ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

大豆田とわ子と三人の元夫 (第3話・2021/4/27) 感想

大豆田とわ子と三人の元夫

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』公式サイト
第3話『全俺が泣いた ?器が小さい男の恋』の感想。
また、本作は昨夏に全話を撮影終了しているため、要望などは基本的に書きません。



大学図書館の設計を巡り、とわ子(松たか子)は優秀な若手建築士のデザインを評価しつつも、予算面から不採用に。それがきっかけで社内に不穏な空気が流れ始め、とわ子は悩む。女優・美怜(瀧内公美)からのアプローチに戸惑う鹿太郎(角田晃広)は、ダンス教室で出会ったとわ子とのなれそめを振り返っていた。そんな中、鹿太郎はとわ子が社長業に悩んでいることを知る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:坂元裕二(過去作/東京ラブストーリー、問題のあるレストラン、カルテット)
演出:中江和仁(過去作/映画「嘘を愛する女」、きのう何食べた?) 第1,2
   池田千尋(過去作/プリンセスメゾン、まどろみバーメイド) 3
   瀧悠輔(過去作/僕はどこから)
音楽:坂東祐大(過去作/美食探偵 明智五郎)
ナレーション:伊藤沙莉(過去作/ひよっこ、これは経費で落ちません!、いいね!光源氏くん)
挿入歌:「Ils parlent de moi feat. Maika Loubte」
     「All The Same feat. Gretchen Parlato, BIGYUKI」
主題歌:「Presence I (feat.KID FRESINO)」STUTS & 松たか子 with 3exe(第1話)
    「Presence II(feat. BIM, 岡田将生)」STUTS & 松たか子 with 3exe(第2話)
    「Presence III(feat. NENE, 角田晃広)」STUTS & 松たか子 with 3exe(第3話)

演出家が交代して、映像と会話劇の面白さが増したような…

演出家が、第1,2話から交代し、更に男性から女性へ交代したからだろうか。全体的な雰囲気が、明らかにこれまでと違った。具体的に言うなら、全体的な映像的な面白さ。台詞を補強するような巧みな短いカットを流れの中に挿入して、会話とは一味違った店舗を創り出し、それが会話のテンポと、ほんのちょっとだけ意図的にズレているのが、私には心地良かった。

とわ子と鹿太郎の関係性が、綺麗に面白く見えて来た

また、脚本についても触れておく。第1話は別にして、第2話以降は、3人いる元夫を毎回1人ずつ取り上げて、4人の物語の中に組み込んでいる。好き嫌いはあると思うが、私は第2話以降の構成の方が好きだ。

まず、何よりも分かり易いし、見易い。そして、今回で言うなら、主人公のとわ子(松たか子)と元夫の鹿太郎(角田晃広)の過去と、現在と、“その間の時間” がキレイに見えて来て、繋がって、そこが何とも面白かった。

鹿太郎の笑えたり心に沁みる台詞でドラマの面白さが増した

今回も、前回に続いて、言葉遊びを含めた台詞回しが楽しかった。ただ、今回は前回と違っていた。中心人物の鹿太郎を演じるのが角田晃広さんだろうか。次のような、大笑い出来たり、ジーンとするような台詞が盛り込まれて、人間ドラマらしさが高まったように思う。

鹿太郎「全俺が泣いた」
   ※   ※   ※
鹿太郎「器をさ 小さくすればいいんだよ」


「だから、集まって来たんだ」のような納得感も増した

ただ、相変わらずにワクワクもドキドキもない。言ってしまえば大きな感動もない。ないない尽くしだが、今回も丁寧に作り込まれている。そして、どんどん登場人物たちの中身が見えて来て、「だから、集まって来たんだ」のような納得感が増した。それだけなのだが、惹き付けられる。やはり、不思議なドラマであることには間違いがない…

あとがき

個人的には、この第3話が一番面白かったです。どうやら、好みが分れるドラマと言うより、見る人を選ぶドラマって感じもします。これ、若い人たちは、どう見ているのだろう。逆に40歳以上の人たちなら、テレビの中の人たちに自分を重ねて、共感したり、納得したり、クスッと笑えたり出来ると思います。

と言うわけで、次回も様子見ですが、ちょっぴり前回よりも好きなドラマになりました。あと、『ピタゴラスイッチ』的なBGMが、会話劇に似合っていると思います。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15453/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

大豆田とわ子と三人の元夫 第3話

とわ子(松たか子)の部下で、優秀な若手建築士・仲島(神尾楓珠)が大学図書館の設計を手掛けることになります。 デザイン案を見た、とわ子は、その素晴らしいセンスに同じ建築士として感動を覚えますが、採算度外視のプランを会社の商品として採用するわけにはいかず、不採用にします。 それがきっかけで一部の社員から不満の声があがり、仲島は会社を辞めて海外へ行くことになってしまい、とわ子を悩ませます。 ...

大豆田とわ子と三人の元夫 #03

『全俺が泣いた~器が小さい男の恋』

大豆田とわ子と三人の元夫 第3話「全俺が泣いた~器が小さい男の恋」

オトナの、会話が粋で、ユーモラスな、ロマンチック・コメディ。まず、松たか子がヒロインって設定からして贅沢、ですよね。今回は、個人的に注目の、イケメン。神尾楓珠が、とわ子の部下で、、優秀な若手建築士の仲島登火。大学図書館の設計を手掛ける役割で登場。華を添えつつ、限りなく、次の展開へのキーマンに。とわ子(松さん)の、2番目の夫・佐藤鹿太郎(かたろう、角田晃広)にスポットが当たったのですが、とわ子...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: