ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「おちょやん」 (第33回・2021/1/20) 感想

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』公式サイト
第33回第7週『好きになれてよかった』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


大部屋女優で中心的な存在の弥生のピンチを救ったことで、撮影現場への復帰を果たした千代(杉咲花)。しかし、千代の恋人役の芝居のひどさに監督が激怒。女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受ける始末。千代は真理(吉川愛)の助言もあり、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼むことを思いつく。勇気を出して伝えると、小暮は快諾。デートをする話にも発展するが、その一部始終を何故か一平(成田凌)が見ていた…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●作:八津弘幸 ●脚本協力:吉田真侑子 ●演出:大嶋慧介(敬称略)

アバンで "調子に乗った描写" をやれるのは、良いこと

冒頭、アバンタイトルの最後に黒衣(桂吉弥)の「ほな 今日も いきまっせ ワンのツーの ほいさっさ!」の語りも、一平(成田凌)へのジャンピング・クローズアップ(一度で引きの画からアップにズームインするのではなく、ホラー映画等で使用されるズームインの過程を間引く編集方法の一種)の演出も、明らかに本作らしさを意識している。

また、自信をもって勢いを付けようとしているのも感じるし、事実、こう言う良い意味で “調子に乗った描写” をやれるのは、良いことだと思う。

一平へ必死に言い訳する千代を演じた杉咲花さんの早口に驚愕!

主題歌明け、ちょっとビックリしたのが、一平へ必死に言い訳をする千代を演じる杉咲花さんの “早口” だ。きちんと感情も入っているし、聞き取りやすいし、関東人だからどこまでネイディブなのかは分からないが、私にとってはこれまでの通常の速度の訛りと違いは感じられず違和感は無かった。

もちろん、京都府京都市生まれで、千代が働くカフェー 「キネマ」の店主・宮元潔を演じる西村和彦さんには敵わないが。とは言え、これ位に早口でも違和感が無ければ、この先のゆっくり喋る方言での表現力にも期待が持てる。

週の前後を橋渡しする水曜日らしい、軽めではあるがホンワカ&淡いエピソードは中々良かった

さて、『おちょやん』は、先日書いた通りに、(特に、「山村千鳥一座」が登場した第4週から)きちんと「1週間縛り」を守り、更に「水曜日は週の前半と後半の橋渡し」と、ほぼ決まっている。だから、今日の水曜日も例外なく “橋渡し” になっていた。

まあ、先週の水曜日ほどの強い橋ではないが、上手く道頓堀時代も盛り込んで、ラストでは女優修業のために助監督の小暮(若葉竜也)に恋人の “フリ” を頼んで初デートをした千代(杉咲花)が、初恋を体験すると言う、軽めではあるがホンワカ&淡いエピソードは中々良かった。

あとがき

これで、残りの2日分で小暮に恋をした千代がどうなるのか… ですね。高城百合子(井川遥)と千代の関係も、どうなるか気になりますし。もちろん、千代が女優としてどうなるのかも。ここ最近、毎回「次が、どうなるのか楽しみ」になっているのが良いですね。千代も応援したいヒロインに描かれていますし。

来週で “3年ほど” 時間経過するようなので、木曜日と金曜日は見逃せません。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15068/


【これまでの感想】

第1週『うちは、かわいそやない』
1 2 3 4 5 
第2週『道頓堀、ええとこや~』
6 7 8 9 10 
第3週『うちのやりたいことて、なんやろ』
11 12 13 14 15 
第4週『どこにも行きとうない』
16 17 18 19 20 
『おちょやん よいお年を!』
第5週『女優になります』
21 22 23 24 25 
第6週『楽しい冒険つづけよう!』
26 27 28 29 30 
第7週『好きになれてよかった』
31 32

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

恋愛物だす>『おちょやん』第33話

​​​​​​​​​守衛・守屋役の渋谷天外さんがコロナ感染で入院されたとか― どうか、頑張ってください! 早く回復されるよう祈ってます。 …ひじゅにですが何か? ​「アホやなあ」​byテルヲと愉快な仲間達 ↑一平に道頓堀の皆の反応だとからかわれ 千代の夢にも出てきたた台詞。 勿論、役者になったことへの言葉なわけだけど 千代の初恋の顛末を予言しているかの様… 金曜日には視聴者達...

恋愛物だす>『おちょやん』第33話

​​​​​​​​​守衛・守屋役の渋谷天外さんがコロナ感染で入院されたとか―どうか、頑張ってください!早く回復されるよう祈ってます。…ひじゅにですが何か?​「アホやなあ」...

連続テレビ小説『おちょやん』第33回

内容弥生(木月あかり)を窮地を助けた千代(杉咲花)それを、きっかけに、再び、女優の仕事が出来るように。その撮影現場で、“恋人役”が上手く出来ない千代に、監督が激怒。「恋をしろ」と注意されてしまう。そのことを真理(吉川愛)に相談。小暮(若葉竜也)に“恋人役”をしてもらい、デートをすることに。だが、偶然、一平(成田凌)が。。。。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さん今回は、“水曜”なので...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: