ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

六畳間のピアノマン〔全4回〕 (第1話・2021/2/6) 感想

六畳間のピアノマン

NHK・土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』公式
第1話〔全4回〕『自分を救う勇気』の感想。
なお、原作の小説、安藤祐介「六畳間のピアノマン(改題:逃げ出せなかった君へ)」は、未読。



派遣社員の村沢憲治(加藤シゲアキ)の職場では新人の永津(森永悠希)へのパワハラが常態化している。8年前、村沢と夏野(古舘佑太郎)、大友(三浦貴大)は上河内(原田泰造)のパワハラを受けていた。夏野は楽しく歌う動画「六畳間のピアノマン」を残し事故で亡くなってしまう。以来他人と関わらないように生きてきた村沢だが、苦しむ永津を前に夏野を救えなかった過去がよみがえる。そんな村沢に六畳間のピアノマンの歌声が…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:安藤祐介「六畳間のピアノマン(改題:逃げ出せなかった君へ)」
脚本:足立紳(過去作/佐知とマユ、いつかティファニーで朝食を)
演出:野田雄介(過去作/スカーレット、西郷どん、マッサン、天地人) 第1,3
   泉並敬眞(過去作/わろてんか、スカーレット、まんぷく、これっきりサマー) 第2,4
音楽:伊賀拓郎(過去作/歌舞伎町シャーロック、私に天使が舞い降りた)

エンドクレジットの途中で、胸騒ぎが止まらず立ち上がっていまった…

いつもの通りに、ほぼ事前情報ゼロで見始めた『六畳間のピアノマン』の第1話。まあ、見るきっかけは、私が、ビリー・ジョエルの「ピアノマン」が大好きだからと言うのは本音だが。

そして、そのビリーの「ピアノマン」の楽曲と共に始まったエンドクレジットの映像をみながら、私の心の中はザワザワと騒ぎ出し、座っていられず思わず立ち上がり、気付いたら「ピアノマン」を口ずさんでいた。また、エンドクレジットのコロナ禍の一般の人たちのスナップ写真のスライドショーも素敵だった…

パワハラの描写はかなりエッジの尖った演出が印象的だった

8年前、上司のパワハラ全開のブラック企業で働き詰めの同期の3人、村沢(加藤シゲアキ)、夏野(古舘佑太郎)、大友(三浦貴大)へ浴びせられる上河内(原田泰造)の横暴なパワハラシーンは目と耳を覆いたくなるような描写で、NHKとしても、かなりエッジの尖った演出が印象的だった。

約50分を使い切って主人公の設定を描いたのは独特な作風

ドラマとしては、第1話は、主人公である村沢の過去と現在の設定紹介が主な内容だった。普通は、登場人物の初期設定だけならドラマの前半の数風を使って終わっても良いのに、本作はほぼ放送尺の50分を使い切って描いた。もちろん、8年前と今の主人公の立場を切り返しながら描写することで、不思議なタイムスリップ感さえ漂った独特な作風も生み出した。

"経験を持つ社労士"が同じ境遇の人を助けるドラマらしい…

ドラマの内容は、過去にブラック企業で働き、上司のパワハラに苦悩した主人公が “経験を持つ社労士” として、過去の自分と同じような境遇の人を救いながら、自分自身も過去の辛い思い出から浄化されていく過程を描くドラマらしい。

人と人の"連鎖"で強く生きて行く人を描くヒューマンドラマ

「らしい」と書いたのは、正直、第1話を見ただけでは「全4話」の展開も構成も見えて来なかったのだ。

ただ、予告編を含めて内容から想像すると、第1話の事件や騒動に関わった人たちが、第2話の中心人物になって、偶然の人と人との関わりが、時に因縁となったり、同胞になったりしながら、物語が “連鎖” していき、その “連鎖” が不思議ア化学反応を起こして、一人ひとりの人生を力強く生きて行こうとする姿を描くヒューマンドラマであることは間違いないようだ。

優しさとユーモアを含みながら、切り口が斬新な秀作のヒューマンドラマになる予感…

中盤までは、前述の通りに「何を描くの?」と分からなかったが、主人公が「社会労務士」の名刺を出した瞬間に、全てが腑に落ちたし、描かれた全てが心に沁み込んで行った。

「全4話」と言う少ない話数ゆえに、今後どのように “連鎖” が描かるのか分からないが、久し振りにNHK総合「土曜ドラマ」枠らしい、優しさとユーモアを含みながら、切り口が斬新な秀作のヒューマンドラマになる予感がした。

あとがき

NWESの加藤シゲアキさんが主演なので、軽めな内容かと思いきや、かなり社会派なドラマで驚きました。また、俳優としての加藤シゲアキさんも「金田一耕助 役」のような既存の誰かがやった役でなく、普通の人を丁寧に演じた方が似合っていると思いました。また、加藤さんの関西弁が自然だなと思ったら、広島出身で大阪育ちだったのですね。

実は、先日、NEWSの新譜シングル『ビューティフル / チンチャうまっか / カナリヤ』を借りて聞いて、新生NEWSの歌に感動したばかりでした。私がNEWSの楽曲の感想を書くのもどうかと思ったので控えていましたが、今度書いてみようと思いました。

昨年放送された同じNEWSの増田貴久さん主演のドラマ『レンタルなんもしない人』も素晴らしいドラマでした。紆余曲折なNEWSの、この度の加藤シゲアキさんのドラマも、かなり期待できそうです。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15148/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

土曜ドラマ「六畳間のピアノマン」自分を救う勇気

原作は、安藤祐介「六畳間のピアノマン」ビリー・ジョエルの名曲。「ピアノ・マン」の旋律に乗せ、交錯する人間模様を描く連続ドラマある青年の歌声に心を動かされた4人の物語を、全4回同じNEWSの増田貴久も「レンタルなんにもしない人」で、ひょうひょうとしたカジュアル・ルックと脱力感で、なかなかにイイ味出して、存在感を発揮!してましたが、加藤シゲアキは男前度、高し。役者としてのキャリアも長く、サラリー...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: