ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドクターX~外科医・大門未知子~[7] (第1話/初回15分拡大スペシャル・2021/10/14) 感想

ドクターX~外科医・大門未知子~[7]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~[7]』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第1話/初回15分拡大スペシャル『100年に1度のパンデミック!? 激変する大学病院で待ち受ける新たな戦い』の感想。



100年に1度のパンデミックにより「東帝大学病院」では内科が台頭、外科が分院に追いやられていた。一方、参院議員・由華(冨永愛)は主治医の一木(岡田将生)の薦めでフリーランス外科医の未知子(米倉涼子)に手術を依頼。直後、由華が倒れ、緊急手術を同院で行うことになる。内科部長兼院長代理の蜂須賀(野村萬斎)が未知子の手術に許可を出す中、ある事実が判明する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,6) 1
   林誠人(過去作/ドクター-X 2,3,4,5,6)
   香坂隆史(過去作/火の粉、限界団地、、緊急取調室3,6、サイン)
演出:田村直己(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6) 1
   松田秀知(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
   山田勇人(過去作/ドクター-X 3,6)
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
主題歌:Ado「阿修羅ちゃん」



真面目に言えば、不謹慎で現実味がないドラマになったが…

私の妻がコロナ患者さんを受け入れている大学病院の看護師(コロナ担当ではない)で、私はコロナ禍でホテルでの宴会が激減しているホテル専門の宴席ディレクターだ。そう言う視点でこの第1話を見ると、コロナ禍でボーナスも出ない大学病院があると言う中で外科と内科が権力争い祖をするとか、普通のホテルがバブル型式で宴会が出来ないことなど、現実味がない。

と言うか、いくらフィクションとは言え、病院関連として見れば不謹慎にも見えるし、ホテル関係者として見れば現実味がないと言わざるを得ない。

創作物として見れば、"今どき"を巧みに盛り込んだドラマに

ただ、それらに全部、目をつぶって、あくまでも “虚構の中の真実” だと思って見ていると…

今回のエピソードが、コロナ過と言う “今どき” の設定を十分に活かしたものであること。映像的に、これまでコロナ禍の世界を描いたテレビドラマの中では、映像的にかなり頑張ったとも言わざるを得ない。

もう、これらは、新シリーズが始まったことや、新キャラクターが登場したことよりも、驚いてしまった。ある意味、真面目な「医療ドラマ」見ているような感覚さえあったのには、驚いた。

必死に"本楽らしいエンタメ"と"今どき"を合わせた結果、中途半端に…

そもそも、『ドクターX~外科医・大門未知子~』と言うドラマは、少々風変わりな「医療ドラマ」を超えた、「医療エンターテインメント・ドラマ」であったのは、皆さんもご存知の通り。

しかし、この企画が始まった頃は、まだ都内のコロナ新規感染者が数千人単位の時代だろうから、いつも通りの完全な「医療エンターテインメント・ドラマ」にするのは、無理だと判断したのだろう。

そこで、いつもらしい “医療エンターテインメント” のパートは残して、「医療ドラマ」として “コロナ禍” に向き合った結果が、この第1話のエピソードだった可能性は高い。

そうとは言え、この感想の冒頭で書いたように、不謹慎で現実味がないのは、間違いないが…

あとがき

「コロナ禍」と言う設定を、若干 “エンターテインメント” の枠を超えて、世間の人たちの医療従事者の人たちへの気持ちと乖離し過ぎて、“コミカル要素” に利用している点は、賛否両論ありそうですね。

まあ、一時は、もう『ドクターX』の続編はないと言われていたのが、様々な大人の事情で返り咲いたと言うことで、打ち上げ花火的な第1話としては、ぎりぎり、許容しておきます。

問題は、次回次第でしょう。やはり、コミカル要素に “コロナ禍” 利用する、あざとくて卑怯な設定は封印気味にして、元の、あり得ない主人公が大活躍する「医療エンターテインメント・ドラマ」に、次回からは戻って欲しいです。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16071/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜ドラマ『Doctor-X~外科医・大門未知子~(7)』第1話

内容ニュージーランドで、外科医の大門未知子(米倉涼子)は、呼吸器外科医の一木蛍(岡田将生)と出会う。仕事を終えた直後、神原晶(岸部一徳)から帰国するよう命じられ。。。。帰国早々、未知子は、晶に連れられ、参議院議員・一橋由華(冨永愛)が主催するパーティーへ。そこで、未知子は、一木と再会する。一橋の主治医だという。直後、一橋が倒れ。。。緊急手術が必要な状態に。すぐに東帝大に搬送されるが、内科部長...

ドクターX~外科医・大門未知子~7 第1話

未知子(米倉涼子)は、ニュージーランドの副首相を手術するため、同国を訪れていました。 手術前、牧場にいた未知子は、迎えに来た手術の第1助手・一木蛍(岡田将生)の前で、感電した羊飼いの命を救います。 その後、副首相の手術も成功させて、帰国した未知子は、晶(岸部一徳)と博美(内田有紀)と再会します。 米国にいた未知子は、未曾有のパンデミックで大変だったようですが、ちゃんと連絡はしようw ...

ドクターX 外科医・大門未知子 第7シリーズ 第1話「100年に1度のパンデミック!? 激変する大…

あいかわらず、毎回。初回は、世界を放浪し、スキル磨きに励んでるのですね。今回は、某国の副首相の、難手術を依頼され出かけた先。偶然、出会った、のどかな牧場の方まで救うとは!いつもの豪華メンバー、いつものパターンだけど、イケメン・岡田将生と、福永ゲスト。野村萬斎まで迎えるとは…時代を反映していて「さすが!」でした。しかし、初めて、手術のアクシデント。飛び散った血液を浴びたことから、結果。“ラッサ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: