ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

恋はDeepに (第6話・2021/5/19) 感想

恋はDeepに

日本テレビ系・新水曜ドラマ『恋はDeepに』公式サイト
第6話『必ず君を守る… 彼女の秘密を共有した二人 愛の告白と覚悟のキス 禁じられた恋が加速』の感想。



鴨居(橋本じゅん)の不在に海音(石原さとみ)はぼうぜん。不安でいっぱいの海音を、倫太郎(綾野剛)は自宅へと案内する。研究室の面々も心配して蓮田家へ。そこで藍花(今田美桜)は海音と倫太郎に、榮太郎(渡邊圭祐)のことを相談する。一方、太郎(鹿賀丈史)が、光太郎(大谷亮平)と倫太郎からそれぞれ星ヶ浜に対する思いを聞き、その上でどちらをリーダーにするか決めると告げる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:徳尾浩司(過去作/おっさんずラブ、ミス・ジコチュー、私の家政夫ナギサさん)
演出:鈴木勇馬(過去作/東京タラレバ娘、今日から俺は!、俺の話は長い、#リモラブ) 第1,2,3,6
   岩本仁志(過去作/ナースのお仕事シリーズ、野ブタ。をプロデュース) 第4
   伊藤彰記(過去作/35歳の少女、ハケン占い師アタル、過保護のカホコ) 第5
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、シャーロックUS,テセウスの船、危険なビーナス、青のSP)
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサルシグマ)

前半17分間は、『恋はDeepに』から『恋はSaltに』に!

序盤から特に何もなく、ただただ、海音(石原さとみ)が “海の精” であることを強調するだけの、塩水、加湿器、海藻サラダで時間繋ぎし。もはや、『恋はDeepに』と言うより『恋はSaltに』に。で、気付いたら17分も、それだけで時間を消化。

これなら、いっそ、ドキッとしたら肌に鱗でも出るような特殊メイクで、分かり易く視聴者に「ファンタジー」を押し付けてくれた方がスッキリするのに。だって、もう、折り返しを過ぎた第6話なのだから。ぼちぼち、いろいろハッキリとさせてくれないと、人間である私が海中にいるわけでもないのに、息苦しくなる。

どうして、毎回「ファンタジー要素」を曖昧に描くのか。全く、理解できない…

中盤は、恋バナファンサービスの『恋はSweetに』へ

やっと、話が動き出したのが18分。でも、その後の展開は、とにかく『恋はDeepに』と言うより、綾野剛さんお目当ての視聴者向けサービスのオンパレードと『恋はSweetに』を全開で放映。

ドラマの本筋に全く関係無いが、ここまで視聴率低下が止まらないと、取る策は、話を進めるか、ロマンスを強調するかにしかなくなったのだろう。だって、最終回のオチなんて、どうにでもなっちゃうわけだから。

登場人物が多過ぎな上に、エピソードも盛り込み過ぎ

それにしても、大人の事情だか知らないが、本作って、とにかく、登場人物が多い。その上、脇役までに見せ場を作り過ぎの傾向が強い。そのために、恋バナの要素、お仕事ドラマの要素、その上、お家問題、登場人物たちの過去、脇役の恋バナなどが、大量に盛り込まれ過ぎ。

それだけなら、各出演者をお目当ての視聴者が満足するから視聴率は、それなりに上がるはずなのに上がらない。

第6話なのに、シリアス、コミカル、ファンタジーで混迷中

そりゃそうだ。流石に、ストーリー展開が雑な上に、ストーリーに背骨が通っていない。だから、単純に分かり難い。そして、分かり難くしている猛一つの要素が、シリアスなのか、コミカルなのか、ファンタジーなのか、第6話にもなっているのに、まだ指向性が定まっていない。

それなのに、冒頭で17分間(全体の約1/3)もファンタジー要素をぶち込んで来る。流石に、これでは何を描きたいのかが見えて来な過ぎる。どうして、ここまで混迷させて平気なのだろう…

あとがき

前回のサブタイトルで『大人のファンタジーラブコメ第2章開幕!』とありました。でも、これのどこが、「第2章」なんでしょう? 「第1章」より、海音が “海から来た精” らしさを強調しただけで、話は特に進んでません。まあ、敢えて言うなら倫太郎(綾野剛)の弟・榮太郎(渡邊圭祐)が何かやりそうな雰囲気を醸し出しているだけ。

ここまで、アラサー男女の恋バナを押し出すなら、お仕事パートって必要なのかな? 単純に海が好きな男女が知り合って、海洋破壊を止める程度で良かったのでは?


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15544/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

恋はDeepに 第6話

海音(石原さとみ)と暮らしていた鴨居(橋本じゅん)が警察に連行されてしまいます。 一人きりになる海音を心配する倫太郎(綾野剛)は、彼女を蓮田家に招待します。 それを知った藍花(今田美桜)たち研究室の仲間たちも蓮田家に押しかけて来ます。 海音は彼女たちの温かさに嬉しくなるのでした。 一方、藍花は榮太郎(渡邊圭祐)の隠し事が気になっていました。 こそこそと椎木(水澤紳吾)とやり取りする...

恋はDeepに #06

『必ず君を守る…彼女の秘密を共有した二人 愛の告白と覚悟のキス 禁じられた恋が加速』

恋はDeepに 第6話「必ず君を守る…彼女の秘密を共有した二人愛の告白と覚悟のキス禁じられた恋が加…

鴨居(橋本じゅん)が、警察に連行され、ひとりになってしまったことから海音(石原さとみ)を心配する、倫太郎(綾野剛)は、彼女を蓮田家に招待そこで2人は、どんどん距離が縮まり、ついに、スマホでの会話。ラストは、想いが通じて…遥香(泉里香)に、心がざわつく海音も可愛いっ!でも、個人的に、今田美桜が、とてもキュートに見えてしまう自分は、ドラマ鑑賞として、やや間違ってる?大胆設定の行く末を、様子見… ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: