ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ (第5話・2021/2/27) 感想

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~

テレビ朝日系・土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』公式
第5話『開けゆく世界…母の涙!?』の感想。



花と話す自分を変な目で見ない佑矢(加藤清史郎)に、萌子美(小芝風花)の顔がほころぶ一方で、伸寛(田辺誠一)との口論で傷つく千華子(富田靖子)は無気力になり家事を放棄する。生花店では、涼音(水沢エレナ)が店をリニューアルして萌子美にディスプレーを任せようと提案。即答できず口ごもった俊祐(工藤阿須加)は、うっぷんを募らせていき、そのどす黒い本音をSNS上にぶちまける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋部敦子(過去作/朝ドラ「ファイト」、僕らは奇跡でできている、僕の生きる道シリーズ)
演出:竹園元(過去作/私のおじさん、セミオトコ、真夏の少年) 第1,2,5
   常廣丈太(過去作/BG~身辺警護人~1,2、緊急取調室1,2,3) 第3,4
   鎌田敏明(過去作/やすらぎの郷(監督補)、妖怪シェアハウス(スケジュール担当))
音楽:森英治(過去作/越路吹雪物語)
音楽プロデュース:S.E.N.S. Company(過去作/トットちゃん!)
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」

気になる点は多いが、物語の先はちっとも気にならない…

何か、放送回を重ねる度に「縫いぐるみや石、植物など、感情を持たないとされている物の気持ちが分かってしまう繊細な “感覚” の持ち主」と言う設定が薄まって、一種の “才能” になって来ているのが気になる。とにかく、終盤になって、強引に泣かせるようなエピソードにして来たのも気になるし。一体、何を描くつもりなのだろう… 次回で離脱かな?


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15225/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第5話

今回は、佑矢(加藤清史郎)と、萌子美(小芝風花)が、いい感じに、大接近。また、親が夫婦喧嘩して、母(富田靖子)が家事を放棄。生花店では、涼音(水沢エレナ)が店をリニューアルして萌子美にディスプレーを任せようと提案ほっこりワールドなのですが、その分、次第に存在感を増し、膨らんでくる、俊祐(工藤阿須加)のダークサイドは、ついに暴発し、どうなる?! ドキドキ (ストーリー)花と話す自分を変...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: