ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ボクの殺意が恋をした (第2話・2021/7/11) 感想

ボクの殺意が恋をした

日本テレビ系・日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』公式サイト
第2話『殺し屋がボディガードに!?』、ラテ欄『花火デートで暗殺!? 禁断の恋が動き出す』の感想。



殺しの標的である美月(新木優子)からボディーガードを頼まれた柊(中川大志)は、表向きは秘書兼雑用係として働くことに。一方、殺し屋‘デス・プリンス’ことモデルの流星(鈴木伸之)が美月に接近。柊は敵意をむき出しにする。そんな中、幼なじみ同士の恋愛漫画を描こうと考える美月が、新作のため花火大会に行きたいと言い出した。柊は美月殺害のチャンスと奮起する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:徳永友一(過去作/嫌われる勇気、ルパンの娘1,2、グッド・ドクター、海月姫) 第1,2
   三浦希紗(過去作/あのコの夢を見たんです。、彼女はキレイった)
演出:星野和成(過去作/ハゲタカ、、SUITS/スーツ2、イtケイのカラス) 第1,2
   宝来忠昭(過去作/家政夫のミタゾノ3、セミオトコ、姉ちゃんの恋人)
音楽:大間々昂(過去作/地味にスゴイ!校閲ガール、ブラックリゲンジ、お金の切れ目が゙恋の始まり)
   田渕夏海(過去作/モトカレマニア、ギルティ、キワドい2人、着飾る恋には理由があって)
主題歌:aundy「花占い」(SDR)

「ラブコメ」として、完成度が高くなったのは間違いない

前回が第1話だったから、初期設定の説明が多過ぎて、何を描きたいのか、ドラマとしての方向性も見えなかったが。今回は、説明が減った分だけ、登場人物たち同士のやり取りが多めになった。

更に、前回よりも「殺し屋」の部分と「恋バナ」が上手く交錯したことで、だいぶ「ラブコメ」として、完成度が高くなったのは間違いない。また、この内容で、この出演者なら、もっとコミカルにやることも出来るのに、ギリギリな感じで「ラブコメ」の範囲に収めたのも評価したい。

「次回も、こうなるんでしょ?」と分かる"型"を続けるのは

ただ、まだ2話しか放送していないのに、ほぼストーリー展開も、登場人物たちがやることも、“型” に嵌ってしまっていること。まあ、この放送枠は毎週 “カタチ” に嵌めて、繰り返すのがお得意だから驚かないが。

でも、流石に「次回も、こうなるんでしょ?」とわかってしまうような “カタチ” に頼り、続けるのには賛成しない。やはり、どんなドラマでも「先が見たくなる」ことが、最も大切なことだと思うから。

あとがき

本来だったら、次回(第3話)まで見て、「次回も、こうなるんでしょ?」にはならないことを確認するまで様子見するべきなのでしょうが。やはり、2話も見て、「先が見たくなる」と思えないのは…

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15742/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ボクの殺意が恋をした 第2話「花火デートで暗殺!? 禁断の恋が動き出す」

脚本、 徳永友一、三浦希紗殺しの才能が0点という、最高に“間が悪い”イケメン殺し屋が、標的の女性をなぜか守って恋までしてしまう、殺意と恋が入り交じる、スリリング・ラブコディー。中川大志、かなりオトボケ、コミカルな役柄で、新境地?!狙われる、秘密を抱えた漫画家の鳴宮美月に、ノンノ・モデル出身の、新木優子持ち前の間の悪さを発揮して、なかなか殺すことができず、それどころか、何度も美月を救ってしまう...

日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』第2話

内容殺すつもりの美月(新木優子)の秘書兼雑用係になってしまった柊(中川大志)詩織(水野美紀)から、呆れられるが。。。。そんななか“デスプリンス”八乙女流星(鈴木伸之)が美月に接近。柊は流星と対峙し。。。。一方で、柊の話をきっかけに、美月は、漫画を描くため、花火大会に行きたいと言い始める。敬称略脚本、徳永友一さん演出、星野和成さん面白いかどうかは、別の話だし、好みはあるだろうが。設定の説明が多...

ボクの殺意が恋をした #02

『花火デートで暗殺!?禁断の恋が動き出す』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: