ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

イチケイのカラス (第9話・2021/5/31) 感想

イチケイのカラス

フジテレビ系・月9『イチケイのカラス』公式サイト
第9話『いったいどうなる!? 裁判員裁判』の感想。
なお、原作の漫画、漫画・浅見理都『イチケイのカラス』は、全4巻を既読。br> また、本作は今年3月末、既にクランクアップ(撮影終了)しているため、要望などは基本的に書きません。



みちお(竹野内豊)らイチケイは、家政婦の梓(春木みさよ)が雇い主の優香(八木さおり)をバルコニーから突き落としたとされる殺人事件を「裁判員裁判」で扱うことに。第1回公判で、梓は事故だと犯行を否認。だが、転落後まだ息があった優香を放置していたと分かり、裁判員は梓の犯行を確信する。梓はかつて自身の過失による火災で夫と娘を亡くして多額の資産を獲得し、‘悪女’と呼ばれていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・漫画・浅見理都『イチケイのカラス』
脚本:浜田秀哉(過去作/絶対零度シリーズ)
演出:田中亮(過去作/医龍、BOSS、コードブルー3、アンサングシンデレラ) 第1,2,4
   星野和成(過去作/ハゲタカ、僕らは奇跡でできている、SUITS/スーツ2) 第3,6,9
   森脇智延(過去作/SUITS/スーツ1,2、探偵の探偵、黄昏流星群) 第8
   並木道子(過去作/問題のあるレストラン、いつ恋、モトカレマニア) 第5,7
音楽:服部隆之(過去作/HERO、半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケット、陸王)
主題歌:Starlight「WGB」

裁判官ドラマが「裁判員制度」を扱った一定の意味はある

実際の「裁判員裁判」が、このドラマで描かれたようなものであることは、裁判員をやったことのない私でも理解はできる。ただ、まず、裁判員になったことのない人にとっては、ある種の情報提供としては一定の意義や価値はあったと思う。そう言うのもテレビドラマと言うメディがやるべきことだと思うから。

裁判員たちが入間に次々感化されて行く過程が面白かった

さて。ドラマとしては、偶然選ばれ集まった6人の裁判員たちも、坂間(黒木華)のように入間(竹野内豊)に次々と感化されて行く過程も、個々のキャラクターを活かしながら楽しく描かれた。

また、いつもは傍聴席にいる、みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」の会長・富樫(明樂哲典)が補充裁判員になったことで、イチケイのメンバーと裁判員たちが一つのチームになって、裁判を見守ると言う展開も良いアイデアだった。

事件の真相は意外と複雑だった割に分かり易く作り込まれた

また、事件の真相は意外と複雑だった割に、裁判シーンと評議シーンを上手く時間軸を入れ替えて描いたことで、分かり易く、且つ、面白味も増した。恐らく、これまでの放送回より裁判員がいる分だけ、マンネリ化を削ぐことも出来たし、作り込みもしっかり出来ており、かなり満足度の高いエピソードだった。

あとがき

若干、ご都合主義の部分はありました。ただ、本作らしさの創出、「裁判員制度」の周知と言う意味でも、裁判官を主人公としたドラマとして、面白かったです。今後、姪っ子は登場するのでしょうかね。次回にも期待します。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15592/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

シェフは名探偵 第1話

また、なかなかに面白そうなドラマが始まりました。原作は、累計発行部数36万部越えの、近藤史恵の人気小説「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」を原作にした西島秀俊主演のグルメミステリードラマ。西島秀俊に、濱田岳、だなんて、既に期待感…「ビストロ・パ・マル」を舞台に、シェフの三舟忍(西島)が人並み外れた洞察力で、訪れた客たちが巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎...

イチケイのカラス 第9話

みちお(竹野内豊)や千鶴(黒木華)が所属するイチケイが扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになります。 早速、川添(仲村梅雀)を中心に裁判員の選任手続きが行われ、塾講師・大前(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務・落合(池津祥子)、土木作業員・田部(山口森広)、主婦・立原(太田順子)、証券マン・西園寺(永田崇人)、大学生・小中(羽瀬川なぎ)の6人が選ばれます。 ...

イチケイのカラス 第9話

内容入間(竹野内豊)坂間(黒木華)駒沢(小日向文世)たちは、裁判員選任手続きの場にいた。川添(中村梅雀)が、選ばれた人たちの番号を読み上げていく。そして、裁判員として、塾講師の大前正一(山崎銀之丞)結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)、土木作業員の田部公平(山口森広)主婦の立原理沙子(太田順子)、証券マンの西園寺勝則(永田崇人)大学生の小中渚(羽瀬川なぎ)の6名が選ばれる。そして補充裁判員と...

イチケイのカラス #09

『いったいどうなる!?裁判員裁判』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: