ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おちょやん」 (第114回・2021/5/13) 感想

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第114回第23週[最終週]『今日もええ天気や』の感想。


 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


道頓堀を発つ日、春子(毎田暖乃)を岡福に預けて、千代(杉咲花)が向かった先は一平(成田凌)のもとだった。2年ぶりに一平と灯子と対面する千代。道頓堀で芝居をしたいと正直な気持ちを伝える。そして、娘の春子に喜劇を見せるために、鶴亀新喜劇の舞台出演を引き受けたいと申し出るのだった。夕方、岡福に帰った千代は、この決断を真っ先に春子に報告する。女優・竹井千代が道頓堀の舞台で再び芝居をする日がついに実現する…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●作:八津弘幸 ●脚本協力:吉田真侑子 ●演出:梛川善郎(敬称略)

第14週から視聴モードを「好意的な解釈」から「様子見」に格下げしております。

もっともっと「うちらの喜劇」を描くべきだった

アバンタイトルで、千代(杉咲花)の「うちらの喜劇を 娘に見せたいんだす」と、わざわざ前回を繰り返されても… 一言、困るだけなのだが。だって、書くのも面倒だが、明日は最終回でぐったりしているはずで、細かく感想を書く気にならないから、今回の内に書いておく。

そもそも(この単語が私の感想に登場した時点で、私が呆れているのは、既に多くの読者さんがご存知だと思う)、「うちら」の範疇が曖昧で、「うちらの喜劇」って何なの? のレベルで、そんな曖昧だらけなものを、つい先日に戸籍上で親子関係になったばかりの “フレッシュな10歳の娘” に見せたところで、ただの “自己満足” ではないだろうか。

この台詞を最終回への主人公の最後の “動機付け” の理由にしたいのなら、もっともっと前段の時点で、「うちらの喜劇」を描くべきだったと思う。

まあ、それこそ個人的には、ラジオ局で、スタッフや共演者たちから一目置かれて、生き生きとラジオドラマの現場をこなす姿を春子(毎田暖乃)に見せた方が、余程「千代母ちゃんは、スゴイ!」と肌で感じると思うし、春子の自信&自慢にもなって、看護婦になる目標に向かって頑張る気持ちが湧いてくると思うが…

千代の舞台出演の報告が、春子へも、岡田家へも雑過ぎる

そんなわけで、まず注目したのは、千代が春子にどう報告するのか? そして春子は、どう受け止めるのか? でも、結果は「春子に見てほしいんだす」「私 見たい」と言っただけ。これは脚本家が、「春子が、舞台に立っている千代を見れば、何かを感じるはず」と視聴者に解釈を丸投げしたのと同じ。

演出家は、その丸投げを、二人を見守る岡田家の面々の涙で誤魔化した。やはりここは、ナレーションで嘘でもいいから「千代ちゃんは、自分が大好きな仲間たちとの喜劇を見て欲しかったのです」か、「春子ちゃんは、千代ちゃんが舞台に立つ姿を初めて見るのが嬉しそうです」くらいは補強しないと。

脇役の泣き顔のアップを幾つも繋いだところで、何も伝わらなきゃしないのだから。いや、むしろ、千代は春子には春子に、岡田家の面々には春子のいない場で改めて、これまでの感謝を伝えつつ報告すべきだったと思う。それを描かないから、千代は不義理に見えてしまう。まっ、今さら言ってもしょうがないが。

当郎らラジオドラマ関係者には、報告する場面が欲しかった

主題歌明けには、当郎(塚地武雅)らラジオドラマの関係者に報告するシーンがあると思いきや、欠片もなかった。まあ、不義理が千代のお約束だから驚きやしないが。

やはりここは、千代をどん底から引き揚げてくれた謂わば “恩人” である当郎と脚本家の長澤(生瀬勝久)には、「お陰様で、道頓堀の喜劇に1日だけ出演出来ることになりました」と感謝を伝える1カットがあった方が良かったと思う。

それこそ、本読みのシーンの直前に「皆さんには、稽古でご迷惑をお掛けするかも知れませんが…」と一言断ってもいいし。なのに、やったのは、ちっとも笑えないコント風の “サプライズ” で千代を引き留めるって描写。これ、前段で千代の報告があって、千代を応援するために皆で練習して、そして時間経過してからでないと笑えない。

それにしても、春子への宿題の場面や終盤での熊田(西川忠志)への感謝を伝える場面もそうだが、なぜ、千代は何処か “キツイ” 物言いしか出来なくなったのだろう。もう、中堅女優で、いい歳のはずなのに…

不倫を「その節」と解釈し和解したなら「座長」と言うべき

どうでも良いことなのだが、残り1回しかないから書いておく。なぜ、千代はこの場に及んでも「座長」と呼ばずに「一平」と呼ぶのかが分からない。それでなくても、千代が、一平と灯子(小西はる)の不倫を「その節」程度に解釈して、和解した上で舞台に立つ、舞台に立ちたい理由が明瞭でないのだ。

だったら、千代がケジメを付けた証しして、「座長」と呼ぶのが最も分かり易いのでは? そこを「一平」と呼んでしまうと、引き摺っている、未練がある、恨みがある… ように映ってしまうことに、脚本家は気付かなかったのか…

相変わらずの過剰な"千代推し"の演出で、遂に"春子推し"か

もう、こうやるしか無かったのだろう。稽古のシーンはほぼ無くて、妙に意味深な千代の加えたい台詞だけ強調して演出。でも、これまでの描写不足によって、強調したところで何も伝わらない。そして、本番の日の客席も、千代の関係者が順序良く登場して、不自然過ぎる挨拶回り。

そして、相変わらずの過剰な “千代推し” の演出で、千代が画面にいない時は “春子推し” に切り替えて。まっ、春子役の毎田暖乃ちゃんを使って、最初の3週間で『おちょやん』の出鼻をくじいた梛川善郎氏が最終週の演出だから、当然と言えば当然なのだが…

あとがき

昨日は、午前中に「がん検診」がありまして、投稿が遅れました。気になった方、心配して下さった方、申し訳ございません。

さて。明日が最終回とは思えぬ程の、盛り上がりの無さ。ただただ、普通の週のように、久し振りに千代が一平と舞台に上がるだけ。きっと、拍手の嵐で終わるのでしょうが、それが「千代の人生」の何なのか?

こんな中途半端な終盤にするなら、離婚したところからの「千代の再起」を描いた方が良かったと思います。でも、明日が最後。舞台の幕が上がって、ドラマの幕が下りる。それも、いいかも…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15514/


【これまでの感想】

第1週『うちは、かわいそやない』
1 2 3 4 5 
第2週『道頓堀、ええとこや~』
6 7 8 9 10 
第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』
11 12 13 14 15 
第4週『どこにも行きとうない』
16 17 18 19 20 
『おちょやん よいお年を!』
第5週『女優になります』
21 22 23 24 25 
第6週『楽しい冒険つづけよう!』
26 27 28 29 30 
第7週『好きになれてよかった』
31 32 33 34 35 
第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』
36 37 38 39 40 
第9週『絶対笑かしたる』
41 42 43 44 45 
第10週『役者辞めたらあかん!』
46 47 48 49 50 
第11週『親は子の幸せを願うもんやろ?』
51 52 53 54 55 
第12週『たった一人の弟なんや』
56 57 58 59 60 
第13週『一人やあれへん』
61 62 63 64 65 
第14週『兄弟喧嘩(げんか)』
66 67 68 69 70 
第15週『うちは幸せになんで』
71 72 73 74 75 
第16週『お母ちゃんて呼んでみ』
76 77 78 79 80 
第17週『うちの守りたかった家庭劇』
81 82 83 84 85 
第18週『うちの原点だす』
86 87 88 89 90 
第19週『その名も、鶴亀新喜劇や』
91 92 93 94 95 
第20週『何でうちやあれへんの』
96 97 98 99 100 
第21週『竹井千代と申します』
101 102 103 104 105 
第22週『うちの大切な家族だす』
106 107 108 109 110 
第23週[最終週]『今日もええ天気や』
111 112 113

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『おちょやん』第114回

内容一平(成田凌)と再会した千代(杉咲花)は、新喜劇に出ることを伝えた。そして。。。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さん“春子に見てほしい”。。。。らしい。で、泣かれてもなぁ。。。。。。。。。。。(苦笑)“前提”になるモノがハッキリしないなかで、よくもまぁ、こんな展開にしたよねぇ。いや、“本来”なら、何も間違っていないんだけどね。
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: