ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

推しの王子様 (第2話・2021/7/22) 感想

推しの王子様

フジテレビ系・木曜劇場『推しの王子様』公式サイト
第2話『第2話『残念男子が学ぶのはマナー? 頑張る彼女を救う予想外の一言!!』の感想。』の感想。


泉美(比嘉愛未)の会社で働くことになった航(渡邊圭祐)だが、‘ケント様’そっくりの容姿とは裏腹の常識のなさにデザイナーの芽衣(徳永えり)やプランナーの有栖川(瀬戸利樹)らは仰天。泉美は言葉遣いとマナーから教え始めるが、前途多難だ。そんな中、光井(ディーン・フジオカ)の提案で出資企業との会食に航を同行させることに。一方で、大学生の杏奈(白石聖)がインターンで加わる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:阿相クミコ(過去作/ワカコ酒シリーズ、カインとアベル、後妻業、ヤヌスの鏡) 第1,2
   伊達さん[大人のカフェ](過去作/おじさまと猫、スピンオフ「知ってるシノハラ」) 2
脚本協力:伊達さん[大人のカフェ](過去作/おじさまと猫、スピンオフ「知ってるシノハラ」) 第1
演出:木村真人(過去作/絶対零度~Season4~2020、知ってるワイフ) 第1,2
   河野圭太(過去作/僕らは奇跡でできている、危険なビーナス)
   倉木義典(過去作/年下彼氏#15~18、ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情)
音楽:瀬川英史(過去作/勇者ヨシヒコ、左江内氏、今日から俺は、エール、極主夫道、DIVE!!)
主題歌:Uru「Love Song」
挿入歌:DEAN FUJIOKA「Runaway」

ラブコメとしては難しいが、普通の恋バナとしてなら…

どんな連ドラでも、第1話は初期設定の説明過多なのは諦められるが。それを割り引いても、無駄が多過ぎた第1話。しかし、第2話は、若干無駄が減った感じはした(無駄は大いにあるが)。その上、明らかにストーリーを先に進めようと言う意図が見えて来て、全体的に各登場人物の変化や成長が、それなりに描かれた。

そのために、“ラブコメ” としてのコミカルな部分が空回りしているものの、世間知らずの男と、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の女性社長の “普通の恋バナ” としてなら、『恋はDeepに』を最後まで見た経験を活かせば、見られるかも?

今回を第1話にして、少しだけ初期設定を入れていたら…

これを言っては良くないかも知れないが、第1話を無くして、この第2話に少しだけ、泉美(比嘉愛未)が、自身の理想通りに作った推しキャラ『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会うことだけを描いた方が、連ドラとしての滑り出しも、好き嫌いも削ぐことが出来たのでは?

また、全何話かしらないが、ドラマ全体の出来栄えも変わったような気がする。どうやら、第1話で大きく掲げた「理想の男性を育てるべく奮闘する “逆マイ・フェア・レディ” なロマンチックコメディー」と言うハードルの高さが、このまま足を引っ張るような気がする。私としてはあり得ないが。本作だけは、第1話を敢えて見ない方が良かったかも知れない…

本作が描く"容姿の価値観"と好みが合う人なら最後まで…

それと、これが最後の感想になるかも知れないから、敢えて書いておくが。基本的に本作って、泉美が航の “容姿” に一目惚れしているだけの話。あれこれやってはいるが。何を言いたいのか? 渡邊圭祐のファンには大変失礼だが、出演者の男性陣の殆どが、普段の日常にはいないくらいの “個性派” で “容姿” の持ち主ばかり。

本作で言うなら、 好みがあるから敢えて実際の名前は伏せるが、人公・ケント様にそっくりな航より “イケメン俳優” が実際にいるわけ。だから、第1話の “容姿” だけで物語を進めてしまったのは、明らかに第1話として “ツカミは失敗” と言わざるを得ないだろう。

ただ、“容姿の好み” こそ、見る人それぞれ違うから、あとは、本作が描く “容姿の価値観” と好みが合致すれば、最後まで見られると思う。逆に… は、書く必要ないか。

あとがき

“容姿は好み” なので書いてみますが。渡邊圭祐さんって実年齢27歳です。一方の比嘉愛未さんは実年齢35歳。だったら、渡邊圭祐さんをもう少し若い年齢設定の “容姿” に変えて、「育成ゲーム」っぽさで、ラブコメらしさを創出したら良いような。

比嘉愛未さんも、折角手にしたチャンスなのだから、もっと “おバカな感じ” を醸し出して、イメチェンのチャンスに利用したら良いのにって、勝手におもってしまいました。

大期待中&大満足中のドラマ『緊急取調室 4th SEASON』の次回が “3週間後” の8月12日(木)になってしまいました。でも、本作は次週も放送があるようなので、様子見とツッコミ中心で見続けるかも…

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15782/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

推しの王子様 第2話

ゲームキャラクターのケント様によく似た航(渡邊圭祐)を雇い始めた泉美(比嘉愛未)は、光井(ディーン・フジオカ)たちに紹介します。 デザイナー・渡辺芽衣(徳永えり)、小原マリ(佐野ひなこ)や、エンジニア・織野洋一郎(谷恭輔)や、プランナー・有栖川遼(瀬戸利樹)たちは、航の容姿に驚きます。 航は早速、有栖川の下で働き始めますが、社会人としての常識どころか、漢字や敬語も知らないようで、有栖川た...

推しの王子様 第2話「残念男子が学ぶのはマナー?頑張る彼女を救う予想外の一言!!」

原作、コミックかと思ってたら、脚本。阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)のテロップ。ある意味、古典的でいて、新しいですね。これが、男女・逆だと、源氏物語の紫の上育てや、経済新聞を、小説から読めせた、という伝説の、渡辺淳一の「化身」を、彷彿させるのですが…ひとつには、比嘉愛未、従来の、お約束パターンから、新境地を開拓。ステップアップするべく、チャレンジ期間、なのかな?ある意味、コテコテ腐女子な...

木曜劇場『推しの王子様』第2話

内容理想の“ケント様”に似ている航(渡邊圭祐)と出会った泉美(比嘉愛未)が、実際は、外見だけで、中身はダメ男。泉美は、会社で雇い、“育ててみせる”と副社長・光井(ディーン・フジオカ)に宣言。会社のスタッフも航を見て“ケント様”だと驚くも、性格だけで無く。社会人として。。。どころか、言葉も知らず。全く使い物にならないことが判明してしまう。結局、泉美自身も面倒を見ることになり。。。敬称略脚本、阿...

推しの王子様 #02

『残念男子が学ぶのはマナー?頑張る彼女を救う予想外の一言!!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: