ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

コントが始まる (第1話・2021/4/17) 感想

コントが始まる

日本テレビ系・土10ドラマ『コントが始まる』公式サイト
第1話『水のトラブル』、EPG欄『これは、全ての世代の「アナタ」へ届ける群像劇』の感想。



コント「水のトラブル」。
売れないお笑いトリオ・マクベスでツッコミを担当する高岩春斗(菅田将暉)は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。一方、中浜里穂子(有村架純)は、1年半前に訳あって一流会社を辞め、今は姉の世話を口実に上京してきた妹のつぐみ(古川琴音)と同居しながら、ファミリーレストランでウエートレスをしている。常連のマクベスの3人、春斗、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)がネタ作りに励む姿を見るうちに、里穂子は隠れファンとして活動を追うように。
しかし、初めてマクベスのライブを見に行った日、トリオ解散という重大発表を耳にし、ぼう然と帰路につく。すると、突然春斗に声をかけられる。
---上記のあらすじは[[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:金子茂樹(過去作/世界一難しい恋、もみ消して冬、俺の話は長い)
演出:猪股隆一(過去作/怪盗 山猫、家売るオンナシリーズ、ニッポンノワール、35歳の少女) 1
   金井紘(過去作/信長協奏曲、ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~)
音楽:松本晃彦(過去作/踊る大捜査線、3年A組、ニッポンノワール)
主題歌:あいみょん「愛を知るまでは」(unBORDE)

私が嫌いな要素しかない民放ドラマ始まった

大量の台詞、大量のモノローグ、流れを切るCMのタイミング、時間軸の分かり難さ、あからさまな伏線回収など、私の民放ドラマに於ける嫌いな要素しかない『コントが始まる』の第1話。

一言でいうと "気持ちが良いドラマ"だった!

しかし、何だろう? この読後感と言うか、後味と言うか、余韻と言うか、そう言う類の感情が、一言でいうと気持ちが良いドラマだった。劇伴の使用が最小限に抑えられていることから生まれる登場人物たちの会話の真実味。大量の台詞とモノローグを追っていく感じは、漫画の次のページをめくりたくなるような感覚のよう。

独特な構成も見終えると、むしろタイムスリップしたかのような面白さに変化した。これ、私の想像だが、相当に脚本と演出段階で練って、撮影と編集で作り込まれていると思う。そうでないと、本当に全てが私の嫌いな要素だけで終わったはずだから…

内容は、今どきの若者たちの生き様を描いた群像劇だが…

内容は、端的に言えば、今どきの若者たちの生き様を描いた群像劇だ。別に新鮮でも無いし、良くある類のドラマだ。だが、似たような青春群像劇と、本作が明らかに違う。普通の青春ドラマなら、夢を抱いて、悩んで、挫折して、互いの傷をなめ合って、前に進もう… みたいなストーリーになりがちだ。

大失敗したからこそ出会えた人や出来事から見えて来る未知の幸せ…

しかし、本作は違う。「かつて」に思い描いていた「自分がなりたい大人」とは完全に乖離した「大失敗をした大人の自分」になってしまった20歳代後半の若者たちが、その大失敗をしたからこそ出会えた人たちや出来事を通して、「かつて」には想像もしなかった “新しい幸福” に巡り合う様が描かれていくように感じた。

50歳代の私から見れば、まだまだ「大失敗」と決めるのは時期尚早と思うが、劇中の現代の5人の若者たちは、その「大失敗」を受け止めて、「大失敗」から得た人間関係を踏み台にして、未知の幸せを手にしようとする。

その青臭さが、時に暑苦しくもあり、美しくもあり、切なくもあり… で丁寧に描かれた。ここが、本作の斬新で類似作品との大きな違いだと思う。

ドラマの流れに身を任せて、空気感を味わうのが、本作の正しい楽しみ方かもしれない…

シェイクスピアの4大悲劇の一つである『マクベス』は、一言でいうなら、運命に翻弄される男の物語だ。森の中で出会った3人の魔女の言葉によって、主人公・マクベスは成功をおさめるが、悲劇的な運命を辿る。

一見、強い意志を持っているように見える人でも、運命には逆らえず、魔女の現実的ではない現象には太刀打ちできない人間の弱さを描いている。

ドラマ『コントが始まる』に登場する、売れないお笑いトリオ・マクベスの3人の男性と、2人の女性がどのような幸せを手にするのか? 本作がバッドエンドでないことを期待するが、ではどんなハッピーエンドを迎えるのか? 第1話を見た限りでは想像も出来ないし、想像しようとも思わない。

ドラマの流れに身を任せて、空気感を味わうのが、本作の正しい楽しみ方かもしれない…

あとがき

もっと、俳優推しのドラマかと思っていましたが、程良いさじ加減で、俳優さんたちの個性と演技を魅せつつ、不思議で心地良い空気感と、物語の流れを作ったなぁと思います。「先が見たくなるドラマ」と言うより「ドラマと一緒に進んで行くドラマ」、そんな感じがしました。

この機会に、まだ『マクベス』を読んだことのない方に、翻訳が良くて、とても読みやすい『マクベス』の本をご紹介します。不要不急の外出を控えている私のような読者さんにお勧めです。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15411/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

コントが始まる 第1話

お笑いトリオ・マクベスでツッコミ担当する高岩春斗(菅田将暉)は結成10年を前に、ある決断を迫られていました。 一方、1年半前に訳あって会社を辞めた中浜里穂子(有村架純)は、妹・つむぎ(古川琴音)と同居しながら、ファミレスでアルバイトをしています。 里穂子は、春斗、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)が、お笑いのネタ作りに励む姿を見るうちに、隠れファンとしてマクベスの行動を追うよ...

コントが始まる #01

『水のトラブル』

コントが始まる 第1話「水のトラブル」

「俺の話は長い」(同系)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹によるオリジナル青春群像劇毎話ドラマの冒頭はマクベスのコントから始まり、そのコントが残りのストーリーの重要な伏線としてつながる異例の構成で、物語を紡ぐ、のだそう。しかし、なんて、豪華キャスティング!菅田将暉だけでも、「をを!」なのに、仲野太賀に、有森架純、そして、なんと金髪の神木隆之介とは!(菅田将暉、売れっ子ゆえか、冒頭はモジ...

土曜ドラマ『コントが始まる』第1話

内容コント「水のトラブル」コントトリオ“マクベス”は、高岩春斗(菅田将暉)美濃輪潤平(仲野太賀)そして朝吹瞬太(神木隆之介)の3人組。売れない芸人である。ある日、ファミレスで働く中浜里穂子(有村架純)は興味を覚える。妹・つむぎ(古川琴音)は、呆れるが。。。そんななか、ライブがあると知り、見に行く里穂子。だが。。。。敬称略脚本、金子茂樹さん演出、猪股隆一さんどうやら、群像劇。。。らしいのだが。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: