ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

緊急取調室 4th SEASON (第6話・2021/8/26) 感想

緊急取調室 4th SEASON

テレビ朝日系・木曜ドラマ『緊急取調室 4th SEASON』公式サイト
第6話『怪物の逃走』、ラテ欄『VS息子を誘拐した母親!! 決死の逃亡を声だけで救え』の感想。



財務省勤務の諸星(駿河太郎)が、別居中の妻・麻美(瀧内公美)が6歳の息子・翼(有山実俊)を連れ去ったと通報。特殊犯捜査係の鬼塚(丸山智己)からの電話に出た麻美は、息子を返すくらいなら一緒に死ぬと言う。北斗(池田成志)は有希子(天海祐希)を交渉役に指名。そんな中、恋人・小夜子(清瀬やえこ)と同居する諸星が、自分が先に麻美の元から息子を連れ去ったと認め、麻美の虐待を口にする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
シリーズ構成:井上由美子(過去作/緊急取調室シリーズ)
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1~4、ハラスメントゲーム、遺産争族、BG~身辺警護人~)
演出:常廣丈太(過去作/緊急取調室1~4、BG~身辺警護人~) 第1,2,3,6
   樹下直美(過去作/オトナ高校、未解決の女シリーズ、コタローは1人暮らし) 第4,5
音楽:林ゆうき(過去作/DOCTORS~最強の名医、緊急取調室1,2、あさが来た)
主題歌:緑黄色社会「LITMUS(リトマス)」
制作協力:アズバーズ(過去作/緊急取調室2、民生、虹色カルテ、コタローは1人暮らし)

秀逸な刑事ドラマであることを、再確認できた

第6話の感想を一言で表すなら「改めて、キントリは秀逸な “刑事ドラマ” だった」と言うことだろうか。

当初から本作は、『緊急取調室』のタイトルの通り、キントリのメンバーは、取調室を一切出ずに、監物(鈴木浩介)ら刑事たちが、現場で捜査をし、その情報をキントリのメンバーに教えて、取調室内での警察と容疑者の攻防戦を描いて来た。

『緊急取調室』が、見事に"原点回帰"!

しかし、そして「原点回帰」だ。「2nd SEASON」の中盤以降あたりからだろうか。キントリのメンバーたちが、自ら事件現場や関係各所に出向いて、取り調べに必要な情報を探すようになった。これによって、一時期、ドラマ『緊急取調室』は「ただの取り調べが中心の刑事ドラマ」になってしまった。

ここ最近は、メンバーの高齢化もあるかも知れないが、チームが自ら外に出て捜査するシーンは、明らかに減ったが、ゼロにはなっていなかった。しかし、今回は正に「原点回帰」だ。有希子(天海祐希)らは決して、取調室から出ない。そして、監物や渡辺(速水もこみち)ら刑事たちの現場の捜査に軸足を乗せた。

中盤頃、有希子と逃走中で目の前にいないはずの別居中の妻・麻美(瀧内公美)と、まるで真正面で取り調べをしているような演出があった。あれこそ、原点回帰を物語るには最適な演出だ。

監物刑事の"個性"と"人間性"の描写に集中したのも良かった

このシーンを含めて、全ての映像が、「刑事側」と「キントリ側」を別々に撮影&編集された。そのことで、両者の存在が連携しているから、事件を解決できることが明瞭になった。

「刑事側」と「キントリ側」も、やっていることは “捜査” なのだが、今回は特に “監物刑事の暴走” を強調したことで、刑事側の捜査の状況だけでなく、監物の人柄が良く見て取れた。

その “個性” や “人間性” の描写があったからこそ、取り調べのシーンでも、有希子と特殊犯捜査係の鬼塚(丸山智己)との人間的なやり取りが強調された。もちろん、最後のキントリ・チームが一丸となった取り調べのシーンも。

あとがき

同じ警察官でも、「現場で捜査する警視庁刑事部捜査第一課一係の刑事たち」と、「緊急事案対応取調班の刑事たち」の違いを見事に描き、更に、キントリらしい面白味を魅せましたね。

特に、「1st SEASON」の頃の、新鮮さを取り戻した、取り調べで魅せる “キントリ” を魅せてくれました。こう言う秀逸な刑事ドラマとしての『キントリ』を見ることが出来て良かったです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15896/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

緊急取調室4 第6話

誘拐事件を担当する警視庁特殊犯捜査係の班長・鬼塚貞一(丸山智己)が、朝一番にキントリに押しかけて来ます。 朝5時過ぎに財務省勤務・諸星和彦(駿河太郎)から、自宅で寝ていた6歳の息子・翼(有山実俊)が誘拐されたと110番通報があったと言います。 事件の発生は昨夜10時近くなのに、何故夜明けまで通報を待ったのか、諸星の行動を訝しる有希子(天海祐希)たちキントリメンバーですが、鬼塚が語る事実は...

木曜ドラマ『緊急取調室(4)』第6話

内容特殊犯の鬼塚貞一(丸山智己)と大鳳聖(古舘佑太郎)が“キントリ”に現れる。財務省勤務の諸星和彦(駿河太郎)のもとを、別居中の妻・麻美(瀧内公美)が訪れ、夫のもとで暮らす息子・翼を、連れ去っていったということだった。麻美と争って、諸星は負傷したという。梶山(田中哲司)が、特殊犯に行く予定の有希子(天海祐希)に、交渉させると、北斗部長(池田成志)に訴え、有希子の交渉役が決まったと。特殊犯も交...

緊急取調室 4th SEASON #06

『vs息子を誘拐した母親!!決死の逃亡を声だけで救え』

緊急取調室 4th SEASON 第6話「怪物の逃走」

メインゲストは、女優の瀧内公美誘拐事件が発生し、その犯人は、別居中の妻で、拾の母親らしく、連れ去りの形で奪われた模様…奇妙なのは、事件発生時は、夜だったのに、通報を夜明けまで待った事情とは…?!地道な捜査と、サプライズ展開が、醍醐味です。    (ストーリー)誘拐事件の捜査を担当する警視庁特殊犯捜査係の班長・鬼塚貞一(丸山智己)が朝一番、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に押しかけて来...

緊急取調室 4th SEASON 第6話「怪物の逃走」

メインゲストは、女優の瀧内公美誘拐事件が発生し、その犯人は、別居中の妻で、拾の母親らしく、連れ去りの形で奪われた模様…奇妙なのは、事件発生時は、夜だったのに、通報を夜明けまで待った事情とは…?!地道な捜査と、サプライズ展開が、醍醐味です。    (ストーリー)誘拐事件の捜査を担当する警視庁特殊犯捜査係の班長・鬼塚貞一(丸山智己)が朝一番、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に押しかけて来...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: