ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

【感想/第2弾!】俺の家の話 (第10話/最終回15分拡大スペシャル・2021/3/26) 感想

俺の家の話

TBS系・金曜ドラマ『俺の家の話』公式
第10話/最終回15分拡大スペシャル『最後に皆さん、家族を大切に! ぜあ!』の感想の【第2弾】




グループホームを抜け出し観山家にやってきた寿三郎(西田敏行)は、3度目の脳梗塞で危篤に…。多くの門弟や家族たちに囲まれ、最期の時を迎えようとしていた寿三郎の前に、いままで正体を隠してきた寿一(長瀬智也)がスーパー世阿弥マシンとして現れる。そして寿一の「肝っ玉!しこたま!さんたま!」の掛け声で、奇跡的に寿三郎は一命を取り留める。その後、寿一は新春能楽会で舞う予定の「隅田川」の稽古に励んでいたーー。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:宮藤官九郎(過去作/あまちゃん、ゆとりですがなにか、いだてん)
演出:金子文紀(過去作/G線上のあなたと私、恋つづ、逃げ恥) 第1,2,7,最終
   山室大輔(過去作/天皇の料理番、グランメゾン東京、テセウスの船) 第3,4,8
   福田亮介(過去作/初めて恋をした日、恋つづ、恋する母たち) 第5,6,9
音楽:河野伸(過去作/おっさんずラブ、恋つづ、天使にリクエストを、知ってるワイフ)

2つの「観山家の朝食シーン」について…

ご好評につき…と、言いたいところだが、そんなに図々しくはない(えっ? 誰か「十分、図々しいけど」と言ってません!?)。さて、どうしても「俺の家の話」の感想を、前回で書き切った充実感と満足感が無かったので、再度、補足的な感じで気楽に感想を書いてみようと思う。

んな中で、私が最初に見た時にも気になって部分について掘り下げようと思う。それは、例の冒頭の「認知症の寿三郎(西田敏行)の目線で描かれる、既に亡くなっている寿一(長瀬智也)が幻視でみえてしまう世界での朝食シーン」と「実は寿一はいなかった朝食シーン」だ。

2つの朝食シーンは、別々に撮影されている!

最初に見た時は気付かなかった。そして、2~3回見直して確信し、遂に2つのシーンを同時再生して気付いた。それは、当然のことだが、この2つのシーンは、別々に撮影されていると言うこと。

「当り前じゃないか!」と思われる人も多いと思う。ただ、現在のテレビ撮影技術に於いては、寿一だけを消すことも、寿一だけを加えることも、そう難しい技術ではない。では、なぜ難しくない技術を、本作の演出家は使わず、敢えて、寿一がいる芝居と、いない芝居を別々に撮影したのか?

2つの朝食シーンを見比べると誰にでもわかる"違い"がある

これも、私の推測に過ぎないが。このシーンで重要なのは、寿一ではない。特に、最初の「寿三郎の目線の朝食シーン」で重要なのは “寿三郎の心情” を、どのように描写するか? であることはお分かり頂けるだろか。

なぜなら、冒頭で見た朝食シーンは、寿三郎が見ている世界をカメラを通して撮影しているわけだ。従って、寿三郎にとって、寿一を含めた家族たちがどう見えているかを描写しなければ意味がない。そこで、上記に2つのシーンを見比べると、誰にでもわかる “違い” があるのだ。

寿三郎の"2つの台詞" が、大きく違う!

それは、朝食シーンが始まって、寿一が「夢の一本釣り」と言って数の子を食べる際に言う寿三郎の次の2つの台詞だ。

寿三郎「寿一 お前 無理して はしゃがなくてもいいんだぞ」
    ※    ※    ※
寿三郎「みんな お前のこと気ぃ使って 黙ってるのが分かんないのかよ」

最初の「寿三郎の目線の朝食シーン」で、寿三郎は全体的に “さりげなく、世話を焼く雰囲気の言い回し” で。寿一に世話を焼いていると言う感じになっている。

一方の「寿一がいない客観的な視点での朝食シーン」での寿三郎は “やんわりと、なだめている雰囲気の言い回し”で、 お説教で言い聞かせている感じに聞こえる。まあ、感じ方には個人差があるが。

西田敏行さんが明確に"2つの寿三郎"を演じ分けている!

でも、間違いないのは、演者の西田敏行さんがアドリブか演技指導下でやった芝居かはわかなくても、西田敏行さんが明確に2つの寿三郎を演じ分けていること。

寿三郎の演技(台詞を含む)を意図的に変えて、前者では “幻視” として見えている寿一に世話を焼いているように演じ、後者では寿一の死を受け入れられない複雑な心境で、「もしかしたら、亡くなっているかも知れない寿一」を思いやって、「夢の一本釣り」とはしゃぐ息子を窘(たしな)めているように、演じ分けていると解釈したらどうだろう?

なぜ、寿三郎だけが、敢えて2つの朝食シーンで違うのか?

芝居が明らかに違うのは寿三郎だけ。他の人は、寿一がいる時は若干台詞の間や動作のタイミングをずらしてはいるが、台詞の言い回しが明らかに違うのは寿三郎だけ。録画や見逃し配信を利用して、是非とも、西田敏行さん演じる認知症の寿三郎の見事な演じ分けを堪能して欲しいと思う。

そして、本題に戻れば、敢えて2回撮影(NGを含めれば、もっと多いだろうが)別々に撮影することで、13分過ぎに主人公の死と言う衝撃を受けた視聴者が、29分で再び「寿一がいない客観的な視点での朝食シーン」を見せられることで、「あの寿三郎は、どうやって “寿一のいない世界” を受容したのか?」に興味が湧き、その答えが、西田敏行さんの名演技による演じ分け… と言うわけだ。

「赤くキラッと光る粒子」は神様からのメッセージ"オーブ"

もう一か所、演出について掘り下げたい。それは、最終回の19分過ぎ、葬儀屋「スウィートメモリーズ」のスタッフ・鬼塚高吉(塚本高史)と寿一が、寿三郎の葬儀の打合せをしているシーンの回想だ。寿一の台詞が書きになっているシーンだけだが。

寿一「あの鏡板の前に祭壇を飾って で 右に能面 左に装束」

このシーンは、第9話の32分過ぎの映像をそのまま利用しているのだが、第9話と見比べると、違いがある。それは、画面一面に、下から上に “蛍のような感じに見える赤い光の粒子” が舞い上がって行く “エフェクト(映像効果)” が追加されている点だ。TVerからのキャプチャー画像では解像度が低く見え難いが…

蛍のような感じに見える赤い光の粒子
©TBS

ここからの2つの段落は、少々スピリチュアルな世界のお話に入って行くから、あくまでも、「映像的なイメージ戦略」として読んで欲しいのだが…

一部のスピリチュアルな人たちの間では、神様からのメッセージを “オーブ” と呼ぶ。一部の人たちには肉眼で見えるとされる “オーブ” は、「チカチカと輝く光の粒子」として見えると言う。

更に(信じる、信じないは自由にして頂くとして)、“オーブ” が自分の近くで「赤い光としてキラッと光る」と “自分の禍に注意” の意味になり、実家や実家の方向にキラッと赤い光が見えたら “身内に何か災いがある” と言う意味になるそうだ。

と言うわけで、信じる信じないは別にして、奇しくも父親の葬儀の祭壇の打合せが、自分の葬儀の打合せになってしまったと言う “皮肉な悲劇” を、ちょっぴりファンタジックに見せて強烈さを和らげる演出、映像効果としては、さり気なくて私は好きなシーンだ。

さくらたちが見た「寿一の死に顔」は"めっちゃ笑ってない"

そして、細かいことで恐縮だが、「寿一の死に顔」の扱い方も忘れてはならない演出だ。

17分頃、さくら(戸田恵梨香)が遺体安置室に到着した際に「寿一の死に顔」がチラリと映るが…

寿一の死に顔
©TBS

19分で寿三郎が介護支援を受けているデイケアサービス「集まれやすらぎの森」の介護支援専門員で、寿三郎のケアマネージャーである末広涼一(荒川良々)が葬儀で「だって見てよ この顔」と棺の窓を開けると、寿一の義兄。O.S.D(ロバート秋山竜次)が「さすが お義兄さん めっちゃ笑ってる」と言うやり取りがあったが、「寿一の死に顔」は映らない。

そして、さくらたちが見た「寿一の死に顔」は “めっちゃ笑ってる” ようには見えない。

あの遺体安置室の映像は現実でなく、実は…○○と言う解釈

まずここで思うのは、実はあの遺体安置室の映像は現実でなく、認知症の寿三郎の世界であり、自身の死を受け入れられていない寿一の世界だったかも? と言うこと。

よくドラマや映画なので、「死んだ自分をベッドの上から見ている自分がいた」のような映像を見掛けることがあるが、それとは別な感じの客観視。だとすると、寿一の「享年 42歳 だが 俺も親父も そのことを受け入れられなかった」と言うモノローグに一層深い意味が出て来るような気がした。

「死に顔を見る」のは家族の特権であり,遺された者の権利

ここで、いつものように脱線しようと思う(笑)死ぬ人、死んだ人は「看取られる」側である。と同時に家族(遺族)は死を看取る立場になる。そして、家族は、大切な家族の死を事実として確認し、受容しなければ、次のステップに踏み出すことが難しいと、(私は仕事で「社葬」の演出もするので)葬儀の専門家は言う。

だから、「死に顔を見る」のは家族の特権であり、遺された者の権利でもあるわけだ。やや強引な解釈だが、たまに、生前に「家族に死に顔を見せたくない」と葬儀屋さんに相談する人がいるそうだが、「家族以外に見せないことは出来ても、家族に見せないと葬儀は出来ない」と断ると言う。

それくらいに、「死に顔」は残された家族にとって大切なものなのだ。

寿一の死に顔を晒(さら)さないのが、ドラマで人の死を扱う場合の配慮として優れている

このように「死に顔」を解釈すると、やはり、『俺の家の話』に於いて、私たち視聴者は家族ではないのだから、見ない、見られなくて当然… と言うことになる。

更に、それだけ大切なものだからこそ、これからも一人の人間として生きて行く「長瀬智也」さんの妙な印象付け(と言う表現が正しいかわからないが)をしない演出、要は寿一の死に顔を晒(さら)さないのが、実に、ドラマで人の死を扱う場合の配慮として優れていると思うし、また、長瀬智也さんへのスタッフの愛があると思う。

演技と言っても「死に顔」の印象は強いく、私事で恐縮だが、両親の死に顔、特に棺に入っていた時の顔は一生忘れないものだから…

「寿一の死に顔」と「俳優・長瀬智也の生き様」の象徴が…

そして、掘り下げ好きな私が付け加えるなら、「寿一の死に顔」と「俳優・長瀬智也の生き様」の象徴こそが、スーパー世阿弥マシンのマスクだったと思う。

最後の最後で、リングのマットにひっそりと転がりぺしゃんこになった、あのマスクこそ、寿一役を徹底的にやり遂げ、潔く去りたいと言う俳優・長瀬智也の強い意志と、かえがたい生き様を映像化したエンディングだったと思う。

リングのマットにひっそりと転がりぺしゃんこになった、あのマスク
©TBS

「ドラマで人の死を扱う場合の配慮」について思うこと…

また、前述の「ドラマで人の死を扱う場合の配慮」についての、私なりの考えを、先日、ある読者さんへのコメント返信で書いたので、それを再編集して書いて見る。

私は常々こう言って来た。ドラマの中で「人の死」を扱う時は、絶対的な必然性と、最大の配慮をするべきだ… と。その点に於いて、本作に「親より先に逝く、プロレスラーの主人公の試合での事故死」は、その条件を果たしたのか… と考えた。

そこでまず思い浮かんだのは、脚本担当の宮藤官九郎氏が能楽『隅田川』をドラマ『俺の家の話』の骨子にすると決めた時点で、寿一の死は決まっていたはず… と。でなければ、第1話から積み上げた結果として、あの最終回は書けないはず。

もちろん、「プロレスラーは、簡単に試合で死ぬことはない」との意見もあるだろう。しかし、いつの世も、死は突然に、皆に平等にやって来るもの。

そんな “刹那的” であり、“哲学的” であり、“仏教的” な思考回路によって書かれた脚本のホームドラマの最終回で、「最も死にそうにない人の死」を扱うことが、実は、いつでも、誰の身にも起こる “非日常” の “さいたるもの” ではないか? と。

ドラマは登場人物たちの「日常の中に起こる非日常」から始まる…

ホームドラマに限らず、ドラマと言うのは登場人物たちの「日常の中に起こる非日常」から始まるものだ。

その意味では、本作は、25年ぶりに長男が実家に変えて来ると言う “非日常” から始まり、次に人間国宝の父親の在宅介護、認知症、遺産相続、離婚、学習障害などなど、様々な “非日常” の積み重ねでドラマが紡がれた。

そして、最終回に最大級の「主人公の死」を序盤に持って来て、主人公の死を徐々に受容して行く遺族の姿を、息子の死を受け入れられない認知症の父と、自身の死を受け入れられない息子の視点を通して描いたのだ。

俳優・長瀬智也が生きている限り、『俺の家の話』は、永遠に完結しない名作!

あまりにも切ないエンディングだとか言う人もいるだろう。しかし、決して宮藤官九郎氏や演出家や俳優陣が創り出したのは、切ないエンディングではないと思う。

むしろ、今のご時世は「いじめられたら逃げてもいい」、「我慢をするな」的な風潮だ。そう考えると、「引退しても、戻りたければ戻ってくればいい」と言うメッセージは、劇中の長州力(本人役)も言っていた通り。

だから、寿一は「俺のいない俺の家の話」と言ったが、俳優・長瀬智也が生きている限り、『俺の家の話』は、永遠に完結しない名作であると思う。

あとがき

最終回の放送後、何度も見直しています。その度に新たな発見がありますね。明日は、第1話から見直してみようと思います。そして、また『俺の家の話』について感想が浮かんだら、書いてみようと思います。だって、永遠に完結しない “愛おしい” 名作ドラマなのですから。

感想の最後に。最終回の感想に「150回」も、Web拍手を下さり(投稿時点で)、ありがとうございます。ブログを書き続ける励みにさせて頂いております。

また、本作の Blu-ray & DVD BOX が発売されます。先着特典が付きますが、Amazon と楽天市場のどちらで購入しても、特典が同じと言うのも、本作らしい優しさを感じます。下記のリンクから予約購入できますので、よろしくお願いいたします。

第一回目の感想の追記について…

読者さんの “タイざいしゃさん” から、Web拍手のコメントで、観山家がお墓参りに行ったシーンの撮影について、ご質問を頂きました。私なりの解説を下記リンクへコメント返信の形で書かせて頂きました。ご興味のある方は、読んでみて下さい。あくまでも、私の推測で恐縮ですが(謝)
『Web拍手コメントへの返信 (2021/3/27に頂いた分)その2』

【非公開希望】コメントへのお返事
前回の感想でも、少し触れましたが 【非公開希望】で読者さんご自身の介護の悩みや本作の感想を頂くようになりました。その中から、今回は「こちらの記事でお返事頂き嬉しく思っております。」とのことでしたので、他の読者さんには関係ないかもしれませんが、これも本作で出会った “ご縁” なので、「オレンジさん」へのコメント返信を少し書きます。

オレンジさん、どうぞ急がずに、介護が慣れて落ち着いたら、他のドラマでも良いので、コメント下さいな。非公開希望でも必ず読みますから。メルアドがあれば、お返事出来ることもあるかも知れません。とにかく、「介護はイベント」、「楽しんでやった方が良いに決まってる」をお忘れなく…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15344/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 ;最終回(1)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: