ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ナイト・ドクター/Night Doctor (第10話・2021/9/6) 感想

ナイト・ドクター/Night Doctor

フジテレビ系・月9『ナイト・ドクター/Night Doctor』公式サイト
第10話『突如襲う、停電! 朝を迎えられるのか?』の感想。
なお、本作は2021年7月14日(水)に全話を撮影終了していることが判明したため、第6話以降の投稿には要望などは基本的に書かずに、単純な感想のみとします。



患者の受け入れを巡り無力感にさいなまれる美月(波瑠)は、そのまま仕事の休みを迎える。本郷(沢村一樹)は麗子(真矢ミキ)から‘ナイト・ドクター’の今後の方針を聞かされていた。その夜、病院の一帯で停電が発生。手術中の成瀬(田中圭)と幸保(岡崎紗絵)や、深澤(岸優太)、桜庭(北村匠海)は暗い中での作業に追われる。そして自家発電でしのぐ病院には、受け入れ要請が相次ぎ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大北はるか(過去作/グッドドクター、ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~)
演出:関野宗紀(過去作/コードブルー1[演出補]、ハラスメントゲーム、ラジエーションハウス) 第1,2,3,7
   澤田鎌作(過去作/CHANGE、不毛地帯、セシルのもくろみ、監察医 朝顔) 第4,5,10
   浅見真史(過去作/吾輩の部屋である、教場II) 第6
   野田悠介(過去作/コード・ブルー-もう一つの日常-、「アンサング・シンデレラ」プロデューサー) 第8
   高橋由妃(過去作/シャーロック特別編{演出補}、「アンサング・シンデレラ」最終回) 第9
音楽:得田真裕(過去作/監察医 朝顔シリース、家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド)
オリジナルナンバー:yama「Sleepless Night」
          eill「hikari」
          琴音「君は生きてますか」
          Tani Yuuki「Over The Tim」
          三浦風雅「Start」



やっと、医療ドラマらしい緊張感と救命医の存在が描かれた

遂に次回が最終回だからなのか。今回のエピソードがどうだったかは別にして、今作で最も「ナイト・ドクターたちの緊張感」が描かれたと同時に、「昼も元気な若者たちが、救命医であること」も描かれた。

やはり、タイトルが『ナイト・ドクターたちの青春物語』ならともかく、『ナイト・ドクター』と【紋切り型】なのだから、初回から、この位の緊張感と、救命医としての存在感を描いて欲しかった。いや、描けるなら、何故描かなかった? と、問うてみたい。

やはり、これまでが「青春群像劇」を重視し過ぎたか…

ただ、本作は、放送開始以前から「ナイト・ドクターが活躍する医療ドラマ」よりも、「ナイト・ドクターたちの青春群像劇」をメインに描くと、大々的に番宣していたから、制作サイドのやったことは間違っていない。

ただ、「青春群像劇」を重視し過ぎた余り、「ナイト・ドクターが活躍する医療ドラマ」として “雑” なのが目立ってしまった。もう少し、全体のバランスの均衡をとれば、意外と面白味があり、「ナイト・ドクター」と言う新たな職業を描いたドラマになったかも…

なぜ、今回だけ本郷は「どうするかは お前たちで決めろ」と言ったのか?

このように、意外と最終回直前で持ち直した今回だったが、毎回、急患を受け入れるのを決めるのは本郷(沢村一樹)の役割だったのに、なぜ今回に限って、28分頃に、本郷は「どうするかは お前たちで決めろ」と言ったのだろう?

恐らく、次回の最終回を見込んでの、唐突な変更だろうと思うが。これを含めて、これまでも各自の役割分担が “雑” だったのも、現在の「チーム医療と看護を主体とした治療」と、かけ離れた現実味のないドラマに見えたに違いない。

「停電」に関する表現が、いろいろ雑だしチープ過ぎる

しかし、この場に及んで「停電」のエピソード。それこそ、昼間から天気予報で警戒態勢を取るようにと気象庁から指示が出ていたような大雨ならともかく、雷1つで救急救命センターのある病院が、いとも簡単に停電とは!?

流石に、停電に関わる描写には、緊張感がなかた。まあ、医療従事者も医療設備も病床も、「節電したから増える」わけでもないのに、まるで「魔法のように増えた」みたいな表現。「月9」で、それなりに制作費はあるはずだから、もう少し上手くやったら良かったのに…

あとがき

最終回直前で、それもクランクアップした作品へ何を言っても無駄ですが。終盤で、まるで演説会のように本郷が改めて “ナイト・ドクター” とは何かを語るなら、最初から、「青春群像劇」は程々にして、「医療ドラマ」に軸を傾けたら良かったのに…。特に今回の朝の病院でのシーンが用意したあるのなら。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15933/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ナイト・ドクター 第10話

内容あさひ海浜病院に、美月(波瑠)もよく知る救急隊員の星崎(泉澤祐希)から、患者の受け入れ要請が入る。発症から2時間以上経過、受け入れ先が見つからない状態だという。状態を聞いた本郷(沢村一樹)は、受け入れを断るよう美月に告げる。本郷が言うように、要請を受け入れても、搬送中に死亡する可能性が高かった。“どんな患者も受け入れる”という理念が崩れることもあり、納得出来ない気持ちもあったが、美月は本...

ナイト・ドクター 第10話

美月(波瑠)が働く救命救急センターに救命士・星崎(泉澤祐希)から、胸部大動脈解離が疑われる男性の収容依頼要請が入ります。 しかし、星崎が男性は発症から2時間以上経過している旨を伝えると、本郷(沢村一樹)は美月に、受け入れを断るように告げます。 その後、高所から転落した女性の受け入れ要請が入ります。 本郷は受け入れを許可しますが、搬送に時間がかかってしまい、美月や成瀬(田中圭)たちの治療...

Night Doctor ナイト・ドクター #10

『突如襲う、停電!朝を迎えられるのか?』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: