ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

Eテレ【名作照明ドラマ】「ハルカの光」〔全5回〕 (第5話/最終回・2021/3/8) 感想

Eテレ ドラマ「ハルカの光」

NHK Eテレ・Eテレ【名作照明ドラマ】『ハルカの光』公式
第5話/最終回の感想。



ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)がとある名作照明を眺めていると、挙動不審な男が!東北からやってきたハルカの父・和也(甲本雅裕)だった。漁師をしている和也は震災以来ギクシャクしていた妻・有香(山下容莉枝)とハルカの関係をなんとか取り持とうとしていた。和也は、思い切って新しい家を建てようと思っていること、そこにハルカの存在を感じられる照明が欲しいと母さんが言っていることをハルカに伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:矢島弘一(過去作/コウノドリ2、健康で文化的な最低限度の生活)
演出:松原弘志(過去作/中島美嘉「Helpless Rain」PV、秦基博「青い蝶」PV) 第1,2,5
   長澤佳也(過去作/映画「春待つ僕ら」や「風の電話」のプロデューサー) 第3,4
毎週予告および告知CMの「語り」:小手伸也(過去作/コンフェデンスパンJP、 SUITS/スーツシリーズ)

最終回は、意味深な1stシーンから始まった…

今回は、いつもと違った雰囲気で始まった。名作照明の専門店「エクラ」の店内で一人、店長の西谷(古舘寛治)が誰かと電話をしている。内容から察すると、店員のハルカ(黒島結菜)のようだが、1stシーンでは明かされない。別れの電話のようだが、西谷の眼鏡のレンズに当たる光は、どことなく前向きに映る。

デンマークの数学者、ピート・ハインのデザインした「SUPEREGG」

そして、一瞬の暗転を挟んで、登場した名作照明が、デンマークの数学者、ピート・ハインのデザインした「SUPEREGG」。1950年代のデンマークの交通渋滞を解消した「スーパー楕円」を用いた交差点を考え、それにヒントを得てデザインされたとされていると言う。

ピート・ハインは、数学者でありながら20冊以上の詩集を出版した、デンマークの文化を支えた一人とされており、本当にあのスーパー楕円から生み出される柔らかな光は、うっとりするものだ。

漁師の和也が"釣竿"をヒントにした「アルコランプ」の下で

その「SUPEREGG」を見ていた時に、突然現れたのがハルカの父・和也(甲本雅裕)だった。「照明器具」のことを「電気」と呼ぶ、如何にも昭和な、無骨な職人気質の父親は漁師だ。

和也が座った所にあった名作照明が、第4話に登場したアッキーレ・カスティリオーニ+ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ(カスティリオーニ兄弟)が、1962年にデザインが発表され「アルコランプ(Arco Lamp)」。本作では、街灯にヒントを得たと説明があったが、別の説では「釣り竿と車のヘッドライトをヒント」にデザインされたとも言われている。

だから、漁師の和也が “釣竿” をヒントにした「アルコランプ」の下で身の上話をすると言うのは、実に “ご縁” を感じる演出になっていると思いたい…

父親が、母親と娘の接着剤になろうと頑張る姿が愛おしい…

和也は、仮設住宅を “終の棲家” にするのはイヤだと、思い切って新しい家を建てようと思っている… と、話し出す。更に、和也はハルカの自立を容認した上で、震災以来ギクシャクしていた妻・有香(山下容莉枝)とハルカの関係をなんとか取り持とうと考え得た末の新居建設だったと言う。

そして、有香は娘の存在を感じるような照明器具をハルカに選んで来て欲しいと言う願いを持って来たことがわかる。

北欧の巨匠、ポール・ヘニングセンがデザインした「PH 3/2 テーブルライト/ブラック」

そして、父親の目に留まったのが北欧の巨匠、ポール・ヘニングセンがデザインした「PH 3/2 テーブルライト/ブラック」。

我が家には「クロームメッキ・タイプ」があり、他にも2つ、ポール・ヘニングセン社のペンダントライトがある(ちょっと自慢!)。いや、それ位に、対数螺旋曲線の美しさ、少し乱暴に扱っても壊れない品質、部屋を選ぶが、部屋にピタリとデザインがハマったら、他の照明器具は考えられない程に個性が強い存在感を放つ。と共に、家族の一員のような優しさもある。おっと、ついついハルカの代わりに私が熱く語ってしまった(失敬)

「3枚のシェード」と「3人家族」が重なる、粋な演出!

本作のこのシーンで、「PH 3/2 テーブルライト」を選んだスタッフのセンスが素晴らしい。ポール・ヘニングセンがデザインした「PHシリーズ」には、「笠」、失敬「シェード」が4枚以上ある作品も多い。

しかし、今回選ばれたのは、シェードが3枚のもの。まるで、3人の親子が一つ屋根の下で暮らし、家を明るく照らすようなオブジェとしての映像的な効果を意識したと思う。ポール・ヘニングセンの大ファンとしては、この上なく幸せな演出だ。

「起承転結の転」の作り方には脱帽!

ドラマとして素晴らしいのは、きちんとハルカの人間性をストーリーの中へ丁寧に落とし込んでいることだ。「PH3」を配送して欲しいと店長に願い出る父に、ハルカは10年間まともに向き合って来なかった “今の母親” と会ってからでないと、本当の意味でも “私の代わり” となる照明器具を選んだことにはならない… と言うのだ。

いやぁ、ここのくだり、本当にハルカの心情を理解していないと脚本は書けないと思う。ここの「起承転結の転」の作り方には脱帽だ。

海辺の港で約10年ぶりに再会する夕景シーン。実に美しい…

18分過ぎ、最終回の1stシーンが、繰り返された。きっと、ハルカが帰省してそのまま帰って来ない時の「別れの言葉」の練習風景だと思っていたが、実はハルカが、祖の練習を聞いて笑っているシーンが訪れた。

西谷の「僕から光を奪わないでね」が、なんともお茶目で可愛かった。そして、ハルカは「ちゃんと帰ってきますよ」と言って、場面は、ハルカと母親が、海辺の港で約10年ぶりに再会する夕景シーン。実に美しい…

ギター名曲『カヴァティーナ』と映画『ディアハンター』

幸せについて話しながら、擦れ違っていた母と娘の心の距離が、次第に縮まって行くシーンの劇伴が、イギリスの作曲家スタンリー・マイヤーズ(Stanley Myers/1930?1993)によるギター向けの曲『カヴァティーナ Cavatina』だった。

映画好きなら『カヴァティーナ Cavatina』を聞いて思い出すのは、は、年公開のアメリカ映画。製作はユニバーサル映画、はマイケル・チミノ監督の米国映画『ディア・ハンター(1978)』ではないだろうか。

ディア・ハンター

ロバート・デ・ニーロ演じる主人公・マイケルが、北ベトナムの兵士たちに捕まり捕虜になってしまい、銃を突きつけられて、兵士たちの賭けの対象としてロシアンルーレットをさせられるシーンに『カヴァティーナ』が流れる。戦争の残酷さや愚かさとは、完全にかけ離れた美しい風景に、このギターの旋律が心に染み入る素晴らしいシーンだ。

東日本大震災は戦争ではないが、未曽有の出来事として共通する部分もあるし、母と娘の10年間を埋め合わせるような美しい港の風景と、このギターの旋律も、見事に合っている。これまでも、映画などの映像や音楽の引用をして来た本作だけに、ここでの選曲は、幾つも捻りが効いた名選曲と認定したい。

無骨な漁火と無骨な父が重なり、美しく優しい余韻を残した

10年分だけ老けた母親の笑顔を見てるハルカの笑顔も美しかった。そして、夜になり、父の漁船が美しい “漁火” を灯して帰港して来る。その灯りを見つめるハルカ。ただの無骨な照明器具ばかりだが、この “漁火” が、母と娘を再び結び付けた “無骨な父親” と重なって来る。

そして、ハルカが振り返ると、カメラ目線で「ハルカの光」と言って、ドラマは終わる。お見事!

あとがき

良質なフランス短編映画を見終えたような、優しく、温かく、落ち着いた味わいを余韻に残した本作。Eテレ初の本格ドラマでしたが、教養が身につきながら、「人間にとって幸せとは何か?」をず~と考えさせてくれる良作ドラマでした。多くの人に見て欲しかった作品です。

そして、先日、黒島結菜さんが、2022年度前期の朝ドラ『ちむどんどん』のヒロイン役に選ばれました。これは、ドラマ好きに大きな楽しみが増えました。


最終回で、最初に紹介された名作照明は、デンマークの数学者、ピート・ハインのデザインした「スーパーエッグ(SUPEREGG)」。文字通り「スーパー楕円」が印象的に具現化された素晴らしい名作照明です。


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

最終回で、父親の目に留まったのが北欧の巨匠、ポール・ヘニングセンがデザインした「PH 3/2 テーブルライト/ブラック」。本品はリプロダクト品なので、ポール・ヘニングセン社のモノではありません。因みに、我が家には、本物の「クロームメッキ・タイプ」があります!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


第4話で、最初に紹介された名作照明は、アッキーレ・カスティリオーニ+ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ(カスティリオーニ兄弟)が、1962年にデザインが発表され「アルコランプ(Arco Lamp)」。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


第4話で、2つ目に紹介された名作照明は、フランス人の建築家、ベルトラン・バラスが1970年にデザインしたペンダント照明「ヒアカムズザサン(HERE COMES THE SUN)」。商品名の由来は、1969年4月、ジョージ・ハリスンが、親友のエリック・クラプトンの家で春の柔らかな日差しを感じて書いたとされるビートルズの名曲「HERE COMES THE SUN」


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


第3話で最初に紹介された名作照明は、世界的彫刻家イサム・ノグチ氏による上質な和紙を使用した照明彫刻「AKARI」シリーズの1つ。少し崩したシルエットが、より彫刻らしい表情を見せてくれるのが特徴。今回は手軽な価格の小ぶりな「1N」をご紹介します。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

第3話で2つ目に紹介されて名作照明は、2020東京オリンピック聖火リレートーチのデザイナー吉岡徳仁氏によるテーブル照明ToFU LED(トーフ)」です。

吉岡氏が、2000年頃に「灯具をすべてアクリルに埋込む」と言うアイデアがありましたが、まだ当時はハロゲンランプの時代で実現不可能でした。それを、LED照明の採用によって具現化したのが「ToFU」。原始的で素朴で繊細な独特の世界観が名作照明たる由縁です。


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

第2話で紹介された名作照明は、“光の魔術師” や “光の詩人” 等の異名を持つ照明デザイン界の巨匠で40年にも亘り、独自のランプや照明デザインを行ってき照明デザイナー、インゴ・マウラーによるテーブルランプ「ワン フロム ザ ハート」です。

赤いハートの形をしたシェードの中に光源が入っており(小さなワニも隠れています)、上部にハート形の鏡が付いており反射して美しい陰影を生み出す仕掛けになっています。置き場所は壁際がおススメです。


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

第1話に登場した照明器具は、フィンランドの建築家・建築家のAlvar Aalto(アルヴァ・アアルト)が手掛けた「A330S Golden Bell(ゴールデンベル)」。「金の鐘=ゴールデン・ベル」の名が示すように、金属製の鐘のような美しさと滑らかなシルエットが特徴です。1937年発売当初から人気のロングセラー商品でもあります。

シンプルなデザインなので、いろいろは場面で使える上に、単体で楽しむのも素敵ですが、カウンターやダイニングテーブルの上に複数並べると、グッとお洒落な空間になります。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15264/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: