ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おちょやん」 (第105回・2021/4/30) 感想

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第105回第21週『竹井千代と申します』の感想。


 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


ラジオドラマ「お父さんはお人好し」のお母さん役に、竹井千代(杉咲花)を配役することを諦められない長澤(生瀬勝久)は、思い丈を全て千代にぶつけるのだった。一方で千代は、「お家はんと直どん」の千秋楽での自分の失態が脳裏から離れず、つらい思い出を引きずっていた。長澤の言葉に心揺さぶられるも断るのだった。その日の夕方、春子が嬉しそうな様子で学校から帰ってくる。春子の言葉が、千代の何かを動かそうとしていた…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●作:八津弘幸 ●脚本協力:吉田真侑子 ●演出:梛川善郎(敬称略)

第14週から視聴モードを「好意的な解釈」から「様子見」に格下げしております。

杉咲花さんの号泣でドーランが剥げたのに、OKテイクか…

どうでも良いことなのだが。4月22日放送の第99回に、千代(杉咲花)が寬治(前田旺志郎)が作ったチャーハン(焼き飯か?)を食べて号泣するシーンがあった。その時の芝居をよほど演出家が気に入ったのか、ご飯粒を零したカットを「OKテイク」にしていた。

本当に、どうでも良いのだが。やはりプロの演技者とプロの演出家が仕事をしているのだから、特に「ここぞ!」と気合の入るシーンの時は気にして欲しかった。そして、今回の4分でも同じことが起きた。春子(毎田暖乃)が千代に抱きついて、千代が号泣するのだが、涙で “ドーラン”(ファンデーションのような撮影用の化粧品)が剥げていた。

つくづく、どうでも良いことなのだが。あの剥がれた一筋の線が、一瞬にしてドラマの世界観をぶち壊す。「撮り直さなかったんだ」、「杉咲花さん、気を付けなかったんだ」、「演出家も気を遣わなかったんだ」って。ドラマとは、虚構の世界を現実に魅せるマジック。楽屋の化粧室が見えてはダメなのだ。

因みに、大女優だった森光子さんは、監督の指示で左右どっちの目から、何滴涙を流し、どう頬を伝えるかもコントロールしていたと言う。本当に、どうでも良いことだが…

春子の宿題からラジオドラマの出演を承諾するのも曖昧だが

あとは。楽しんだ人、「今日は、神回」だと思った人は読まない方が良い。

春子の宿題からラジオドラマの出演を承諾するくだりも、千代の心情の変化を、作り手たちは私に脳内補完をどこまで要求しているのだろう… と、ばかリ考えてしまった。そもそも、私が理解できていないと恥をさらして書いてみるが…

私自身は、千代が “なぜ女優になりたいと思ったのか” が納得出来ていない。更に、“なぜ女優になろうとしたのか” も納得出来ていない。女優に憧れる断固とした “きっかけ” が、まず曖昧だ。

そして、当時の千代の経済状態や家庭事情を鑑みれば、「岡安」で茶子として奉公していた時に、何が “きっかけ” で女優になろうとしたのか、喜劇で人を笑わせたいと思ったのか、正直、私には、それら2つの動機が曖昧過ぎて、モヤモヤしたまま約5か月間、約100回を見続けてきた。

理解はできるが"理解した事"が描かれて来なかった事が問題

好意的な脳内補完を幾らやっても無駄なことを悟った私は、第86回/第18週『うちの原点だす』から、好意的な脳内補完をやめ様子見モードで、描かれることを単純に受け止めることにして来た。そんな中で、今度は、千代が女優を引退して、女優復帰を頑なに拒否をし始めた。これには、困った。

だって、女優に憧れたきっけも、女優になろうとした動機もモヤモヤしたまま、引退して、復帰を拒否したのだから。

もちろん、封印中の好意的な脳内補完を使えば、理解はできる。理解はできるが、間違いなく “理解した事” は、描かれていない。描かれていないから、理解できない。だから、脳内補完するしかない。これは、単純にドラマとして「描いている」とは言えないし、視聴者の一人として「理解できている」とは全く違うのだ。

この私の気持ち、脳内補完しなくても、わかって頂けるだろうか…

千代が栗子の種明しの"解説を上乗せ"したのは最大級の野暮

例えばだ。私にはどうでも良いことだが、これまで千代に花籠を贈ってくれて来た人物が特定された。これは、理解できる。脳内補完をしなくても。だって、贈っていた本人・栗子(宮澤エマ)が自分で送った理由を述べたのだから。なのに、本作の脚本家と演出家は、千代に長々とモノローグで解説まで盛り込んだ。

それも、また「思い出ビデオ」を使ってまで。でも、これで良いのだろうか? 私は、栗子が自ら告白するのは許容できる。だって、何処かの時点で “種明し” をしないといけない案件だから。手品やマジックではないのだし。

でも、千代が長々と「栗子さんが贈ってくれていたんだ…」と “種明し” の解説するのは、ドラマに於いて “最大級の野暮” だと思う。だって、本来は、千代の解説がなくても、栗子が隠し持っていた花籠を千代に差し出した瞬間にで、多くの視聴者が、「あの栗子が」、「なるほど」と、栗子の心情と千代の感謝の気持ちを感じるように、作り込んで来るべきだったのだから。

なのに、本作は、それをやって来なかった。今回を見れば、「花籠=千代の女優人生の象徴」ではないか! だったら、千代の女優人生を描く物語にとって、特に必要性を感じない脇役のスピンオフのエピソードなんかに、ダラダラと放送尺を割かずに、もっと千代が “花籠の贈り手” に恥じないように、芝居や演劇に取り組む姿を描くべきだった。

今回の15分間を見て、改めて、如何に全体の構成が下手だったのか、話数減少している中で時間の無駄遣いをし過ぎたか、よ~く分かるエピソードだったと思う。

あとがき

『おちょやん』のモデルとなった浪花千栄子さんの人生をご存知の方なら、あれこれ追加しなくても、普通に史実をなぞって、普通にホームドラマとして描くだけで、朝ドラお得意の「波乱万丈の女一代記」になったと思います。

「大阪のお母さん」とまで親しまれたモデルなのに、最終週の直前が、ラジオドラマ出演ですか。言いたくないですが、この後、映画「夫婦善哉」や映画「蜘蛛巣城」、そして名作の映画「彼岸花」など、結構、映画好きなら見たかった部分があるのですが1週間しかないとは…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15462/


【これまでの感想】

第1週『うちは、かわいそやない』
1 2 3 4 5 
第2週『道頓堀、ええとこや~』
6 7 8 9 10 
第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』
11 12 13 14 15 
第4週『どこにも行きとうない』
16 17 18 19 20 
『おちょやん よいお年を!』
第5週『女優になります』
21 22 23 24 25 
第6週『楽しい冒険つづけよう!』
26 27 28 29 30 
第7週『好きになれてよかった』
31 32 33 34 35 
第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』
36 37 38 39 40 
第9週『絶対笑かしたる』
41 42 43 44 45 
第10週『役者辞めたらあかん!』
46 47 48 49 50 
第11週『親は子の幸せを願うもんやろ?』
51 52 53 54 55 
第12週『たった一人の弟なんや』
56 57 58 59 60 
第13週『一人やあれへん』
61 62 63 64 65 
第14週『兄弟喧嘩(げんか)』
66 67 68 69 70 
第15週『うちは幸せになんで』
71 72 73 74 75 
第16週『お母ちゃんて呼んでみ』
76 77 78 79 80 
第17週『うちの守りたかった家庭劇』
81 82 83 84 85 
第18週『うちの原点だす』
86 87 88 89 90 
第19週『その名も、鶴亀新喜劇や』
91 92 93 94 95 
第20週『何でうちやあれへんの』
96 97 98 99 100 
第21週『竹井千代と申します』
101 102 103 104

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『おちょやん』第105回

内容花車当郎(塚地武雅)の説得にも、女優復帰を拒否する千代(杉咲花)その千代の元を、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)が訪れ、もう一度説得する。だが千代は。。。。そんななか、千代は、春子(毎田暖乃)から。。。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さんこれって、どこまで好意的に脳内補完すれば、良いのかな?個人的に、一番、よく分からないのは、 主人公・千代が女優に憧れたこと。それに続いて、分からない...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: