ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル― (2021/6/16) 感想

恋はDeepに

日本テレビ系・新水曜ドラマ『恋はDeepに』公式サイト
『運命の再会スペシャル』の感想。



海音(石原さとみ)が海へ帰ったあの日。倫太郎(綾野剛)は悲しみをこらえ、車を走らせていた。心配する光太郎(大谷亮平)と榮太郎(渡邊圭祐)の待つ家に着いた倫太郎は、静かに泣き崩れる…
一週間後、寂しさに沈む鴨居(橋本じゅん)の元に現れたエニシが手にしていたのは、海音が皆に残したという動画で…
再会までの日々、倫太郎たちはどんな思いで過ごしていたのか?そこには<もっとDeepなドラマ>があった!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:徳尾浩司(過去作/おっさんずラブ、ミス・ジコチュー、私の家政夫ナギサさん)
演出:鈴木勇馬(過去作/東京タラレバ娘、今日から俺は!、俺の話は長い、#リモラブ) 第1,2,3,6,最終,SP
   岩本仁志(過去作/ナースのお仕事シリーズ、野ブタ。をプロデュース) 第4,7
   伊藤彰記(過去作/35歳の少女、ハケン占い師アタル、過保護のカホコ) 第5.8
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、シャーロックUS,テセウスの船、危険なビーナス、青のSP)
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサルシグマ)

本作には、放送前からあれこれ噂が飛び交っていた

ここから書くことは、第1話の放送開始前、3月頃にネット上に流れていたネットニュースがネタ元のため、いろいろ検索してみたが、ネタ元が見つからなかった。だから、「根拠のないことは読みたくない」と言う人は、次の今作への感想の「章」へ進んで頂いて結構だ。

そもそも、本作には放送前から、こんな噂が流れていた。1つは、石原さとみさん側からスタッフへの要望として「純粋なラブストーリーをラブコメにして欲しい」、「<人魚>の設定は、最後まで隠して欲しい」と言う依頼が入ったこと。

もちろん、脚本は既に、第1話で海音(石原さとみ)が人魚であることが視聴者等に知らされると言うストーリーで書き始められており、幾度もスタッフ側が断ったが、結果的に主演女優の意向と言う名目で受け入れることになり、その際に既に脚本の書き換え作業で全10話にするのは間に合わないとされ、放送前から「全9話」が確定したと言うこと。

もう1つは、石原さとみさんが新型コロナウイルスに感染したことを非公表で、本作のクランクインに遅れて参加したこと。これによって、石原さとみさんのいないシーンの撮影から始まったために、全体の士気が下がった。そして3つ目は、石原さとみ側が、コロナ感染の陰性が判明した段階で、「実は…」と感染していたことを発表したこと。

これは、本作の制作発表ギリギリの段階でだ。従って、W主演である綾野剛さんは「座長としての責任感の無さに激怒した」と報道され、撮影現場では必要最小限のやり取りしかしなかったと言う。もちろん、綾野剛さんも立派な俳優さんだから、昨今のSNSを利用したPR作戦には積極的に協力したから、“激怒” についての噂は薄まっていった。

しかし、石原&綾野両事務所、及び日テレとしては、当初の「全10話」が「全9話」となったと言う事実は作りたくないのは当然だ。しかし、前述の理由で石原さとみさんと綾野剛さんの共演シーンを、「おまけ」の第10話のために撮り増すのは不可能。ここまでは、私がネット記事で読んだこと。

ネット配信用スペシャル版とダイジェスト版で穴埋めか?

そして、ここからが、今回を見て私が思ったこと。それは、日テレお得意の「ネット配信」用に用意していたスペシャル版を、本編9話分のダイジェスト版と合体させて、事実上の “穴埋め” をしたと言う、私の勝手な想像。

だから、もしかすると、綾野剛さん単独では “新撮部分” はあったかも知れないが、石原さとみさんとの “新撮” の共演シーンは当然ないわけで。石原さとみさんの “新撮シーン” は、「ネット配信用」だけだし。おかしな「3年後のお話」になってしまった。これが、私の妄想。信じるかどうかは、読者さん次第だ。

"失敗作"以上、"ヒット作"以下の"ややヒット作"だった

ただ、本作の名誉のために書いておくが。一般的な世間では「全10話」が「全9話」へと “低視聴率による打ち切り説” が流れて、一部の視聴者やテレビ関係者から「大コケ」、「失敗作」と言われている。確かに世帯視聴率は「大コケ」と言われる程、悪くない。

特に、当blogで書いている、「昨今のドラマは19歳から49歳の女性向けに制作される傾向が強い」ことからすると、その層のウケは意外と悪くなく、TVerでの見逃し再生回数も意外と常に上位。と言うことで、いろいろな大人の事情が絡まって、「10話まで完走」と言う結果だけは残した “失敗作” 以上、“ヒット作” 以下の “ややヒット作” ではないだろうか。

"劇場版と有料ネット配信がほぼセット制作"を止めて欲しい

それと、これは、今まで殆ど書いて来なかったことだが。最近の連ドラは、劇場版と有料ネット配信がほぼセットになっている。まあ、そう言う “日銭” が欲しいのは分からなくもないが。でも、少なくとも、ドラマ本編を撮影しながら、劇場版や有料ネット配信用のドラマの撮影をするのは、如何なものかとずっと思っている。

やはり、私は、スタッフにもキャストにも、本編に全力を注いで欲しいのだ。そして、本編を最高に面白く作れば、視聴率も話題性も上がり、“日銭” 以上の “価値” が上がると思う。

あとがき

この『恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―』って、一体何だったのでしょう? ほぼ恋バナ中心に再編集されてしまったために、本作に存在していた “人魚ファンタジー” 風な斬新な感じも、ほぼ無くなって。

それと私が「ディズニー大好き」だから、余計に感じると思うが。海音が人魚(魚の生まれ変わり)の設定を残し、活かすつもりがあるなら、やはりイメージカットでも良いから、海音に見える人で良いから、海音っぽい女優さんの尾びれが、海へチャプンと入る瞬間を、倫太郎(綾野剛)と視聴者にだけは見せた方が良かったと思う。もちろん、鴨居(橋本じゅん)が海音を人魚と認識するような具体的なカットも欲しかったです。

で、結局、3年間海でエネルギーを補給すると、また1年は人間でいられるってこと。何から何までツッコミどころ。まあ、そうしてバズらせるのを目的で作っているドラマに、文句を言っても無駄ですが…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15659/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終回

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

恋はもっとDeepに ~運命の再会SP

海音(石原さとみ)が海に帰ったあの日、倫太郎(綾野剛)は悲しみを押し殺して、蓮田家に車を走らせていました。 心配する光太郎(大谷亮平)と榮太郎(渡邊圭祐)の待つ家に着いた倫太郎は、感情を抑えられずに静かに泣き崩れます。 1週間後、海音のいない寂しさに沈む鴨居(橋本じゅん)の元に、YouTuberのMr.エニシ(福山翔大)が現れます。 Mr.エニシは、海音がみんなに向けて残した動画を手に...

恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー

内容海へと帰っていった海音(石原さとみ)倫太郎(綾野剛)と連絡が取れず心配する光太郎(大谷亮平)榮太郎(渡邊圭祐)そこに、悲しみをこらえながら倫太郎が帰宅する。直後、ふたりの顔を見て、倫太郎は泣き崩れ。。。。そんななか、倫太郎のアイデアで、新しい開発計画が進められていく。3年後。。。敬称略脚本、徳尾浩司さん演出、鈴木勇馬さんきっと、こういうことだ。結果的に、今回の特別編も含め10話となり、体...

恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー

ある意味、このドラマのファン・感謝デー企画、だったかな?最終回では描ききれなかった、海音(石原)と倫太郎(綾野)が再会するまでの3年間が描かれました。前回のラスト。2人は永遠の愛を誓い、海音は星ヶ浜の海へと帰っていき。そして3年後、星ヶ浜でペンション「marine sound」を経営していた倫太郎の前に、海音が現れたシーンで、物語は幕を閉じた、のですがその間を埋める物語、だった… かな?おそ...

恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―

『最終回の空白の3年を描く特別ストーリー 運命の恋のすべて!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: