ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おちょやん」 (第115回/最終回・2021/5/14) 感想

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第115回/最終回第23週[最終週]『今日もええ天気や』の感想。


 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


女優・竹井千代(杉咲花)が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃)や岡福うどんのシズ(篠原涼子)たち家族はもちろんのこと、岡安のかめやお茶子たち。さらには、長澤(生瀬勝久)や当郎(塚地武雅)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつけたのだった。舞台「お家はんと直どん」は、始終笑いに包まれながら、千代と一平(成田凌)の二人の場面に突入するのだった…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●作:八津弘幸 ●脚本協力:吉田真侑子 ●演出:梛川善郎(敬称略)

第14週から視聴モードを「好意的な解釈」から「様子見」に格下げしております。

「最終回」と「千秋楽」をかけた"言葉遊び"も空振りに

きっと、脚本家も演出家も、視聴者が面白いと思うはずだと思うから、あのアバンタイトルになったのだろう。最終回のアバンタイトルで黒衣(桂吉弥)が視聴者に向けて、こう言った。

N「それでは『おちょやん』 千秋楽の幕開けでございます」

恐らく、「最終回」と「千秋楽」をかけた “言葉遊び” をやったつもりなのだろう。しかし、奇しくも… である。イベント・ディレクターを生業にしている私にとって、この黒衣の台詞に苦笑しかなかった。

なぜなら、「千秋楽=最終日」ではないのだ。正しくは、複数日に亘って “同じ演目” を行う興行に於いて、公演の最終日や、その期間の最後の公演のことを言うのだ。

察しの良い方は既にお分かりだろう。例えば、相撲や歌舞伎や演劇で「千秋楽」と言う言葉を使う。あれ、相撲は関取は変わるが、やっていることは相撲。歌舞伎など演劇も演目は同じ(配役は違うことはあっても)だから千秋楽。ねっ、だから、毎日内容が違う時は「千秋楽」とは言わないの。でも、『おちょやん』は「千秋楽」だそうだ。

と言うことは、出演者や登場人物は入れ替わっても、毎日放送していたことは同じってこと。そりゃあ、連ドラとして、半年間も毎日同じようなことを続けられたら、飽きるわなぁ~ ってことだ。

「お家はんと直どん」の内容が、視聴者に十分伝わらなければ意味がない

何とか、最終回で脚本家が描きたいことは分かるが。主題明けの黒衣の次のナレーションで、既に失敗している。

N「始終 お客さんの笑い声に包まれながら
   いよいよ 千代ちゃんと 一平君 2人の場面となりました」

もう、最終回も抱えねばならぬのか(『コタローは1人暮らし』のコタローの武士言葉が憑依してしまった!)。これ、演目「お家はんと直どん」の内容が、ほぼ全く伝わっていない状況で、「観客は笑っている」、「観客は、一番の見所の千代と一平の二人芝居にワクワクしている」みたいに黒衣が解説して始まった。

確かに、これまでの千代(杉咲花)と一平(成田凌)がやって来たことを想像させるような、オリジナルの台本へ新たに付け加えた “らしき台詞” を喋らせて、強引に過去と繋げようとしているだけ。

でも、これ、ドラマとしては間違っている。なぜなら、「お家はんと直どん」の内容が、視聴者に十分伝わった状態で、台詞の書き換えやアドリブが見えてこそ面白いわけで。完全に、視聴者を欺いているのだ。

今回で致命的なのは、舞台中継の演出

その上、致命的なのは、舞台中継の演出だ。最初の1分半ほどはマシだった。でも3分頃から “らしき台詞” が登場してから、途端に舞台中継であるにもかかわらず、顔のアップの切り返しを多用した。確かに、ドラマ単体としては、ここをアップにするのは間違いとは言えない。むしろ、アップで見せたいところだ。

しかし、このシーンは舞台なのだ。カメラは “視聴者” でなく “劇場の観客目線” でなければ不自然なのだ。だから、カメラが舞台上に上がって、千代や一平のアップを撮るなんて、私に言わせれば言語道断。

いや、舞台袖を撮影するのに、カメラが舞台上に上がるのは間違っていない。しかし、役を演じている千代と一平のアップを撮るために… はNGと言いたいくらいだ。本来の演出は、観客席からのカメラで、上手く視聴者に魅(見)せることだったと思う。まあ、今日始まったことではないが…

必要以上に「観客の笑い声や拍手」を後付けしたのも大失敗

更に、舞台中継のシーンの演出として、決して過剰にやるべきではなかったことを、今週の演出家はやってしまった。それは、演劇の内容の面白さも、千代と一平が “私事” を交えて演じる楽しさが、視聴者にほとんど伝わっていないのに、「観客の笑い声や拍手」を後付けで必要以上に加えたことだ。

この演出によって、つまらないバラエティー番組が「後付けの観客の笑い声や拍手」によって、余計に寒々しくなるのと同じ効果になってしまった。とにかく、ここでの演出は芝居の内容を伝えるのを、最優先させるべきなのに、強引に「面白いことをやっているんですよ」と押し付け、盛り上げようとしてしまったのだ。

芝居の見せ場を感慨深く見るインサートカットの人物の選択が間違っているような

そんなのを3分以上も続けたのちに、シリアスな場面になって、唐突に観客席で目に涙を浮かべている春子(毎田暖乃)の どアップを差し込んだところで、舞台袖でいつ泣き出すかもしれない子供を抱いてる灯子(小西はる)をインサートしたところで、なんのこっちゃ? って感じしかなかった。

ここ、舞台上の演技で “間” がもたないから、インサートカットで逃げたと思う。でも、この芝居の見せ場を感慨深く見るインサートカットとして適当なのは、恐らく、シズ(篠原涼子)と宗助(名倉潤)とみつえ(東野絢香)の3ショットと、舞台袖の団員に囲まれ、出番を待っている寛治(前田旺志郎)だったのでは?

なんか、もう最終回の編集すらやっつけ仕事のような…

普通に、千代の演技を見た春子が、喜劇女優になりたいと心変わりした方が自然だったような

もう、どうでも良いのだが、11分頃、良くわからない表現があった。春子が、次のように言った。

春子「私も お母ちゃんに負けへんくらい
   みんなのことを元気にしたげんねん」

え~と、きっと私が見逃したのだ。春子が看護婦になりたいのは、千代が舞台で観客たちを元気にしたから、自分は看護婦でみんなを元気にしたいってこと? えっ? え~と、超好意的な解釈をして、千代が自分の演技や芝居で観客たちに与えたかった “元気” は、明日への希望とか、ちょっとのことではへこたれない勇気とかだったのでは?

でも、この表現だと「元気=健康」となってしまって、肝心な部分がねじれ現象を起こしているような。だったら、“普通に” 春子が千代舞台を一目見て、看護婦になるのを止めて、お母ちゃんと同じ喜劇女優になって、「私も お母ちゃんに負けへんくらい みんなのことを元気にしたげんねん」で良かったのでは? 八津弘幸氏、ここまで投げやりに書くか!

なぜ、最終回だけ「今日も ええお天気や」なの???

さて、『おちょやん』の感想の最後に書くのは、これまでも千代の決め台詞として幾度も使われてきた「今日も ええ天気や」についてだ。最終週のサブタイトルも]『今日もええ天気や』と表記されている。しかし、ラストシーンで青空を見上げて千代が言ったのは…

千代「今日も ええお天気や」

そう、「お天気」と言っていた。恐らく、誰もが、この決め台詞がラストシーンで印象的に使われると思ったに違いない。少なくとも私は、そう思った。しかし、何の捻りも無ければ、超が付く程の想定内。なのに、台詞は「今日も ええお天気や」。

これが、演者のアドリブであれば、なぜ「お」を付けたのか聞いてみたい。そして、脚本家が書いたなら理由を知りたい。そして、演出家の判断でこれを “OKテイク” にしたなら、反則か見逃しのどちらか。いずれにしても、最後の最後まで、もやもやが晴れない「しょうもない天気」続きの朝ドラであった…

あとがき

このストーリー展開、半年間も放送するポテンシャルを持っていませんでしたね。名作ドラマ『少年寅次郎』のように、NHK総合の「土曜ドラマ」枠で、40分か50分で4~5回くらいが、ちょうど良かったかも? それなら、脇役の無駄話を盛り込んでる余裕はなくなるでしょうから。

それにしても、最終回を迎えても何も残らない朝ドラがあるんですね。ただただ、杉咲花さんが怒鳴っては、演じる千代が騒動を解決し、次々と人がヒロインから離れていく印象しかありません。

約6か月、毎日、感想を読んで下さり、ありがとうございました。これまで 18作品の朝ドラの感想を書いて来ましたが、感想が浮かばなかった日があったのも、途中から “完走モード” から “様子見モード” になったのも、初めての作品でした。次作『おかえりモネ』には、そうならないことを祈りつつ、「おちょやんロス」もなく、感想を締め括らせて頂きます…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15517/


【これまでの感想】

第1週『うちは、かわいそやない』
1 2 3 4 5 
第2週『道頓堀、ええとこや~』
6 7 8 9 10 
第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』
11 12 13 14 15 
第4週『どこにも行きとうない』
16 17 18 19 20 
『おちょやん よいお年を!』
第5週『女優になります』
21 22 23 24 25 
第6週『楽しい冒険つづけよう!』
26 27 28 29 30 
第7週『好きになれてよかった』
31 32 33 34 35 
第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』
36 37 38 39 40 
第9週『絶対笑かしたる』
41 42 43 44 45 
第10週『役者辞めたらあかん!』
46 47 48 49 50 
第11週『親は子の幸せを願うもんやろ?』
51 52 53 54 55 
第12週『たった一人の弟なんや』
56 57 58 59 60 
第13週『一人やあれへん』
61 62 63 64 65 
第14週『兄弟喧嘩(げんか)』
66 67 68 69 70 
第15週『うちは幸せになんで』
71 72 73 74 75 
第16週『お母ちゃんて呼んでみ』
76 77 78 79 80 
第17週『うちの守りたかった家庭劇』
81 82 83 84 85 
第18週『うちの原点だす』
86 87 88 89 90 
第19週『その名も、鶴亀新喜劇や』
91 92 93 94 95 
第20週『何でうちやあれへんの』
96 97 98 99 100 
第21週『竹井千代と申します』
101 102 103 104 105 
第22週『うちの大切な家族だす』
106 107 108 109 110 
第23週[最終週]『今日もええ天気や』
111 112 113 114

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『おちょやん』第115回(最終回)

内容再び、道頓堀の新喜劇の舞台に上がった千代(杉咲花)敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さんやろうとしていることは理解するが。もっとね。“普通”に、そして“普通のこと”。。。“物語”を、シッカリと“連ドラ”として積み上げていていれば、もうちょっと、楽しめただろうに。。。。以上

おちょやん 最終回

キャスティングが贅沢で、名優・竹井千代をモデルに、可憐な、若手・演技派・杉咲花で描いた朝ドラ花菱アチャコや、藤山寛美、等々、かなり有名な方々が、モデルになってたそうで波乱万丈を描いてたけれど、最終盤でこそ、サクセス街道、まっしぐら!ラストは劇場で… でしたが、個人的に、ここまで、幼少期の父親(トータス松本)を酷いキャラにする必要あったのかなぁ… とか、朝ドラ・ヒロインを、ここまで気丈で、タフ...

『おちょやん』最終話によせて

​​​​​​​​​口上で終わるのかと思ったら 舞台袖で泣く つまり、語り手としてではなく自分自身の感情を出す 黒衣…という最後は良かったよ。 でも、草原兄さんったら ​涙出てなかったで!?​ …あ、いや 出てたんだろうな…出てたんだと思うよ…出てたことにしとこう>ぉ …ひじゅにですが何か? ​「生きるっちゅうのは、ほんまにしんどうて …おもろいなあ」​by千代 ちゅーことで...

『おちょやん』最終話によせて

​​​​​​​​​口上で終わるのかと思ったら舞台袖で泣くつまり、語り手としてではなく自分自身の感情を出す黒衣…という最後は良かったよ。でも、草原兄さんったら​涙出てなか...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: