ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ウチの娘は、彼氏が出来ない!! (第1話・2021/1/13) 感想

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

日本テレビ系・新水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』公式
第1話『脚本北川悦吏子×菅野美穂&浜辺美波!トモダチ母娘のラブコメディ』の感想。



大学生の娘・空(浜辺美波)と暮らすシングルマザーで小説家の碧(菅野美穂)は、筋金入りの漫画オタクである空に恋の話がないことが悩みの種。その上、出版社編集長・小西(有田哲平)からはミステリー小説の連載打ち切りを告げられてしまう。碧が新しい編集者の漱石(川上洋平)からかつて人気を博した恋愛小説を打診されて行き詰まる一方で、空は碧の幼なじみのゴンこと欣次(沢村一樹)とその父・俊一郎(中村雅俊)が営むたい焼き店で家計への心配を吐露。そんな中、空は大学の飲み会で、同級生の光(岡田健史)の言動に憤る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:北川悦吏子(過去作/ロングバケーション、ビューティフルライフ、オレンジデイズ、半分、青い。)
演出:南雲聖一(過去作/東京タラレバ娘、偽装不倫、未来警察) 1
   内田秀実(過去作/あなたの番です、知らなくていいコト)
音楽:不明得田真裕(過去作/監察医 朝顔1,2、家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド)
主題歌:家入レオ「空と青」

北川悦吏子氏が脚本のドラマとしては意外過ぎる程に"普通"

脚本家が脚本家だから、笑いが滑って、欲張りな内容のドラマになるのは、ほぼほぼ準備は出来ていたが。見始めてみると、意外な程に、普通。いや、北川悦吏子氏が脚本家のドラマとしては意外過ぎるほどに “普通” だった。と言うか、ある意味で、古臭いと言うか、逆に新鮮と言うか。

最近、大量生産される連ドラとは明らかに一線を画す雰囲気

最近のドラマって、人気タレントや俳優を、視聴率的にコケないように「ダブル主演」にして、メインの二人を “あまり飾り付けず” に、分かり易い人物設定にした上で、あざとさを盛り込んでバズるような展開を作って、あとは「胸キュン」だとか「お涙頂戴」だとかをトッピングして終了… みたいな連ドラが多い。

俳優に脚本家が好きなキャラクターを演じさせる系ドラマ!

しかし、本作は違う。明らかに脚本上で、完璧な程に作り込んだ、登場人物の設定だけでなく、恐らく喋り方や手足の動き方まで指定をし、更に思考回路や言動の至る所の全てが「ドラマのための作りもの」と言うのを丸出しで描いていた。まあ、古くはバブル時代の「トレンディドラマ」風ではあるが。

まあ、基本的にこの放送枠の最近作を見ても、『ハケンの品格(第2シリーズ)』、『私たちはどうかしている』、そして『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』と、「俳優に脚本家が好きなキャラクターを演じさせる系ドラマ」が得意だから驚きはしないが、やはり、本作ほどにやり切って放送されると意外だとは思う。

大量の台詞で俳優の気配を消し去り、世界観に惹き込むのが、北川悦吏子氏が脚本を務めるドラマの特徴

と言うわけで、本作は、「俳優に脚本家が好きなキャラクターを演じさせる系ドラマ」が極まっているドラマなのは、第1話を見れば一目瞭然だ。そのために、まずは大量の台詞で俳優の気配を消し去る。消し去るから、ドラマの世界が際立つ。そして、その世界に視聴者がどんどん惹き込まれて行く… これこそが、北川悦吏子氏が脚本を務めるドラマの特徴だ。

キャラクターが動いて物語が進むのは、王道のドラマ作り

言わずもがな、朝ドラ『半分、青い。』で、痛いほど思い知った人も多かったはずだ。基本的に、登場人物ありきで、ストーリーが構成され、紡がれて行くのも、脚本家らしさ。いや、本来、ストーリーと言うのは、そう言うものなのだ。登場人物が動くことで、物語も動くべき。

しかし、最近は、物語を進めるために登場人物が動かされるドラマが多い。だから、「あの人が、ああ言う行動はしないでしょ!」となる。でも、本当は、「あの人はああ言う行動をするから、こうなっちゃう」見たいなのが正しいのだ。そう、本作がやろうとしていることは、決して間違ってはいない。むしろ、王道のドラマ作りなのだ。

本作が、"視聴者に好まれるかどうか" の分岐点は…

ただ、問題は、「俳優に脚本家が好きなキャラクターを演じさせる系ドラマ」として、視聴者の俳優へのイメージや期待感を、脚本が演じさせるキャラクターと合致しているか? と言うこと。問題と言うか、本作が視聴者に好まれるかどうかの分岐点と言うべきだろうか。

簡単に言えば、例えば、やや天然ボケで、思ったことをすぐに口に出し、見た目は美人だが、性格は不美人で落ち着きのない3枚目キャラを演じる菅野美穂さんを見たい人が、どれだけいるか? ってこと。大きな眼鏡を掛けた漫画女子で、母親にタメ口をきく、モテない女子を演じる浜辺美波さんを見たい人が、どれだけいるか? ってこと。

基本的に、「俳優に脚本家が好きなキャラクターを演じさせる系ドラマ」が苦手だから、「こう言うのを見たかった」と言うことは出来ない。

あとがき

台詞が多過ぎて、ストーリーが頭に入り難かったです。単純に「説明過多」なんですよ。もっと “視聴者に考える時間” を与えて欲しかったです。

なかなか、魅力的な出演者が揃っているのに、演じるキャラに魅力がないし、常に「笑え!」と言われているような雰囲気も、今一つ馴染めませんでした。第2話まで様子見して、継続視聴するか決めようと思います。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/15047/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ウチの娘は、彼氏ができない!! 第1話

少女のようなシングルマザーであり、作家でもある水無瀬碧(菅野美穂)は大学生の空(浜辺美波)を育てながら、連載を抱えています。 かつて「恋愛小説の女王」として一世風靡した碧ですが、目下の心配は空に浮いた話がまるでないことです。 空は筋金入りのオタクとして恋とは無縁の生活を送っているのでした。 ある日、碧は編集長・小西(有田哲平)から、連載の打ち切りを告げられます。 張り切ってミステリー...

ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第1話「脚本北川悦吏子×菅野美穂&浜辺美波!トモダチ母娘のラブコメ…

前作は、監獄物語で奮闘でしたが(クドカン・ドラマ「監獄のお姫さま」)、私生活の充実か、ますます艶っぽく、美しい菅野美穂。今回は、シングル・マザーで、人気・恋愛小説家・碧役なのですね。貫禄な存在なれど、ややオトボケ・キャラ。序盤、鮮やかな赤い服が似合ってました。かたや、今旬な美人さんなれど、眼鏡で美貌を封印し、オタク活動にいそしむ娘を演じる、大学生の娘・空(浜辺美波)は、真っ黒な服装で対照的…...

水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』第1話

内容恋愛小説家の水無瀬碧(菅野美穂)には、ある悩みがあった。娘・空(浜辺美波)に、恋愛に興味がないことだった。興味があるのは二次元。ある日、散英社の小西編集長(有田哲平)から初のミステリーの連載の打ち切りを告げられる。担当も、20年来の松山(ふせえり)から、橘漱石(川上洋平)に交代すると。そして新しい作品として提案されたのは、恋愛小説。恋愛から遠ざかった自分に。。。。書けるのか?と不安を感じ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: