ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おちょやん」 (第65回・2021/3/5) 感想

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第65回第13週『一人やあれへん』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟をする一平(成田凌)。今まで書き直してきた大切な台本を一冊ずつ燃やしていく。これまでの一平のただならぬ雰囲気を察していた千代(杉咲花)。一平のもとに駆け寄ると、その場面に遭遇する。千代は、天海親子のすべてを知るハナ(宮田圭子)から託された、初代天海天海の思いを一平に届ける。幼き日の一平が天海にとって、どんな存在だったのか、千代は語りかけるのだった…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●作:八津弘幸 ●脚本協力:吉田真侑子 ●演出:梛川善郎(敬称略)

この15分間を見て、何の感動もなかった…

前回を見て、本作には好意的な解釈をしようとも、するつもりはない、と決めたからハッキリ書く。この15分間を見て、何の感動もなかった。むしろ、今回が最終回だったら良かったとすら思った。

と言うわけで、大して感想も書くことはないのだが、支払った受信料分くらいは、書こうと思う。

千代に"家族"を語らせるなら…

まず、金曜日分の感想を。何より、わけがわからなかったのは、主題明けに主人公が延々と “家族” を語ったこと。金曜日にこのシーンを書くつもりがあるなら、本作は、もっと、千代と “家族” の関係を徹底的に描写すべきだった。もちろん、ここで言う “家族” とは、父・テルヲ(トータス松本)や弟・ヨシヲ(倉悠貴)のことではない。

芝居茶屋「岡安」の人たちであり、「鶴亀家庭劇」の座員たちのことだ。千代と、前述の “2つの家族” のやり取りが描かれてこそ、今回の襲名と結婚発表が、舞台の上でと客席との “笑いと涙” に繋がったと思う。

今回を"これまでの一つの集大成"と位置付けるつもりなら…

私は、少なくとも、「京都撮影所」から、大山社長も社命ではあったが、道頓堀に来ることで、テルヲやヨシヲの “家族” では描けない、千代の “新しい家族” を描き始めることで、人間としての千代、女優としての千代、女性としての千代の変化が描かれると、浅はかだが脚本家に期待をしたのだ。

しかし、見せられたのは、怒鳴るだけの自己チューの主人公が、お気軽に首を突っ込んでは、何となく周囲の人の助けを得て上手く行っちゃう、陳腐なサクセスストーリーばかりだった。その上、稽古のシーンも舞台のシーンもほぼ描かず、主人公や脇役たちの超が付く程個人的なネタばかり。

やはり、黒衣の語りにもあったように、今回をこれまでの一つの集大成と位置付けるつもりなら、もっと、千代と家族、千代と芝居、千代と女優、そして千代と一平(成田凌)を描くべきだった。

今週の感想のまとめは、主人公を目立たせ過ぎ!

そして、今週の感想。一言、主人公を目立たせ過ぎ! ハナ(宮田圭子)? が説明するなら、千代が一平の母親のもとに行く必要ゼロ。もちろん、監督以外は没個性化したカフェキネマも不必要。二代目襲名をごねてる一平にハナが事実を伝えれば済んだ話。

それをしないで、わざわざ遠回りするなら、その前段で、千代が “家族” と言うものをどう捉えて生きているのか、どの考え方が、どう変化して来たのを描いた上で、「直談判」を選択したなら、先に千代からビンタをしたなら分かるが、今週の表現では、千代はただ感情的、一平は甘える対象が母親から千代に変わっただけにしか見えない。そんな一週間だった。

残りの放送は2か月あるが、ほぼ期待できないか…

残りの放送は2か月あるが、ほぼ期待できないことが今週で分かった気がする。だって、ここまで描くべき人間関係や稽古や舞台を描かずに、要らないエピソードと要らない演出で、1コマ漫画みたいにやるだけなのだから。想像の域を出ないが、アイデア不足なのだろう。

もちろん、諸般の事情による話数減少によって、余計に辻褄合わせに必死になっている可能性もある。でも、放送するのだから、最低限の精査はして欲しい。

喜劇王チャップリンの名言で考える…

最後に。世界的な映画監督であり喜劇俳優だったCharlie Chaplin (チャーリー・チャップリン)の遺した名言に、次のようなものがある。

Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。

by Charlie Chaplin (チャーリー・チャップリン)

いろいろな解釈がされているが、私は、「人生の一コマを大写しで見れば悲劇だが、人生を振り返れば喜劇に見える」とか、「人生の中の一時は悲劇でも、長い人生は喜劇のように笑えるものでありたい」と解釈している。

本作は、この「クローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇」が出来ていないのだ。なぜなら、一コマの悲劇は描いても、ロングショットの人生が描かれていないから。そのロングショットこそが、日々の “家族” とのやり取りであり、稽古や舞台だと思う。それを描かずして、悲劇に意味を見出せないのではないだろうか?

あとがき

読者の皆さん、前回の感想で、たくさんの応援や共感を頂き、ありがとうございました。取り敢えず、引き続き「様子見モード」で、本音を書きます。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15249/


【これまでの感想】

第1週『うちは、かわいそやない』
1 2 3 4 5 
第2週『道頓堀、ええとこや~』
6 7 8 9 10 
第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』
11 12 13 14 15 
第4週『どこにも行きとうない』
16 17 18 19 20 
『おちょやん よいお年を!』
第5週『女優になります』
21 22 23 24 25 
第6週『楽しい冒険つづけよう!』
26 27 28 29 30 
第7週『好きになれてよかった』
31 32 33 34 35 
第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』
36 37 38 39 40 
第9週『絶対笑かしたる』
41 42 43 44 45 
第10週『役者辞めたらあかん!』
46 47 48 49 50 
第11週『親は子の幸せを願うもんやろ?』
51 52 53 54 55 
第12週『たった一人の弟なんや』
56 57 58 59 60 
第13週『一人やあれへん』
61 62 63 64

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『おちょやん』第65回

内容ハナ(宮田圭子)から、初代天海(茂山宗彦)と幼い一平の話を、聞いた千代(杉咲花)は、そのことを一平(成田凌)に伝えた。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さん凄いよね。“あんな家族”しかいないのに、“家族”を語る主人公。正直、ワケが分からないです。脇役の恋バナだとか、借金大王の騒動だとか。そういうのを、延々と描くくらいならば、なぜ、最低限の“家族”の描写をしなかったんだ?

前編終了?>『おちょやん』第65話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コロナの影響がなかったなら 今回が前編の最終話になっていたのかな? 区切りが良いものね。 そして明日から正月休み― …ひじゅにですが何か? ​​​「笑いと涙の隙間は紙一枚や」​​​by二代目天海天海 襲名と結婚 …だけでなく 一平にとっては 父親のトラウマ解消 新たな喜劇へのスタート …となり 千代にとっては 故郷を捨て、第二の故...

前編終了?>『おちょやん』第65話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コロナの影響がなかったなら今回が前編の最終話になっていたのかな?区切りが良いものね。そして明日から正月休み―…ひじゅにですが何...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: