ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おかえりモネ」〔全120回〕 (第112回・2021/10/19) 感想

連続テレビ小説「おかえりモネ」

NHK総合・連続テレビ小説『おかえりモネ』公式サイト
第112回第23週『大人たちの決着』の感想。


 本作は、9月3日、宮城県気仙沼市のロケで約11か月間の撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も雲のように毎日変わります。ご理解を。


新次(浅野忠信)が、お金のことで相談があると永浦家にやってくる。そして、新次は耕治(内野聖陽)に、亮(永瀬廉)が船を買う資金のために、ある提案を話す。それは新次の美波(坂井真紀)に対する気持ちに深くかかわる内容だった。そこへ、亮もやってくる。百音(清原果耶)、亜哉子(鈴木京香)、未知(蒔田彩珠)が見守る中、新次は、ずっと、その提案を考えた経緯をぽつりぽつりと話し出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:安達奈緒子(過去作/透明なゆりかご、コード・ブルー3、きのう何食べた?)
演出:一木正恵(過去作/どんど晴れ、ゲゲゲの女房、まれ) 第1,2,7,9,12,15,20
   梶原登城(過去作/おひさま、あまちゃん、マッサン) 第3,4,10,11,16,19,23
   桑野智宏(過去作/ウェルかめ、梅ちゃん先生、あまちゃん) 第5,6,8,13,18,22
   押田友太(過去作/まいご。、うつ病九段) 第14
   中村周祐(過去作/ハムラアキラ、「おかえりモネ」プロデューサー) 第17
   原英輔(過去作/オーディオドラマ「エンディング・カット」) 第18
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん)
   田中諭(過去作/いいね!光源氏くん) 第21
   舩田遼介(過去作/NHK FMシアター「空振りホームラン」) 第21
音楽:高木正勝(過去作/映画「バケモノの子」、「未来のミライ」、「静かな雨」)
主題歌:BUMP OF CHICKEN「なないろ」
語り:竹下景子
制作統括:吉永証(過去作/トクサツガガガ、詐欺の子)
     須崎岳(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
気象考証:斉田季実治(NHKニュース7、ニュースウオッチ9)
※敬称略



お知らせ

●第7週目から “超” が付く程、好意的に本作を見るモードに入っております。そのつもりで、読んで頂ければ幸いです。

●先日、脚本・俳優・演出の関係を簡単に “おさらい”出来るように 【脚本プチ講座】を投稿しました。最後まで読んで頂けると、本作へ漂い始めた暗雲が晴れて、木漏れ日が差し込むかもしれません。途中離脱するまでは、愚痴や意見を言いながら応援します。

↓『おかえりモネ』完全対応版です↓
【脚本プチ講座】脚本家と俳優と演出家の関係とは? 良き脚本「強い物語」とは? ※現在放送中の連続テレビ小説『おかえりモネ』完全対応版



新次の気持ちへの考えを書く前に、気になったことを書こうと思う

もう、今週になって特にメインのキャラクターたちを無理矢理にキャラ変させて進めているので、繋がりがどうとか、そう言うのは一先ず置いておく。その前に気になったことを書こうと思う。

宮城県では葬儀の時以外、客人は玄関からしかその家に入らない

まずは、葬式でもないし、真冬に幾ら親しい中でも、客人が縁側から入る者なのか? と言う疑問。少しネットで調べてみると、宮城県では葬儀の時以外、客人は玄関からしかその家に入らないと言う。

親しい間柄から敢えて「縁側から」なら、亜哉子が百音の誕生のことを、今更、新次に礼を言うの違和感。

演出的に “親しさ” を出したいのだとしたら、今度は、いつものように会っているのに、さも24年ぶりに再会したように、百音(清原果耶)が生まれたことを話し、お礼までした亜哉子(鈴木京香)に違和感。

開けっ放しの障子や、「お金の話」を立ち聞きしたのも違和感。

違和感と言うなら、宮城県の1月、真冬にストーブ1台とこたつだけで、殆どの障子が開けっ放しなのも、おかしいような。その上、この家は「元民宿」で亜哉子が切り盛りしたはずだから、「お金の話」をするのを、「亜哉子を始め、百音(清原果耶)と未知(蒔田彩珠)が見守る中」で… と言うのは、少々どころか、“気遣い” が無さ過ぎると思ってしまった。

新次は、永浦家が寒いから、コートを着たまま仏壇に手を合わせたの?

また、新次が仏壇に手を合わせるシーンがあったが、ここはきちんとコートを脱いでから、合掌ではないのだろうか。

こたつの上に漬物やお菓子くらいは乗せてあっても良かった

まだまだ、気になったことはある。これは、私の考え過ぎかも知れないが、「元民宿」を切り盛りしていた亜哉子なら、いくら「親しい人たち」が来ようが、深刻な「お金の話」をすることが分かっていたとしても、客人をもてなすと言う意味で、こたつの上に漬物やお菓子くらいは乗せてあっても良かったと思う。

龍己以外の永浦一家に欠けている"気遣い"や"心遣い"を描く、良きチャンスを逃したと思う

いや、むしろ、新次たちが来る前に、こたつの上に漬物やお菓子が置いてあって、亜哉子は新次の手土産をキッチンに持って行き、新次たちの到着し、耕治(内野聖陽)がこたつに座った時には、百音と未知が、新次たちにお茶を出して、キッチンのガラス戸を閉めて、そこから立ち去る。

そして、妻たちが立ち去った気配を確かに感じてから、耕治が漬物やお菓子をサッと横にずらして、新次が持参した書類などを真ん中に置いて、「お金の話」が始まるのが自然だし、私は、その方が、龍己(藤竜也)以外の永浦一家に欠けている “気遣い” や “心遣い” を描く、良きチャンスだったと思う。

新次の"再起"を描くエピソードとしては、悪くなかった

あとは、新次の気持ちを、各視聴者がどう受け取るか? だけだと思う。

私は、今回で新次が、息子の船の転覆や遭難と行方不明の妻が、津波に飲み込まれたことを重ねて心配したことや、息子の無事を行方不明の妻に、津波に持って行かないでくれと祈ったことが、実は、とっくになのか、その瞬間かは分からないが、とにかく妻の死を受け入れたことを認識したと言うのは、良かったと言う表現が適切かどうか分からないが、新次の “再起” を描くエピソードとしては、悪くなかったと思う。

そして、「自分の大切な人が震災で、生き続けるつもりの思い半ばで亡くなったことを悔いている人が、自分ばかり幸せ位になる権利があるのか?」と、苦悩し、葛藤した結果、前に進む決断をしたのは良かった。私なら、新次も亮も、新次の妻であり、亮の母である美波(坂井真紀)の分まで、幸せになって欲しいと思ったし、美波も、そう望んでいると思いたい。

あとがき

今回の15分に、百音って必要だったでしょうか? 確かに主人公なので、出番を作る必要があるのでしょうが。でも、それなら、最初に、未知に亮を迎えに行かせる場面だけで良かったような。むしろ、百音は、日曜日でも、天気予報のラジオは放送していると言う設定で…

終盤で耕治が席を立った後に、「今日の気仙沼は、久し振りの快晴です」ような前向きさを感じる台詞を言わせて、放送ブースの中から、「お金の話が上手く進みますように」「りょちんんと新次さんの仲が決裂しないように」願うような…

快晴の気仙沼の情景や、亀島の海の情景カットで締め括った方が、明るく前向きに終わるし、百音も、日曜も故郷のために働いていることも、描けたと思うのですが…

お願い…

管理人が返信に困るようなご意見などには対応いたしかねます。発表するなら、ご自身の場所でやって下さいませ。また、何度も諄いコメントの投稿者は、投稿機能をブロックします。



管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16097/


【これまでの感想】

第1週『天気予報って未来がわかる?』
1 2 3 4 5 
第2週『いのちを守る仕事です』
6 7 8 9 10 
第3週『故郷の海へ』
11 12 13 14 15 
第4週『みーちゃんとカキ』
16 17 18 19 20 
第5週『勉強はじめました』
21 22 23 24 25 
第6週『大人たちの青春』
26 27 28 29 30 
第7週『サヤカさんの木』
31 32 33 34 35 
第8週『それでも海は』
36 37 38 39 40 
第9週『雨のち旅立ち』
41 42 43 44 45 
第10週『気象予報は誰のため?』
46 47 48 49 50 
第11週『相手を知れば怖くない』
51 52 53 54 55 
第12週『あなたのおかげで』
56 57 58 59 60 
第13週『風を切って進め』
61 62 63 64 65 
第14週『離れられないもの』
66 67 68 69 70 
第15週『百音と未知』
71 72 73 74 75 
第16週『若き者たち』
76 76 77 79 80 
第17週『わたしたちに出来ること』
81 82 83 84 85 
第18週『伝えたい守りたい』
86 87 88 89 90 
第19週『島へ』
91 92 93 94 95 
第20週『気象予報士に何ができる?』
96 97 98 99 100 
第21週『胸に秘めた思い』
101 102 103 104 105 
第22週『嵐の気仙沼』
106 107 108 109 110 
第23週『大人たちの決着』
111

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『おかえりモネ』第112回

内容新次(浅野忠信)が、耕治(内野聖陽)のもとを訪れる。そこに、連絡を受けた亮(永瀬廉)もやって来て。。。敬称略それにしても。なぜ、無茶苦茶な流れで、物語を作ろうとするかなぁ。。。。初めが無茶苦茶なら、後の流れが不自然になるのは当たり前だろうに。キャラ変、キャラ崩壊。。以前だよね。これ。ってか。。。それが、崩壊を導いている可能性が高いけど。アバンなんて、まさに、それだ。主人公に必要ないことを...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: