ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ネメシス〔全10回〕 (第8話・2021/5/30) 感想

ネメシス

日本テレビ系・日曜ドラマ『ネメシス』公式サイト
第8話〔全10回〕『20年目の告白』の感想。




自分が‘世界初のゲノム編集ベビー’だと聞いたアンナ(広瀬すず)は、風真(櫻井翔)と栗田(江口洋介)に知っていることを全て話すよう詰め寄る。20年前、世界的遺伝子研究者の始(仲村トオル)に憧れていた風真は、水帆(真木よう子)ら先輩がいる研究室に入所。そこで事件が起き、始の親友である栗田が関わることになったという。鍵を握る「菅研」と始の因縁を聞いたアンナは傷ついて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:入江悠(過去作/映画「SRサイタマノラッパー北関東三部作」、映画「AI崩壊」) 第1,2,3,4,5,6,7,8
   片岡翔(過去作/映画「町田くんの世界」) 第1,2,3,4,5,6,7,8
脚本協力・トリック監修:講談社タイガ(全話)、今村昌弘(第1,3話)、藤石波矢(第2,6話)、周木律、降田天、青崎有吾
総監督:入江悠(過去作/映画「SRサイタマノラッパー北関東三部作」、映画「AI崩壊」)
演出:入江悠(過去作/映画「SRサイタマノラッパー北関東三部作」、映画「AI崩壊」) 第1,2,3,6,8
   片桐健滋(過去作/きのう何食べた?) 第1,4,5
   岸塚祐季(過去作/FLASHBACK 演出助手) 第7
音楽:横山克(過去作/わろてんか、映画「ちはやふる」シリーズ、ドリームチーム)
制作協力:グレデウス(過去作/映画「小説の神様」、映画「今日から俺は!!劇場版」、映画「AI崩壊」)
※作家陣の書き下ろしによる小説版「ネメシス」シリーズが発刊・発売中

これまで小出しにしたのを25分に、まとめただけ…

第7話まで、小出しにして来たシーンを、25分間位のダイジェスト版にまとまただけ。確かに、昨今の若年層の視聴者は、ネタ振りとか伏線とか回収とかが無いとリアタイ視聴しながらSNSで盛り上がらないそうだから、テレビ局も必死に若年層向けに創っているのだろう。

必要ない「伏線と回収」で、連ドラとしての面白味が欠落…

でも、折角、これだけのゲスト俳優を含めてキャラクターを揃えたのだったら、各話の事件を徹底的に面白おかしく描く方向に振り切って、妙なフラグ立てや、謎のチラ見せなんかやらない方が、1話毎の完成度は高くなったのでは? やらなくても良い「伏線と回収」なんて、小手先のテクニックになんて拘るから、連ドラとしての面白味が欠落したのだと思う。

最初に調査すべきは、大和の関係者じゃないの?

それに、急に20年後に調査を始めるのも意味不明だが。何より解せないのは、風真(櫻井翔)と栗田(江口洋介)の関係や経歴や立場を考えれば、最初に調査すべきは大和(石黒賢)の関係者じゃないのだろうか? まあ、確かに引っ張りたくてしょうがないから、大和の関係者を後回しにしたのだろうが、流石に違和感しかないのだが…

以前からアンナに接近していたなら、いつでも拉致出来たような…

そして、菅研究所が狙っているのは、世界初のゲノム編集ベイビーであるアンナ(広瀬すず)で、かなりアンナに近づいているわけだから、毒物を飲ませて拉致するとか、これまでに幾らでも奪うことは出来たのでは? なんか、余計に訳が分からなくなってしまった…

あとがき

最終章の幕開けなのは理解しますが、引っ張り過ぎて、いろいろ詰めの甘さが露呈してますね。これだけのキャストを集めたのですから、もっと面白いドラマが作れたでしょうに。もったいない…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15590/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ネメシス 第8話

菅研究所の大和(石黒賢)の暴露によって、アンナ(広瀬すず)はついに自分が父・始(仲村トオル)の手によって、世界初のゲノム編集ベビーとして生まれたことを知ります。 尚希(櫻井翔)と栗田(江口洋介)は、アンナから「知っていることを全部話して」と詰め寄られます。 栗田は、そこへやって来た凪沙(真木よう子)も一緒に、今まで調査していた人物相関図を見せて、20年前の事件、19年前の事故の話をするの...

日曜ドラマ『ネメシス』第8話

内容大和猛流(石黒賢)に接触した栗田(江口洋介)風真(櫻井翔)だが、そこに、アンナ(広瀬すず)が現れてしまい、栗田、風真が隠していたことが、大和の口からアンナに告げられる。アンナから、自身の出生について問われた栗田と風真は、20年前のことを語り始める。立花始(仲村トオル)の研究室での出来事を。敬称略脚本、片岡翔さん、入江悠さん監督、入江悠さん今まで。。。ネタフリというより、小出しにしてきたモ...

ネメシス 第8話「「20年目の告白…最終章の幕開け…衝撃の真相とは」」

原作は、映画監督の片岡翔と、入江悠・総監督が脚本を担当する、オリジナルストーリーとにかく、キャスティングが、めちゃ豪華!でも、広瀬すずに、天才大学生の、四葉朋美(橋本環奈)まで加えるとは、視聴者は、贅沢さに大喜びかもしれませんが、物語的なバランスに支障をきたさない?と感じてしまった私は、やや、ひねくれ者?!今回、ヒロイン。美神アンナ(広瀬すず)の、数奇なる生い立ち、その事情編…カンケン=菅研...

ネメシス #08

『20年目の告白…最終章の幕開け…衝撃の真相とは』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: