(本田翼)がレントゲン写真を確認し、便秘だと診断する。腸...

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~ 第4話「結婚の条件を巡る母娘バトル!私の幸せの…

今回は、たまき(山口紗弥加)にスポット。母の、るり子(中田喜子)が突然、やってきて… あるある、だけど、妙齢の彼女に、「親同伴の見合いをセッティングしてくれるという結婚相談所のパンフレットを無理矢理たまきに手渡す」わ、イケメン、唯織(窪田正孝)を見るなり、「ウチの娘、ど~お?」とアプローチしてきたり… 「あるある」なエネルギッシュ母さん。でも、これまた、突然、倒れてしまい…また、笑えたのは、...

ラジエーションハウス II ~放射線科の診断レポート~ #04

『結婚の条件を巡る母娘バトル!私の幸せの形!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: