ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

連続テレビ小説「おかえりモネ」 (第3週/土曜日版・2021/6/5) 感想

連続テレビ小説「おかえりモネ」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第3週『故郷(ふるさと)の海へ』の 『土曜日版』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


山で豪雨に見舞われたことをきっかけに、気象予報士の資格に興味を持った永浦百音(清原果耶)。さっそく専門書を買って天気の勉強をはじめる。やがて夏が訪れ、百音は祖母・雅代(竹下景子)の初盆に合わせて気仙沼の実家へ帰省する。そこで、漁師になった亮(永瀬 廉)をはじめ、仲の良かった幼なじみと久しぶりに再会、中学時代の吹奏楽部の思い出や恋の話で盛り上がる。しかし実は故郷に対して百音は複雑な思いを抱えていた…。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

百音は「中2理科」も苦手、「楽典」も覚えられない設定なのか?

別にどうでも良いのだが。「土曜日版」の冒頭で「気象予報士試験・学科一般知識編」と言う本を百音(清原果耶)が読むシーンがあった。最初に読んでスルーした「気体の状態方程式」については、高校化学で教わること。まあ、百音が文系だったら分からないのも無理はない。

しかし、「海陸風と山谷風」については、中学2年で教わること。実際にネットにもそう書いてあった。私も、「海風+陸風=海陸風」も「凪」も「季節風」も中学時代に教わった記憶がある。で、それも高卒で就職した百音が分からない、いや意地悪な表現を使わなければ、中2の理科も苦手ってことか。

それに卒業演奏会の日には「楽典 全然わかんないかったし」といっていた。要は、音楽理論も苦手ってことか。だから、音楽専攻だろうが高校は全部落ちたって解釈でいいのか?だとすると、高校は???? 繰り返すが。どうでも良いことだが、百音の中学時代がどうで、高校はどうなったのか、その辺を先送りにする必要ってあるのかって思う。

祖母の語りより、ナレーションの方が百音らに寄り添ってる

震災当日の夜の編集は「土曜日版」の方が自然な流れに感じた。それは「船の運航が止まり モネと耕治は 亀島に帰ることができずにいました」とのナレーションがあったから、百音と父親は亀島が心配になって、何とか亀島が見える高台(安波山)に行ったと、無理なく解釈できたから。

でも、金曜日の同じ場面では、雅代(竹下景子)の「そのころには もう 島に渡れる船などありませんでした」語りになっていたのだ。ここ、すっごく大事なところ。雅代は百音と耕治(内野聖陽)の肉親なのだから、もっと二人に寄り添っても良かったと思う。「モネたちは、亀島が心配でしょうがなかったのです」みたいに。

むしろ、今回のナレーションの方が二人に寄り添い、二人の状況を的確に説明していると思う。やはり、「土曜日版」の方が本編より分り易いのだ…

この2週で百音が気象予報士を目指すのには無理がある

先週は「林間学校」で、今週は「震災」で、“人の命” を主人公んの人生に絡めて来た本作。別に、“命” や “生死” を描くなとは思わない。そう言うのを絡めるのも、朝ドラのお約束の一つであるのも認めはする。

それに、東日本大震災から10年の節目にあたる年に、NHK東日本大震災プロジェクトの一環として本作が製作されているから避けるわけにもいかないのも理解はする。でも、「林間学校」と「東日本大震災」から “気象予報士” に繋げるのは、連想ゲームとしても相当な難問だと思う。いや、無理と言ってしまっても良い位だ。

なぜ、無理に見えるかと言うと、「林間学校」と「東日本大震災」の経験や体験から主人公が目指すのは、気象予報士よりも、医師や救急救命士、今週なら自衛隊員の方が自然なのだ。だから、なぜ “気象予報士” なの? って思う。

気象予報士を意図的に"最上位"に描こうとする脚本と演出

そして、「土曜日版」で更に違和感が増幅したのは、百音の「音楽なんて 何の役にも立たないよ」の台詞だ。医師も救急救命士も自衛隊も、そして音楽も “役に立たない” のに、なぜ “気象予報士” だけ「役に立つ仕事」になるのか。

そう、気象予報士を他の職業や音楽よりも意図的に “最上位” に描こうと言う脚本と演出が目立つのだ。「他を下げて、気象予報士を上げる」と言うやり方はあるとは思う。でも、悪を、より極悪人に描いて、正義をより正義感強い人に描くのとは違うと思う。自分がどんな仕事を選択して、人の役に立ちたいかを描く時には…

あとがき

で、来週またやるんですね。「私が天気のこど勉強したら誰かの役に立てるのかな?」を。気象予報士を他の職業や音楽よりも意図的に “最上位” に描こうと言う脚本と演出は程々にしておいた方が良いと思うます。

だって、来週の展開は知りませんが、普通この流れなら「自衛官」、「防災士」、「防災介助士」、「災害備蓄管理士」、「災害救援ボランティア」が自然でないのかなぁ。まあ、自然災害を事前に多くの人に知らせて命を守ると言う視点をきちんと盛り込めば、かなり先ですが気象予報士が見えてもおかしくないですが…

※暫く、コメント欄を閉じます。気が向いたら開けます。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/15613/


【これまでの感想】

第1週『天気予報って未来がわかる?』
1 2 3 4 5 
第2週『いのちを守る仕事です』
6 7 8 9 10 
第3週『故郷の海へ』
11 12 13 14 15

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

連続テレビ小説『おかえりモネ』土曜版第3週

にしても。先週の第2週といい、今週の第3週といい。なぜ、“命”を絡ませてくるかなぁ。。。。もちろん、それが、ダメと言うことではないし。《朝ドラ》だし。。。。それに、そもそも、今作の制作過程を考えれば、理解はする。ただやはり、そこから“気象予報士”に繋げるのは、無理がある。そして、無理があると言うだけで無く。今作は、“必要の無いセリフ”“必要の無い展開”を盛り込み、流れを阻害。元々、無理がある...

「おかえりモネ」第3週「故郷(ふるさと)の海へ」で震災が描かれる!

始まりが、たしか、2017年ぐらい、だったので、どうなるのかな?と思ってたのですが、気象の影響と、命の尊さにスポットな要素。「…ひょっとして…」と感じてたら、「やっぱりぃぃ!」舞台も、ちょっと意味深な場所だし、映像美・抜群!さと、ヒロイン、百音(清原果耶)の演技力に期待してか、(かなり、彼女の繊細な表情と、醸し出す空気を丹念に描いてる気がするのは私だけ?)やはり、過去の重要シーンとして、震災...

故郷(ふるさと)の海へ>『おかえりモネ』第3週

​​​​​​​清原果邪さんの表情は 「画面には映らない、視線の先にある景色を視聴者に見せてくれる」 と、前に書いたけど 今週はその「視線の先」が画面に映った。 モネの感情を通さず 視聴者に逃げることを許さず。 …ひじゅにですが何か? ​「音楽なんて、何の役にも立たないよ」​byモネ 誰だったか忘れちゃったんだけど>ダメじゃん コロナ騒動が始まって ドラマ等の撮影が中断したり...

故郷(ふるさと)の海へ>『おかえりモネ』...

​​​​​​​清原果邪さんの表情は「画面には映らない、視線の先にある景色を視聴者に見せてくれる」と、前に書いたけど今週はその「視線の先」が画面に映った。モネの感情を通さ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: