ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ドラマ10「半径5メートル」〔連続10回〕 (第2話・2021/5/7) 感想

半径5メートル

NHK総合・ドラマ10『半径5メートル』公式サイト
第二号〔連続10回〕『出張ホスト百人斬り』の感想。




目覚めたら山辺(毎熊克哉)とベッドを共にしていた風未香(芳根京子)。以来、山辺はただ泊まりに来ては朝、会社に行くということを繰り返し、風未香を混乱させる。ある日企画会議で女性用風俗が話題になり、風未香は宝子(永作博美)と共に様々な「出張ホスト」とのデートを体験取材することに。そんな中、デスクの丸山(尾美としのり)は、宝子が取材した利用者の中に妻の絵美(片岡礼子)がいることに気づきがく然とする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋部敦子(過去作/救命病棟24時1,2、僕シリーズ3部作、僕らは奇跡でできている)
脚本協力:藤平久子(過去作/下町ロケット、これは経費で落ちません) 2
演出:三島有紀子(過去作/映画「ビブリア古書堂の事件手帖」、石坂線物語~華の火~) 第1,2
   岡田健(過去作/盤上のアルファ、西郷どん、とと姉ちゃん)
   黛りんたろう(過去作/鼠、江戸を疾る、ぬけまいる~女三人伊勢参り)
   北野隆(過去作/いだてん、不要不急の銀河:助監督)
音楽:田中拓人(過去作/カフェ・スカンジナビア、ビターシュガー)
挿入歌:「5 meters」(作詞:三島有紀子 / 作曲:田中拓人)

前回の振り返りは、あった方が良かった

前回の振り返り… ないんだ。まず、驚いてしまった。これだけ多くの連ドラが、中盤を迎えている時点で、遅く始まった連ドラだから、個人的には “視聴者に優しく” 第1話の振り返りくらい入れた方が良かったと思う。もちろん、脚本と演出が、ワンシーン目のインパクト重視でやったのは理解するが。やはり、見やすく作ると言うのも大事なわけで…

最後まで見ないと完成図が全く予想が出来ない挑戦的な構成

金曜深夜、テレ東で放送中のドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』のサブタイトル的に言うと、『男とか 女とか 癒しとか』。そんな感じのNHKドラマ10『半径5メートル』の第2話。最後まで見ないと、40分以上に亘って描かれたジグソーパズルのような細々したパーツが、どんな完成図になるのか全く予想が出来ない構成。かなり挑戦的だ。

もっと、主人公が仕事をしているように見えないと本末転倒

そう言う挑戦的な構成だから、正直 “不満要素” はある。例えば、風未香(芳根京子)が取材をしているように見えなかったこと。まあ、本当は、今回の致命傷とも言うべきは、そこだけ。取材をしているのか、個人的悩み相談をしているのか、映像から判断しづらかった。やはり、宝子(永作博美)がカメラで隠し撮りをしているだけでは物足りない。

それと、もう一つ。45分と言う放送尺を考えると、若干、盛り込み過ぎな点。特に山辺(毎熊克哉)の尺が長過ぎる。これによって、益々、風未香が取材ではなく、最後の語りの部分以外は仕事すら本気でしているようには見えなくなった。

山辺の出番を減らして、宝子を増やせば、元に戻ると思う

その原因かどうかはわからないが、第2話には、藤平久子氏が脚本協力としてスタッフに加わっている。なんのために増員したのかわからないが。明らかに、前回よりも橋部敦子氏脚本らしい “社会性” を盛り込んだヒューマンドラマ色が薄まった。恐らく、山辺の出番を減らして、宝子を増やすだけで、元に戻ると思うが…

橋部敦子氏の脚本と三島有紀子の演出の相性は抜群に良い

とは言え、「出張ホスト百人斬り」の企画から、「ホストの存在意義」は話を展開して、丸山デスク(尾美としのり)と 妻・絵美(片岡礼子)の夫婦関係へ繋げて、前述のような『男とか 女とか 癒しとか』へ帰着させたのは、やはり橋部敦子氏の脚本らしい。

また、三島有紀子の演出で描かれた、ひたむきに、悩みながら、でも柔軟性をもって生きる人々は第1話と同様に見応えがあった。

出張ホストから合い鍵と加齢臭へふんわり着地…が心地良い

「出張ホスト」と言う、普通に生活していたら “いかがわしい職業” の代表格のような職業人を題材にして、恋愛に不器用な若い男女の行き違う気持ちのやり取りや、セックスレスの熟年夫婦の愛のカタチの在り方を、合い鍵と加齢臭へ、ふんわりと着地させたのは、やはり「橋部敦子 脚本 × 三島有紀子 演出」ならではの世界観。

ほのぼのとしたテンポ感と、ちょっとレトロな映像美で、コミカルに笑えつつも、現代社会で表面化して来ない部分を上手く表に拾い上げて、視聴者と一緒に「半径5メートル」の小さくて大きな世界を観ようよ、と言うメッセージが伝わって来るドラマだ。

あとがき

もう少し交通整理をして、主人公の仕事をきちんと見せるだけで、第1話のような面白さは戻ると思います。次回に、期待します。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15493/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: