ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

彼女はキレイだった (第2話・2021/7/13) 感想

彼女はキレイだった

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『彼女はキレイだった』公式サイト
第2話『大事件勃発! 恋の四角関係が動き出す!』の感想。
なお、原作である韓国製ドラマ『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)は、未見。



梨沙(佐久間由衣)は仕事中に宗介(中島健人)と遭遇。何とかその場を切り抜けるが、このままでは愛(小芝風花)ではないことに気付かれると焦る。「ザ・モスト」編集部では、宗介が海外の一流デザイナーに接触し、他誌に勝つ企画の準備をしていた。愛も自分の仕事を全うしようとファッションやメークの勉強を開始。唯子(片瀬那奈)ら編集部員に認めてもらえるようになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:『彼女はキレイだった』(韓国「MBC」製作、脚本:チョ・ソンヒ)
脚本:清水友佳子(過去作/夜行観覧車、わたし定時で帰ります。朝ドラ「エール」) 第1,2
   三浦希紗(過去作/死役所、あのコの夢を見たんです。)
演出:紙谷楓(過去作/海月姫、後妻業、竜の道 二つの顔の復讐者) 第1,2
   木下高男(過去作/警視庁いきもの係、デイジー・ラック、M 愛すべき人がいて)
   松田祐輔(過去作/ハチミツとクローバー、コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命(1)、婚カツ!)
音楽:橋本由香利(過去作/千住クレージーボーイズ、悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~、朝ドラ「なつぞら」)
オープニングテーマ:Awesome City Club「夏の午後はコバルト」
主題歌:Sexy Zone 「夏のハイドレンジア」

初期設定をほぼ無視した、唯の"ラブコメもどきの恋バナ"へ

前回は、第1話だったから、ドラマの初期設定の説明が多かった。しかし、第2話ともなると、流石に説明が減って来たため、超ギリギリで佐藤愛(小芝風花)と長谷部宗介(中島健人)の物語になっている。その上、驚いたのが、第1話であれだけ説明した初期設定をほぼ無視して、ただの “ラブコメもどきの恋バナ” って感じ。

「恋バナ」と「お仕事ドラマ」のいいとこ取りは、殆ど失敗する

初期設定を無視するのもどうかと思うが、主人公の仕事を盛り込みつつ、その成長まで盛り込んで来たのには驚いた。

いや、読者の皆さんも、あれこれ思い出すドラマがあるはずだ。主人公が仕事をしている職業人で、恋バナを描くのがメインなのに、仕事もメインのように盛り込んで、更に「仕事での成長」まで描いて、結果的に何を描きたかったのか意味不明で終わったドラマの数々を。

まあ、普通、主人公の仕事と恋バナを盛り込んで成功するドラマの多くが、基本的にその作品が「お仕事ドラマ」で、その中で恋バナが発生するってパターン。これだと、恋愛の力が仕事にも影響を与えて、主人公の仕事が益々上手くいく… と言うのが自然にできるのだ。

でも、その逆「恋愛ドラマ」に仕事を持ち込むと、大抵のドラマは両方を同量に描いて、「恋愛ドラマ」と「お仕事ドラマ」のいいとこ取り、上手くいけば視聴率の “倍返し” ならぬ “倍盗り” を狙うのだ。そして、失敗するケースが殆ど。

仕事の描写の「令和日本へのローカライズ」が完全に失敗?

特に、今回は「外見が変わった幼馴染同士が再開するラブコメ」のはずなのに、仕事の描写が多過ぎ。

それも、私が平成になる前後の時代の映画やドラマ撮影現場でも、あれだけの(今で云う)パワハラはなかったのに、本作は今そのパワハラが普通。

逆に、イギリス便が羽田空港か成田空港か調べるなんて、JAL(日本航空)の東京~ロンドン(イギリス)線とパリ(フランス)線が、2021年6月6日(日)に就航開始から60周年を迎えたってことは、私の生まれる前からの当然のこと。

それを確認せず、それを間違えることでドラマが面白くなると言う時代錯誤までやっている、そう、仕事の描写の「令和日本へのローカライズ」が完全に上手くいっていない。雑だし、パワハラを描けば描く程、盛り込む意味を見出せないのだ。

「結局、本作って四角関係を描くドラマだっけ?」って感じ

そして、何とか最後まで見終えると、「結局、本作って四角関係を描くドラマだったっけ?」って感じが残るだけ。

こうなってしまうと、愛と宗介、それに愛に成りすましている梨沙(佐久間由衣)と愛の先輩・樋口拓也(赤楚衛二)が、騙し騙されつつ、真実に辿り着くまでを描くだけで良いのでは。もう、第2話で、特に主人公の「3ヶ月限定のファッション雑誌編集部への異動」は意味がない以上に邪魔なエピソードになっているし。

現状では、「四角関係以外」の描写が全部無駄になっている

そう、まだ第2話だから決めつけてはいけないが、「四角関係以外」の描写が全部無駄なのだ。愛の仕事や仕事での成長を描くなら、宗介との関係にフィードバックすべき。フィードバックせず、パワハラ紛いに部下を使い回すだけなら「四角関係以外」は不要ってこと。

「四角関係ドラマ」か「お仕事ドラマ」か割り切った方が良い!

そして、最終的な大問題が、本作に韓国ドラマと言う原作(お手本)が存在すること。日本でも昨年2~3月にBSフジで放送したばかりで、韓国ではドラマ賞を総なめ、中国語版まで制作され、「原作通りに作れば、人気確実」と期待している、制作のカンテレと放送しているフジテレビ系が、原作を無視する可能性は低い。

むしろ、乗っかり続けるはず。でも、第2話と言う始まったばかりで、初期設定を無視した「四角関係ドラマ + お仕事ドラマ」と言う中途半端なのは、最もドラマとして良くない。更に、出演者への好みも分かれるだろうから、もしも、まだ撮影中なら「四角関係ドラマ」か「お仕事ドラマ」のどちらかに割り切った方が良いと思う。出来ないと思うが…

あとがき

せめて、せめて、様々な要素や部分を、いつもの『カンテレ制作・フジテレビ系 火曜夜9時枠連続ドラマ』みたいに、異色作、視聴率無視、わかる人が分かる秀作のように、メリハリをつけて描写したら良いと思います。あまりに全体がダラダラしていて、1時間見終えるのがやっとって感じ。

もちろん「ここは、盛り上げてますよ」と言う客戸やスタッフの声は聞こえますが、事実、盛り上がっていませんので。と言い訳で、小芝風花さん、中島健人さんが出演している連ドラとしては、初の「途中離脱」が見えて来てしまいました。来週次第ってことで。感想の欠片も無かったら、ブログの離脱ドラマのリストを見て下さい。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15751/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

彼女はキレイだった 第2話

愛(小芝風花)に扮した梨沙(佐久間由衣)は、宗介(中島健人)に留学先の英国にいるように装いますが、仕事中に偶然宗介と遭遇してしまいます。 とっさの言い訳でその場は切り抜けますが、このままでは自分が愛ではないことが知られてしまうと焦ります。 宗介のことを吹っ切って仕事に打ち込む愛には相談できず、梨沙は自分で何とかしようと決意するのでした。 一方、宗介は読者の興味を惹く企画を出せない編集部...

彼女はキレイだった 第2話

内容再会した初恋の相手・宗介(中島健人)は、昔とは違い“イヤなやつ”で、愛(小芝風花)が、憤りを覚えるほどだった。一方、愛の身代わりで、宗介と会った梨沙(佐久間由衣)だったが。偶然、宗介と遭遇してしまう。イギリスへ留学していると思っていた“愛”がいることに戸惑う宗介。なんとか、梨沙は誤魔化して、切り抜けることに成功。帰宅後、愛に伝えようとした梨沙だったが、仕事に打ち込む愛の姿に、打ち明けるこ...

彼女はキレイだった 第2話

ここのところ、小芝風花と、佐久間由衣。出演作が多く、活躍が目立ちますね。“最恐毒舌”エリートと、無職の残念女子の、韓ドラ・リメイクの、“初恋すれ違い”ラブストーリー。 今回は、海外のビッグネームに熱烈アプローチ!?宗介(中島健人)が、雑誌の命運をかけた企画に奔走!やる気に火がついた愛(小芝風花)は、ファッションやメークを猛勉強っ!まだ、ヒロイン。あえて、...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: