ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

コントが始まる (第4話・2021/5/8) 感想

コントが始まる

日本テレビ系・土10ドラマ『コントが始まる』公式サイト
第4話『捨て猫』、EPG欄『離れていた親子。いつの間にか涙が零れる夜がある。』の感想。



春斗(菅田将暉)らの高校時代の担任教師である真壁(鈴木浩介)は、潤平(仲野太賀)らが今も相談する恩師。「マクベス」に深い縁があり、妻の出産に急ぐ真壁を瞬太(神木隆之介)が車で送ったこともある。その真壁は、瞬太が母・友利子と絶縁状態であることを心配していた。一方の里穂子(有村架純)は、年下の同僚・うらら(小野莉奈)に力を貸すつむぎ(古川琴音)の面倒見の良さに感心する。
---上記のあらすじは[[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:金子茂樹(過去作/世界一難しい恋、もみ消して冬、俺の話は長い)
演出:猪股隆一(過去作/怪盗 山猫、家売るオンナシリーズ、ニッポンノワール、35歳の少女) 第1,2
   金井紘(過去作/信長協奏曲、ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~) 第3,4
音楽:松本晃彦(過去作/踊る大捜査線、3年A組、ニッポンノワール)
主題歌:あいみょん「愛を知るまでは」(unBORDE)

冒頭のコントが、本当に下手なコント師がシュールなネタをやっているように見えた

まず、今回で良かったのは、冒頭のコントの部分。

前回では、演出家が第2話までの担当者と交代したためか、下手なコント師を演じている演技の上手い俳優さんが、今一つなネタをやっているように見えてしまっていた。

しかし、今回は、猫のメイクをしていることと、前回よりもカット割りが増えたのと、引きの画が減ったことで、全体的に、ちゃんと下手なコント師がシュールなネタをやっているように見えた。

ほんの僅かな演出家の演技指導や編集の違いだろうが、やはり脚本家の意図と演出のさじ加減が合致すると、本物に見える。そんなことを、改めて思い知った、冒頭のコントだった。

「マクラ」で予想した「本編の中盤以降」は想定外だった!

さて、今回(本作)を見て、「冒頭のコントが、終盤へのあざとくも巧みなネタ振りであり、回収も見事だ」なんて言う人はいないと思うが。とは言え、最近は、ネタ振りと回収こそがドラマの醍醐味と勘違いしている人が多いようだが。

で、『コントが始まる』を見ている人には、釈迦に説法だと思うが、本作の構成は「落語の、マクラ+本題+サゲ」の構成をそのまま引用している。だから、『コントが始まる』と言うタイトルが、粋で洒落ているわけだが。

でもって、落語は通常、いきなり本題には入らず、世間話や本題に関する小噺をする。これが「マクラ」。語源は和歌の冒頭につく「枕詞(まくらことば)」から来ている。「マクラ」は観客に自然と落語の世界観へ入ってもらう役割を果たす。だから、とっても重要だ。しかし、「マクラ」によって、自ずと「本題」は見えて来るものだ。

いや、世界観へ誘うものだから当然だ。しかし、今回は、中盤までは予想できたが、中盤以降のエピソードは予想出来なかった。もちろん、中盤までで幾つかの「サゲ」を予想させる “フラグ” は立っていた。

因みに「サゲ」とは、落語で本題の最後に、洒落や語呂合わせ、機転の利いた言葉で締め括る「落ち」があり、それを「サゲ」と言う。更に釈迦に説法を言うと、「落語」とは、「落ち」がある「噺」だから「落とし噺」が語源である。

この重過ぎるエピソードを「母の日」の前日に放送するチャレンジ精神

それにしても、「母の日(5月9日)」の前夜に、敢えて、この重過ぎるエピソードを持って来たチャレンジ精神に驚いた。やはり、中盤までの幾つかのフラグを見れば、「母の死」は無いかなと。それと、先生の解散しろと言うアドバイスも。良い意味で、裏切られた感じだ。

重苦しい話がラストに集約され、新緑の間を快く吹く初夏の風を感じた気分になった…

そして、今回で一番良かったのは、これまでは、売れないコントトリオと、彼らを取り巻く人たちの青春群像劇だと思ってはいのだが、今回のエピソードは、冒頭のコントも、コントトリオ「マクベス」も無ければ、できないエピソードになっていたことだ。

どうしても、これまでの本編では、冒頭のコントも「マクベス」もなくても、演技派の俳優さんたちが演じれば、脚本家が伝えたいものは伝わるのではないかと思っていたのだ。

でも、今回は明らかに違った。「マクベス」があって、「コント」があって、更にコントのあの「サゲ」があったからこそ、穂子(有村架純)の妹・つむぎ(古川琴音)の生き方のくだりや、イタリアンレストランのシーンも、春斗(菅田将暉)たちの緑東高校時代の担任・真壁(鈴木浩介)が言った「18から28までと これからの10年は 別次元の苦しみだぞ」の一言も…

本編のラストと、コントの「サゲ」に集約されて、重く辛く厳しい青春時代の話に、新緑の間を快く吹く初夏の風を感じた気分になった。

あとがき

落語と同じで、徹底的に本編については、言葉選びも、スマホの使い方も、場所や時間帯も、きっちりエンディングのために計算され尽していますね。一つも無駄が無いし、欠けてもダメ。でも、最後まで見ないと全体像が見えないのは、ジグソーパズルのよう。様式に捉われながらも、展開は想定外。そこのギャップも見事だと思います。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15498/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

コントが始まる #04

『捨て猫』

土曜ドラマ『コントが始まる』第4話

コント「捨て猫」。内容つむぎ(古川琴音)は姉・里穗子(有村架純)が見ていた“マクベス”のコント。で“捨て猫”というモノだけが雰囲気が違うと口にする。すると里穗子は、そのコントだけ瞬太(神木隆之介)が書いたモノだと説明する。そのころ瞬太と潤平(仲野太賀)は、“マクベス”の名前が決まった日のことの話をしていた。背中を押してくれた担任の真壁(鈴木浩介)とのことを。そして瞬太は、母・友利子(西田尚美...

コントが始まる 第4話 「捨て猫」

今旬の豪華キャスティングで、靑春後期の、ホロ苦さを好演。今回は、タイトルが「捨て猫」ってのもキモで、“瞬太”神木隆之介と“つむぎ”古川琴音の過去が、現代で絡み合うあたり、グッ余談ながら、菅田将暉、仲野太賀、神木隆之介、有村架純は、全員同じ歳で、28歳だそう有村架純と”古川琴音、タイプの違うチャーミングさが、贅沢感…親と子の、もつれた関係を修復できるか?とは、金子茂樹・脚本。心憎いところをつい...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: