ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

彼女はキレイだった (第8話・2021/8/31) 感想

彼女はキレイだった

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『彼女はキレイだった』公式サイト
第8話『愛情と友情の狭間! 仲間たちの絆と決意』の感想。
なお、原作である韓国製ドラマ『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)は、未見。



宗介(中島健人)は愛(小芝風花)こそが初恋の相手だと気付き、互いの気持ちが通じ合う。だが、愛は梨沙(佐久間由衣)の宗介への思いが本気だと知り、彼の恋人になることをためらう。翌日、宗介は常務の岸田(木村祐一)から、雑誌廃刊のカウントダウンを宣告された。その会話を編集部員の里中(高橋優斗)が聞いてしまい、部員達は宗介に抗議して次号の制作を拒否する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)
脚本:清水友佳子(過去作/夜行観覧車、わたし定時で帰ります。朝ドラ「エール」) 第1,2,5,7
   三浦希紗(過去作/死役所、あのコの夢を見たんです。) 第3,4,6,8
演出:紙谷楓(過去作/海月姫、後妻業、竜の道 二つの顔の復讐者) 第1,2,3,7
   木下高男(過去作/警視庁いきもの係、デイジー・ラック、M 愛すべき人がいて) 第4,5,8
   松田祐輔(過去作/ハチミツとクローバー、コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命(1)、婚カツ!) 第6
音楽:橋本由香利(過去作/千住クレージーボーイズ、悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~、朝ドラ「なつぞら」)
オープニングテーマ:Awesome City Club「夏の午後はコバルト」
主題歌:Sexy Zone 「夏のハイドレンジア」

「最終章」に入る前に、二人の決着を描いたのは良いこと

いよいよ、宗介(中島健人)は愛(小芝風花)こそが初恋の相手だと気付き、互いの気持ちが通じ合った。ここを最終回直前回ではなく、少し余裕を持たせた第7話の終盤で描いて、第8話のアバンタイトルって “おさらい” したのは、上手いと思う。

本作の難点の一つに “盛り込み過ぎ” があるから、「最終章」に入る前に、一応の決着的な事を描いたのは、良いこと。

「月刊誌」の設定だからドラマの中に時間や区切りを作れる

また、これまで一度も触れて来なかった、今作の設定で意外過ぎる位に良いところについて、少し書く。それは、劇中に登場する雑誌が「月刊誌」であること。そう、「週刊誌」でなく「季刊誌」でもなく「月刊誌」。だから、某朝ドラとは違って、何より時間軸が分かり易い。

先述のように “盛り込み過ぎ” なのに、常にエピソード、特に、主人公らの恋バナについては、かならず「1か月」と言う “時間” が生まれる。この「1か月間」はとても重要で、人の心が変化するにも、会社の状況が変化するにも、ドラマの設定上で「1か月間」の “区切り” を設けているから…

ドタバタした印象も薄いし、ダラダラとした印象もかなり薄まっている。本の編集部を舞台にした連ドラは数々あれど、本作に於ける「1か月」は、本作を分かり易く、且つ、整理整頓させる印象を抱かせるのに、かなり成功したと思う。

"月刊誌" "仕事" "1か月間" の3つの要素の使い方が上手い

また、「月刊誌」、「仕事」、「1か月間」の3つの要素を、そんなに強調しなかった点も、成功例として挙げておきたい。要は、先の3つの要素を強調すると、作品が所謂「お仕事ドラマ」寄りになる。「お仕事ドラマ」の要素がゼロになってしまうと、先に書いたように「1か月間」と言う区切りを上手く機能させられない。

逆に、3つの要素を強調しないと、「いつまで三角関係、四角関係を描くつもりなの?」と言った疑問も湧いて来る「恋愛ドラマ」になってしまう。その意味で、本作の3つの要素のドラマ上での強弱の付け方が上手いから、「お仕事ドラマ」としても「恋愛ドラマ」としても、ほぼ成功したと思う。

最終章前に上手くまとめて乗り切ったし、次も見たくなった

特に、今回は終盤の少し前に、愛(小芝風花)と梨沙(佐久間由衣)の「友情エピソード」をクッション代わりに持って来て、アクセントとメリハリを作ったのも良かったと思う。そして、梨沙から宗介(中島健人)への別れのSNS。

これがあったから、「お仕事ドラマ」としても「恋愛ドラマ」としても、“見たかった部分” がしっかりと描かれた。恐らく、次回からが「最終章」になると思うが、その直前回として、上手く乗り切ったと共に、「次が見たくなる」要素も、ちゃんと盛り込んだと思う。

あとがき

あとは、この状態で、三角関係や四角関係の “残骸” 的な部分を見たいと思うかどうかでしょうね。殆ど、好みの問題だと思いますが。

このまま「お仕事ドラマ」と「初恋純愛ドラマ」として直球ストレート勝負で進むのでなく、「最終章」で、もう一波乱あってこそ、関西テレビ制作・フジテレビ系の「火9ドラマ」枠のような気もしますが… それにしても、主演のお二人が、ここへきて役にしっくりとハマって来て嬉しいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15915/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

彼女はキレイだった 第8話

宗介(中島健人)が自分の正体に気付いたと知った愛(小芝風花)は、拓也(赤楚衛二)の告白を振り切って、宗介の元へ急ぎます。 互いの気持ちが通じ合った2人は再会を果たしますが、愛は梨沙(佐久間由衣)のことを気にしていました。 帰宅後、ごみ箱に捨てられていた手紙を読んだ愛は、梨沙が本気で宗介に恋していたことを知って、宗介と付き合うことを躊躇うのでした。 翌日、愛の童話特集が掲載された雑誌が発...

彼女はキレイだった 第8話「愛情と友情の狭間!仲間たちの絆と決意」

さすが、ヒット韓ドラ・リメイク。サービス精神がてんこ盛り!出ました、子供時代や青春時代から繋がる物語。ざくっと、あらすじ的には…冴えない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、胸キュンラブストーリー。キレイに変身後、身代わりしてもらっ...

彼女はキレイだった 第8話

内容愛(小芝風花)こそが、初恋の“佐藤愛”だと知った宗介(中島健人)そして愛も、宗介が自分のことに気づいたと知る。愛と再会した宗介は、思いを告げて、抱き寄せる。愛もまた、喜びにあふれていたが、梨沙(佐久間由衣)のコトが気になる。帰宅後、家を飛び出していく梨沙を見送る愛だったが。愛は、梨沙が宗介のことを、本気で好きだったと知ってしまう。そんななか、“モスト”最新号が発売され、売り上げは好調だっ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: